スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働いたら負けかなって思ってるけど、まずは刺身の上にたんぽぽ乗せる仕事から始めてみようと思います

2010年02月16日 22:28

昨日、無事に修士論文発表会を終えた。

質疑応答もはったりでしっかり答えることも出来たし、なかなか良かったと自分で思う。

そして今日。副指導教官との面接を終えた。

これで当分することは無くなり、安泰といった形である。

しかし今日の面接はなかなか酷いものだったと思う。

予想していなかったようなところを突かれて、指導教授のフォローされまくりであった。

4月から研究職だというのに。これは苦労するでぇ・・・!

社会って予想以上に厳しいところなのだと思う。

今までは授業料を払って研究をしていたから、完全に受身であるし、酷い研究生活をしていても卒業はさせてもらえそうな環境であった。(僕が酷い研究生活をしていたというわけではない。ダメ院生だけど)

しかし、これからは金を貰う立場。

しかも今は言ってしまえば自分のためだけに研究をしてるって形だけど、社会人になれば自分だけでなく、顧客という新たな第三者が現れる。

そりゃきついわ。きついに決まってる。

気を強く持っていないと心はいとも容易く折れること間違いなしである。

挫折を味わうことも多いだろうし、逆に楽しいことも少なからずあるとは思うけどさ。

人は何故働くのか?

生活のため。その通り!

ただ、それだけじゃ味気ないじゃないか。

何かしらの目標とか夢を掲げていきたいと思う。

そうすることで、働くことが稼ぐためだけに直結しないと思う。綺麗事だけどさ。

せっかく有機合成を仕事にするならば、「鈴木反応」のように名前を冠するような反応を見つけ出したいと思う。

僕の場合、「Stick反応」であろうか。

世界レベルの発見であろう。ノーベル賞なんか貰っちゃったりして。

そんなことになったら、このブログの説明文は「ノーベル化学賞受賞者が書くブログ!」として紹介できるではないか。素晴らしい!

まぁ、そんなことになったら速攻で剥奪されると思うけど。受賞者がこんなブログ書いてたらさ。

きっと化学界から干されて、反省させられるのだと思う。

有機合成ならぬ有機更生ってか!







日々のクリックとコメントに感謝。

働きたくないでござる!!
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。