スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ名「特にひどい」の時は僕が記事をまとめるのを軽く投げたって思ってくれていいですよ。

2010年02月09日 00:36

新たなソーシャルメディアの人気に押されつつある Blog(2月4日12時31分配信 japan.internet.com)


Blog の役割はそろそろ終わるのだろうか。

かつて最先端のコミュニケーション手段とされていた Blog が、若いインターネット ユーザーのあいだではもう人気を失っていることが、Pew Internet & American Life Project の実施した最新調査で明らかになった。

3年前は、ティーンエイジャー (ここでは12歳から17歳まで) および若年成人 (18歳から29歳まで) の28%が Blog をやっていると答えていた。しかし、2月3日に発表された2009年の調査ではティーンエイジャーの14%、若年成人の15%にとどまっている。

なぜ、これほど急激に落ち込んだのか? Pew のシニアリサーチャーで、今回の調査レポート執筆者の1人でもある Amanda Lenhart 氏によれば、新たな形態のソーシャルメディアが定着したいま、若いインターネット ユーザーの多くは、もはや Blog に意義を感じていないという。

ただし、その上の世代になると話は別だ。今回の調査で Blog をやっていると答えた30歳以上の回答者は11%に達し、2006年の7%から上昇した。

だが、デジタルネイティブとも呼ばれる若い世代の場合、人気のソーシャル Web 形態は、長々と文章をつづる独立した Blog からソーシャル ネットワーク サイトに移ったようだ。ソーシャル ネットワーク サイトにプロフィールを持っていると答えたティーンエイジャーは、2006年の55%から大きく増えて73%にのぼっている。

Pew の調査で、大きな話題となっているマイクロ Blog サービス『Twitter』を利用していると答えたティーンエイジャーは8%にとどまっている。この数字は、仮想世界にキャラクタを持っていると答えた人の割合とほぼ同じだ。

Twitter などのステータス情報更新サービスは、若年成人層でもっとも人気が高かった。Pew の調査では、18歳から29歳までの若年成人層の3分の1が、Twitter のほか、Facebook の機能など同様のステータス情報更新サービスを利用していると回答した。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

いや、まだだ!!

まだブログは終わらんよ!!

しかし、今から3、4年前だっただろうか。

空前のブログブームが訪れていた。

僕が始めたのがその少し前からであり、まさかそんなブームが生まれるとは思わなかったものである。

しかし、月日は流れ、その頃のブロガーさんは社会人になり次々とブログを辞めていった。

このブログもこれで3代目となっているが、僕の1代目ブログからの付き合いという方はごくごく数名ということになってしまっている。

それでもだ。ブログは終わっていない。

まぁ、完全なる個人的な意見であるということと、俗に言うソーシャルネットワークサービスというものに”僕個人としては”意義を見出せていない人間の意見であるから、話半分程度に聞いていただけたらいいのだけれど。

ブログの醍醐味としては、こうやって色々な方に読んでもらえるということ。

だから、そういうのを意識して書いていると、自ずと文章力が付いていっているように感じる。

そして様々な価値観を持った方と交流できるという点でも、ブログの方が面白いと思う。

SNS自体を否定するわけではないが、どうもそういうところで日記を書いていても気合いが入らないというか、「適当でいいか~」というスタンスになってしまう。個人的な日々の記録を付けるという意味では良いのかもしれないけど。

あと、ネタを投下しにくいというところにも問題がある。

完全なるネタブログであるから、そんなネタを知り合いのいるSNSで投下なんかしちゃったら日常生活が大炎上間違いなしである。

投下した爆弾に灯火状態である。←笑い所ね

あまり言い方良くないけど、人を皮肉るような記事って大抵大学の知り合いであることが多い。ごめん!反省はしていない!

とにかく!僕はブログを続けるぞ!Twitterを始めてからというものの、軽く更新頻度下がってるけども。

だからやっぱりブームって起きると物凄いけど、終わったときの反動も物凄いんだよ・・・

ブームなんてそう起こすもんじゃねーな。いや、起こしたのは僕じゃないけど。

今、普通に「ブームの火付け役は俺!」的な雰囲気出しちゃってたけどさ。さっきの灯火じゃないけどさ。←ここも笑い所

まぁ、ブームが去った今、それでも続けていることが大事なのである。

アーティストだって、「ブームが過ぎた後だからこそ応援してる人らが本当のファンなんだ」的なこと言うじゃない?

そういうニュアンスだよ!分かってくれたら嬉しい。分かってくれない奴は缶ジュース買うときに、財布の中に110円しかなくて、しゃーなしで札を漁ってたら1万円札しかなくて、でもその自販機が千円札しか対応してなくて「あぁぁぁ!!」みたいな感じになれ!!


ともかく僕はブログというものを過去の産物としてはいけないと思う。

一発屋が遺したネタみたいにさ。はたまた日本のトップの偽装献金事件とかみたいにさ。


mixiもそろそろね・・・やばいかなと。

だって18歳未満を普通に利用可にするとか言ってるし。

mixiのコンセプト:「mix(交流する)」と「i(人)」を組み合わせた造語で、利用者同士の交流が深まることを願って名づけられたもの

このままだと・・・

大きなお友達とロ○少女との交流が深まって、「mixi(交配する)」と「i(人)」になっちゃうからね。気をつけろ!!







日々のクリックとコメントに感謝。

そろそろワンパターンなオチをどうにかしたいよね。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。