スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャケット

2008年10月03日 23:45

ジャケ買い。

CD屋に何ともなしに入って、洋ロックコーナーに進んでいくと突如かけられる不思議な魔法である。

ただならぬセンスをジャケットに感じたとき、それが気になって仕方なくなってしまい、気づけばレジにCDを持っていってしまう効果がある。

やっぱりジャケットのセンスってそれなりに音楽に反映してくると思う。サイケなデザインだったら、曲調もサイケデリックな浮遊感とか高揚感を持っているような気がするし、幻想的なジャケットであれば、とても奥深い音世界を作り出していそうな気がする。

そうなるともう財布と相談ということになる。

「気になって仕方ない!!どんな音楽をしているのだろう?」となる。

帯とかに少しばかり説明が書いてある場合はそれが参考になるのだが、輸入盤になるとそうはいかない。だから自分の第六感に頼ることになる。

で、それが当たった場合は最高!!自分の好みで無かった場合は落胆ということになる。

しかし、僕は当てることの方が遥かに多かった。それは財布にとっても自分の気持ち的にもとても嬉しい。しかも、そのアーティストがあまり知られていなかったりしたら尚更である。

それなのに最近は当たらなくなってきてしまった。なので、最近はあまりジャケ買いをしなくなってしまったのだが、再びジャケ買いをしたいという気持ちに駆られるようになってきた。

その決断が破滅に向かってしまう第一歩だとしても仕方がない。何度も聴きこめば良さというものを発見できるかもしれないし。

いや、しかし何でそこまでしなくてはならないのかは分からないという意見が飛ぶことだろう。その答えとしては、理由なんて無いということである。しなければならないのだ。自称・音楽好きの僕なりのプライドというか、ただバカというか…

とにかく、ジャケ買いすることによって、僕自身も輝いていたいと思うようになってきた。ジャケットのセンスによる購買欲促進は半端ない。それならば人間にだって同じことが言えるのではないか?
表に出てくる魅力的な部分が人を惹きつけるのではないかと思うのだ。

今の自分には出ているか?そう聞かれると「Yes」とは答え難い。

少しでも僕という人間が、誰かの目に止まるようなそんな感じになりたいよね。誰もがそう思うよね。だから決めたのだ。僕はもっと魅力的な人間になろうと。
そしてこのブログもそういう感じにしていきたいと。

ブログタイトルはまぁ、センスがあるのかどうかは謎なのだが、少しでも色んな人の目に止まることが多くなればいいと思う。



とりあえず何が言いたいのかというと、つまるところジャケ買いしてお金がなくなってしまったので、誰か僕にお金をくださいということである。お金くれ!!金!!金!!

特に今回はオチはないのだが、とりあえず自分に一言。

とりあえず俺、オチ着け。そしてオチ付けろ。




はい、最後はダジャレですよっと


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tsubakistyle5.blog38.fc2.com/tb.php/115-9f9d9ee9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。