スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吐き足りねぇ!吐いちゃいな!

2010年02月28日 23:28

酒が入ると予想外の出来事が起きたりする。

それに対して心を痛め、反省の素振りは見せるものの、何度でも繰り返してしまう酒の失敗。

最高潮の時は一瞬で過ぎ去り、帰りの電車の中でその飲み会の僕の行動を振り返る。

酒が抜けた朝。僕は頭を抱える。

あれ?かなりチョンボしてない?俺。

バカなものである。学習しない。言うなれば、僕は4MBのMINI SDカード。「容量少ない上に最近の携帯じゃ対応してねぇよ!」という踏んだり蹴ったりのアレ。そのくせ、無くしやすさはmicroと全く変わらないというアレ。

アレなんです、僕は。


改めましてこんばんは。Mr.stick改めファンタスティック改めファンタ(グレープ)改め庄 司改めスィーヴォです。

いや、まぁ何かをやらかしたわけではない・・・と思う。

そう思いたい。ホールドミータイッ!

ほら、冒頭にああやって書いてたら「そんなことないですよ~ww」とかそう言ってもらえる空気になってくれるじゃない?


昨日は、「建築系大学生による人生の楽しみ方」のちゃっぷさんのオフ会に参加させてもらった。

詳細なオフレポはきっと誰かが書いてくれるだろうから、覚えてる範囲で簡単に書かせていただく。他力本願じゃないんだよ?ほら、大切な思い出はそれぞれのハートにしまっておくものだろ!?☆


もしかしたら文中に失礼なことを書いてしまうかもしれないが許して欲しい。


17時半、新宿三丁目駅に華麗に降り立った僕は、集合場所の新宿区役所を目指し新宿の雑踏の中を突き進む。

区役所前。誰もいねぇ。

と思ったら、見覚えのある姿を発見。

jass氏である。

「さっきからずっとスティックさんの後ろに付いて歩いてたんですよぉ~!うへへへへ・・・」とか何とか言ってたけど、僕は掘られなくてよかったと本気で思った。

しばらくして、ゆuuuuき氏が現れる。相変わらずクールな登場である。

そして間を空けずにチカさんが登場。前々から話は伺ってたけど、ちっこい女の子でした。あれ?視界から消えたぞ・・・?

そしてもう一人、ひろやさん。来年度から建築系の大学に編入の方らしい。

この時点で、集合時間数分前。あれ?誰も来ない・・・!

時間ギリギリでちゃっぷさんが登場。

目印があったからか、参加者の方々がゾロゾロ集まる。何か全体的な探り探りな空気が堪らなかった。


SMAPのポスターだらけの店に移動。「ジャニオタ乙ww」とか思いながら部屋に入ったら、いきなり掘り炬燵に足を掬われて盛大にこける。早速バチが当たるというね。きっとこれがジャニーさんの力・・・!?マジこえぇ!!嵐が起きるぞ、今日は!!物凄いNEWSになるぞ、今日は!!

飲み会では必ずと言っていいほど端っこの席になってしまうので、今日こそはこのジンクスを跳ね飛ばそうとしてたら、結局端っこの席になり早くも頭を抱える結果となってしまったのだが、とにかく僕は今日ブログ界に爪痕を残さねばならない。

というわけで、ビールを煽る煽る・・・!お隣のLeadαさんにビールをどんどん注いでもらった。医学生にビール注いでもらった!!てか、みんな気配り出来すぎだろ!なに、この物凄く紳士的な感じ。

僕の目の前が雪太さん。薬学研究生!なんという高学歴!広島からやってきたという猛者。

そして斜め前がゆuuuき氏。理学部生。

そう、僕の周りは理系祭というわけだ!さすが理系学生!気配りが出来る理系学生!僕は全国の理系学生を応援しています・・・!!

そんなホームな雰囲気の中、jass氏が僕に言った言葉。

「あれ?アンガールズさんじゃないですか?」

男たる者、振られたネタには応えなければならない。

例えこれがスベったとしてもな!jass、夜道気をつけろ!

その時の汚いものを見るかのような目をしていたチカさんの顔を僕は一生忘れない・・・。


会は終始まったりと進んでいき、自己紹介で「僕の新しいHN、考えませんか?」という一言で、急遽僕の新HNを考える会が発足。

悠さんが中心となり、色々と意見を集めて、ファンタスティックからファンタへ、ファンタから庄 司(しょう つかさ)へ。庄 司からスィーヴォへ。

庄司さん(長身オシャレイケメン)は当時のことをこう語る。

「ちょっとやめてくださいよ~とは言ったんですけど、正直いい度胸だなと思いましたね」と。

そして、シーボさん(大学生ブロガーの頂点に君臨するお方)にも当時のことを語っていただいた。

「盛り上がってたみたいなんで何も言えなかったんですが、正直奴には消えて欲しいなって思いましたね」と。

そして、当の本人からもコメントを得ることが出来た。

「いや、本当あの時はテンション上がっちゃって、もうどうにも止まらなかったっていうか・・・。いや、何かもう今にも服を脱いじゃってもおかしくないテンションだったっていうか・・・。本当申し訳ないとは思ってるんです。え?何ですか?好きな食べ物ですか?そうですねぇ・・・強いて挙げるならばメンマですね」と。

それにしても、ちゃっぷさん・・・ミセス●ールはないでしょ!

こーたろーさんが僕のブログを褒めてくれた。うふふ・・・そ、そんなに褒められたって嬉しくなんてないんだからな!来年度から住む場所が僕の地元らしい。いいところだよ!

そんなこんなしてたらチカさんにデザートを奪われる。あれ?視界に入ってなくて気付かなかったよ!!

チカさんに一発パンチ食らった記憶がボンヤリあるんだけど、ニーハイ穿いてたから良しとしよう。ニーハイは正義。


会は二次会へと突入。

カラオケ店へ。まぁ、誰もマイク握る様子が無かったので、僕が定期的にマイクに向かって「麒麟です・・・!」をやり続けてアピってたんだけど、回を重ねる毎に「うぜぇよ・・・。死ねよ・・・」的な空気になったので、僕はトイレで泣いた。お~いおいおいおい・・・麒麟です!ちなみにビールはサントリーが好きです。

そんな可哀想な僕にNonashiさんが話しかけてくれる。

将来のこと。僕が抱えてる野望のこと。好きな動物はキリンであるということ・・・全てを聞いていただいた。そして僕が熱弁するあまり、僕の手がコップに当たり、盛大にこぼすというね。その時が人生において一番青ざめた瞬間かな。本当に申し訳ないと思う。本当もうね・・・生きる価値ないって感じですよね。僕の命を食糧危機で苦しんでるキリンに分けてあげたい気分だよね。あぁ~・・・もう最低である。酷い。酷すぎる!

その後、色々な方と話すことが出来た。

ブログのこと。実生活のこと。将来の夢。好きな女の子。一夏の甘い思い出。好きな動物はキリンであること・・・

そして、やたらとみんながこゆきさんと絡みたがってたこと。

それを横目で見ながら「おいおい、大人の男ってのはだな。がっついちゃいかんのだよ・・・」と心の中で呟く僕は羨ましさで涙目であったという・・・。

そんな楽しい時間も終わりというものはやってくる。

僕はその時、大号泣していたと思う。みんなも感動のあまり大号泣していた。お互い抱き合う者、握手をし合う者、キリンになりきる者・・・様々な思いが交錯していたと思う。

それでも僕達は再会の日を夢見て、それぞれの生活に戻るのであった。

二次会で帰宅することになった僕。見事に新宿駅で他の帰宅の方とハグれてしまい、悲しい思いをしていた帰りの山手線で僕とjass氏の二人。

僕「二人きりだね・・・」

jass氏「そうだね・・・」

二人の間に沈黙が流れる。

「やらないか」

二人が出した答えはそれであった。

喜んで・・・!僕とjass氏は夜の街へと消えていった・・・。アッー!麒麟です!


~Fin~


ここでは書ききれなかった素敵な参加者の皆様。

44さん

daiさん

マチさん

makiさん

わーいわーいさん

かつさん


そして主催者のちゃっぷさん、お疲れ様でした!!


ありがとう!またどこかで!







日々のクリックとコメントに感謝。

さて、HNマジでどうしようか・・・w
スポンサーサイト

野菜をモリモリ食べやさい!なんちゃって!

2010年02月26日 01:23

僕は皆さんにお聞きしたいことがある。

”森ガール”って何?

いやまぁ、そんなもん「ググれカス」ってやつでさ、僕がググって「はい終わり」的な話なんだけどさ。

そんなこと言わずにさ。もっとこうさ・・・

良くないと思うんだよね。僕は思考をしたいんだよ。

答えを知るだけならすぐ出来る。でもさ、答えを知る前に少しは思考したいじゃない。

で、答えを知ったときに「あ~!」ってなったらさ。最高じゃない。

というわけで、森ガールとは何かを考えてみたいと思う。


当初、僕は”草食系男子”の女子版だと思っていた。

でも色んな人が使ってるのを見て、どうもそういうわけでは無さそうであるということに気付く。

確かに”草食系女子”という言葉も聞いたことがあるから、そういう意味では無さそうである。

じゃあ、一体何なんだ?

森ガール。森ガールねぇ・・・

ん?

まさか・・・

もしかして・・・



森ガールとは、森公美子のことか。



それならば合点がいく。

そうか。森公美子か。

1959年7月22日生まれ、かに座、宮城県出身、A型の女優兼歌手のことか。

つまり、”森ガール”とは、森公美子のような性質を持った女性のことであるということが推測できる。

力強くも透き通ったソプラノを歌うことで、気になる男子を振り向かせようというのかい?

でもあれだよお前。自分のこと、よく見てみろよ。お前、森公美子なんだからな。

デブタレは健康が命ということで、月一で健康診断行っちゃったりとかさ。その割には食べる量が尋常じゃなかったりさ。Hなことを考えると頭が痛くなったりとかさ。そんなことしちゃってるのか?お前。なぁ?えぇ?おい!



・・・何故、僕がここまで森公美子のことを知らねばならんのだ。誰が得するというのか。

”森ガール”を調べるつもりが、いつの間にか”森公美子”を調べとるやないか!意味分からんわ!

きっと誰もそんな情報は必要としてないと思う。

歌声がすごい綺麗なデブタレの情報なんてさ。(けなしてるわけじゃないよ!)



とりあえず、僕は一つの結論に達した。

「森ガールとは、森公美子のことである」ということ。

散々食べて、モリモリ体格がデカくなっていく・・・

盛りガールかよ。







日々のクリックとコメントに感謝。

結局、どういう意味?調べるのめんどくせ。

※コメント返しは近いうちやります。ごめんなさい。

上位ブロガーさんに媚びて媚びて媚びまくれ!

2010年02月22日 17:58

僕は農学研究科に通う普通の男の子!他の子と少し違うのは、ブログに興味があるってことかな!!

20日、土曜日。

jass氏から急遽、「やらないか」という誘いが来たので、「うほっ!」って感じでホイホイ横浜まで行ってしまったのだ!

jass氏ノリス氏フォレス氏とランチ in みなとみらい!!題して「上位ブロガーさんに媚を売ることの重要性を考える会」である。

13時。jass氏を待っているとメールが。

「今、あなたの後ろにいるの・・・フフフ・・・」と来る。

怖すぎるわ!メリーさんか!

ということで、jass氏改めメリーさんと合流。

メリー「横浜の飯屋なら任せてください!!」

頼もしいね!さすがリア充!

13時15分、ノリス氏フォレス氏と合流。

そして、何とも言えない初対面特有の空気が流れる。

その空気のまま、飯屋を探す僕達。

メリーさん「どこがいいでしょうねぇ?どっちかなぁ?あれ?Mr.stickさん、よろしくお願いします!」

なん・・・だと!?

というわけで迷い込むこと数分。

ノリス氏が口を開く。

「適当にラーメン屋でも入って、その後喫茶店とかでいいんじゃないですか?」

それもそうだね!僕とjass氏改めメリーさんの立場なし!

フォレス氏は横浜の都会ぶりに驚いていらっしゃった。

名古屋も十分都会だよ!四国なんて酷い状況だからね!

会計時は一番年下のフォレス氏が一括で払ってくれるという!

あれ?一番年上の僕って一体・・・?しかしそんなこと気にしない。ブロガーに年齢は関係ないんだよ!

その後、喫茶店に入り、まどろむ僕達。

コーヒーを飲みながら語らうブロガー達。悪くない。なんか凄いリア充してる気分だぜ!

色々とドロドロした会話が出たりしてね。OLか!って話だよね。

その他にも、どうやったら人がブログに来てくれるのかとかね。

とりあえず僕らに出来ることは、上位ブロガーさんに媚を売ることだけなんだ!ということで落ち着く。

最悪、炎上させてしまえということで一件落着!

ノリス氏は「レポでは文中リンクお願いします」を何度発しただろうか。

大丈夫!ちゃんと載せるよ!終始オーロオロオロオロオロ!ってやっていたことを僕は一生忘れない。加藤鷹のフィンガーテクは素晴らしいよね。少しうるさいけどね。

そして、シーボさんをディスってる奴がいましたよ!悪い奴だね!けしからんね!シーボさん、素晴らしいよ!本当に素晴らしい!優しいし、なんたって東大生だからね!

と、僕も早速媚を売ることにするw

その後、ノリス氏フォレス氏とあるイベントに参加するということで、パシフィコ横浜の手前まで同行することに。

物凄い人だかり。すごいすごい!なんだこれは!

みんな、ひだまりス●ッチの紙袋とかを持っている。

何か圧倒される光景だ!ここは本当にみなとみらいなのか?

でもね・・・僕もすげぇ参加してぇ!

それを言ったらjass氏改めメリーさんに軽く引かれたよ!\(^o^)/

残されたjass氏改めメリーさんと僕の2人はそのまま電車に乗り、ハッテン場へ向かったのであった・・・

アッー!

~Fin~


jass氏改めメリーさん:会うのは二度目だったが、相変わらず明朗な方である。場の空気を和らげる力があるね!(精一杯媚びるよ!)

ノリス氏:本当に初対面。どんな方なのかと思っていたのだが、とても明るいイケメン野郎だった。キャラいいなぁwまたお会いしたいね。よっ!イケメン人気ブロガー!(とにかく媚びるよ!)

フォレス氏:長身。僕より高い人と久しぶりにお会いした。今度はアニメとかについて語り合いたいですな!すごく気の利く好青年。(何が何でも媚びるよ!)


短時間であったがなかなか楽しい時間であった。

誘ってくれたjass氏改めメリーさんに感謝!

そしてブログというものに感謝!

そういうものが無ければ出会えなかったんだから。

最高のネットサービスである。

そしてブロガーさんは皆いい人であるということを改めて感じたよ!ありがとう!



・・・とまぁ、こうやって媚びまくる人生を送っていくのであった。







日々のクリックとコメントに感謝。

ちゃっぷさんのオフも楽しみですな!

誰かカレンダーに錨付けてこれ以上進まないようにしておけ!

2010年02月19日 23:35

時間が経つのが早いねぇ・・・。

早い!とにかく早い!

大学、大学院生活の6年なんてあっという間だったからね!口淫矢の如し!間違えた、光陰矢のごとし!

どうしてこうなった。

今は絶賛実家暮らし中であるが、気付けば数日が経った。嘘だろ?

どうしてこんなに早いのか?

確か聞いたことがある。

小学生とか中学生の頃って、新たな体験をすることが多く、刺激が多いから時間が経つのが遅く感じる、と。

かのアインシュタインも言っていた。熱いストーブの上に一分間手を載せてみてください。まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。ところが可愛い女の子と一緒に一時間座っていても、一分間ぐらいにしか感じられない。それが相対性というものです、と。

まぁ、俺の場合は緊張しちゃって無限に感じてしまうこともあるけどなっ!そんなことどうでもいいなっ!

とにかくだ。新たな刺激が欲しいのだと思う。

こんなにも休暇中の時間に早く過ぎていかれては困る。

休暇が終わったら学会、そして就職・・・!ふざけんな!

そして「働きたくないでござる!」が口癖の僕だから、間違いなく出社中は時間が無限に感じられること間違いなし。

俺を殺す気か?

あると思うんだ。あると思う。働き死。過労死じゃなくて、働き死。または労働死。

働いただけで死んじゃうみたいな。早いとこ日本の医療界に認定されてほしい。そしたら僕は永遠の生活保護暮らし確定なのだ。

そして一生ゴネて生活したい!必死こいてるサラリーマンより寝てお金貰いたい!暇潰しで病院行ってみたい!

まぁ、そんなことはあり得ないよね。いいよ、一生社会の奴隷として生きていくよ。

それはいいとして、とにかく時間が経つのが早いということである。

早い!アソコの方も早い!早いったら早い!

誰かどうにかして。誰か助けて。

まさに光淫矢のごとし。







日々のクリックとコメントに感謝。

酷いオチでも僕は反省しないよ!だって、かのアインシュタインが「どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか」って言っていたからね!・・・責めないでね☆

働いたら負けかなって思ってるけど、まずは刺身の上にたんぽぽ乗せる仕事から始めてみようと思います

2010年02月16日 22:28

昨日、無事に修士論文発表会を終えた。

質疑応答もはったりでしっかり答えることも出来たし、なかなか良かったと自分で思う。

そして今日。副指導教官との面接を終えた。

これで当分することは無くなり、安泰といった形である。

しかし今日の面接はなかなか酷いものだったと思う。

予想していなかったようなところを突かれて、指導教授のフォローされまくりであった。

4月から研究職だというのに。これは苦労するでぇ・・・!

社会って予想以上に厳しいところなのだと思う。

今までは授業料を払って研究をしていたから、完全に受身であるし、酷い研究生活をしていても卒業はさせてもらえそうな環境であった。(僕が酷い研究生活をしていたというわけではない。ダメ院生だけど)

しかし、これからは金を貰う立場。

しかも今は言ってしまえば自分のためだけに研究をしてるって形だけど、社会人になれば自分だけでなく、顧客という新たな第三者が現れる。

そりゃきついわ。きついに決まってる。

気を強く持っていないと心はいとも容易く折れること間違いなしである。

挫折を味わうことも多いだろうし、逆に楽しいことも少なからずあるとは思うけどさ。

人は何故働くのか?

生活のため。その通り!

ただ、それだけじゃ味気ないじゃないか。

何かしらの目標とか夢を掲げていきたいと思う。

そうすることで、働くことが稼ぐためだけに直結しないと思う。綺麗事だけどさ。

せっかく有機合成を仕事にするならば、「鈴木反応」のように名前を冠するような反応を見つけ出したいと思う。

僕の場合、「Stick反応」であろうか。

世界レベルの発見であろう。ノーベル賞なんか貰っちゃったりして。

そんなことになったら、このブログの説明文は「ノーベル化学賞受賞者が書くブログ!」として紹介できるではないか。素晴らしい!

まぁ、そんなことになったら速攻で剥奪されると思うけど。受賞者がこんなブログ書いてたらさ。

きっと化学界から干されて、反省させられるのだと思う。

有機合成ならぬ有機更生ってか!







日々のクリックとコメントに感謝。

働きたくないでござる!!

”脱・構ってちゃん”完全マニュアル!!

2010年02月12日 21:47

「放火して丸焼きにしてやる」浜崎あゆみさん宅に脅迫文(2月12日17時26分配信 産経新聞)


 歌手の浜崎あゆみさんの自宅に、所属会社社長に対して5億円を要求する脅迫文を郵送したとして、警視庁渋谷署は12日、恐喝未遂の疑いで、兵庫県明石市西新町、職業不詳、藤井基吉容疑者(42)を逮捕した。同署によると、藤井容疑者は「間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年12月下旬、浜崎さんが所属する「エイベックス・グループ・ホールディングス」(東京都港区)の松浦勝人社長(45)から現金を脅し取ろうと、同区内の浜崎さんの自宅あてに「(松浦社長は)1週間以内に指定する口座に5億円を送金しろ。さもなければ自宅を放火して丸焼きにしてやる。親分の指示だ」などと書いた封書を郵送したとしている。

 同署によると、藤井容疑者は郵送した封書に自分の住所や氏名を書き込んでいた。浜崎さんや松浦社長と面識はなかったという。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

一体どうしてこういう事件が後を絶えないのか。

その手の犯罪予告で、毎年かなりの数の人間が捕まっているではないか。

自分に限って大丈夫とでも思っているのだろうか。

そんなわけない。

今回の件は郵送であったが、ネットでの殺害予告だって、いくら匿名とはいえ厳密には匿名ではない。調べれば特定なんてすぐ出来る。

それでも犯罪予告を書き込む人は、後を絶えない。

「目立ちたかった」「注目してもらいたかった」という動機であることが多いが、もっと違うところで注目を集めてもいいじゃないか。

人間、何か一つあるんじゃないの?あるに決まってる!

・・・あると言ってくれ。

注目集めるとは言っても、あれだよ。裸になっちゃダメだからね。

普通に捕まっちゃうから。匿名もクソもないから。いや、まぁ息子にはまだ名前が無い・・・ってやかましいわ!!


どうせ予告するなら、犯罪予告じゃなくて、もっとこう・・・ポジティブな予告をしてみてはどうだろうか。

「明日は試験だ。試験会場を花でいっぱいに埋めてやる・・・!!」

「明日、新宿駅のトイレにトイレットペーパーを大量に仕掛けてやる・・・!!」

「明日、○○病院で笑顔を振り回してやるぜ・・・!!」

みたいなさ。

いいじゃない!!とてもいいじゃない!!意図は全く分かんねぇけど!!何一つ読み手には伝わらないけど!!

皆さんにも早速使ってほしいと思う。

僕も使ってみようと思う。


「明日、夏帆の家の前で土下座して結婚を申し込んでやる・・・!!」


皆さんもぜひネットで芸能人に結婚を申し込んでやればいいと思う。そして実行に移すのもいいと思う。

大丈夫!!警察には捕まらないから!!







日々のクリックとコメントに感謝。

好きな芸能人を他の男に取られるくらいなら、マネージャーにボコられる方がマシですよね。まぁ、最終的にはポリス行きですけどね。

たまにマンガ本とかに特典を付けて買わせようとしているが、よーく見たら通常番よりも数百円高かったりするから気をつけろ!!

2010年02月10日 00:35

様々な業界があの手この手で販売促進を図ろうとしている昨今。

ドコモを契約したらiPhoneプレゼントとか、昔じゃ考えられないよね。

昔は淡白だった球場のサービスも、最近は何度も足を運んでもらうためにサービスタイムを長めに取ったりしている。

鉄道会社が萌えキャラ使って利用者を増やそうとしていたり。

路線バスに萌え広告を貼ったり。

並々ならぬ企業努力。

とにかく至る所に販促品が。

最近はやれ少子化だ、やれ不景気だで、売り込みを工夫しないとダメな時代。

時代に取り残されてはいけない。

常に世の情勢を見て、色々と先手を打っていかなくてはならない。

驚くべきはブランド米の袋に七尾奈留先生のイラストが描かれていることであろう。

なかなか閉店しない紳士服屋のPOPとかには、普段スーツなんて着ないアイドルがいたりするし。

売れるためなら何でもする!!

そんなことされたら買いたくなるじゃないか。

まったくもう・・・



・・・反則である。







日々のクリックとコメントに感謝。

寝返りを打つこと・・・反側である。

カテゴリ名「特にひどい」の時は僕が記事をまとめるのを軽く投げたって思ってくれていいですよ。

2010年02月09日 00:36

新たなソーシャルメディアの人気に押されつつある Blog(2月4日12時31分配信 japan.internet.com)


Blog の役割はそろそろ終わるのだろうか。

かつて最先端のコミュニケーション手段とされていた Blog が、若いインターネット ユーザーのあいだではもう人気を失っていることが、Pew Internet & American Life Project の実施した最新調査で明らかになった。

3年前は、ティーンエイジャー (ここでは12歳から17歳まで) および若年成人 (18歳から29歳まで) の28%が Blog をやっていると答えていた。しかし、2月3日に発表された2009年の調査ではティーンエイジャーの14%、若年成人の15%にとどまっている。

なぜ、これほど急激に落ち込んだのか? Pew のシニアリサーチャーで、今回の調査レポート執筆者の1人でもある Amanda Lenhart 氏によれば、新たな形態のソーシャルメディアが定着したいま、若いインターネット ユーザーの多くは、もはや Blog に意義を感じていないという。

ただし、その上の世代になると話は別だ。今回の調査で Blog をやっていると答えた30歳以上の回答者は11%に達し、2006年の7%から上昇した。

だが、デジタルネイティブとも呼ばれる若い世代の場合、人気のソーシャル Web 形態は、長々と文章をつづる独立した Blog からソーシャル ネットワーク サイトに移ったようだ。ソーシャル ネットワーク サイトにプロフィールを持っていると答えたティーンエイジャーは、2006年の55%から大きく増えて73%にのぼっている。

Pew の調査で、大きな話題となっているマイクロ Blog サービス『Twitter』を利用していると答えたティーンエイジャーは8%にとどまっている。この数字は、仮想世界にキャラクタを持っていると答えた人の割合とほぼ同じだ。

Twitter などのステータス情報更新サービスは、若年成人層でもっとも人気が高かった。Pew の調査では、18歳から29歳までの若年成人層の3分の1が、Twitter のほか、Facebook の機能など同様のステータス情報更新サービスを利用していると回答した。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

いや、まだだ!!

まだブログは終わらんよ!!

しかし、今から3、4年前だっただろうか。

空前のブログブームが訪れていた。

僕が始めたのがその少し前からであり、まさかそんなブームが生まれるとは思わなかったものである。

しかし、月日は流れ、その頃のブロガーさんは社会人になり次々とブログを辞めていった。

このブログもこれで3代目となっているが、僕の1代目ブログからの付き合いという方はごくごく数名ということになってしまっている。

それでもだ。ブログは終わっていない。

まぁ、完全なる個人的な意見であるということと、俗に言うソーシャルネットワークサービスというものに”僕個人としては”意義を見出せていない人間の意見であるから、話半分程度に聞いていただけたらいいのだけれど。

ブログの醍醐味としては、こうやって色々な方に読んでもらえるということ。

だから、そういうのを意識して書いていると、自ずと文章力が付いていっているように感じる。

そして様々な価値観を持った方と交流できるという点でも、ブログの方が面白いと思う。

SNS自体を否定するわけではないが、どうもそういうところで日記を書いていても気合いが入らないというか、「適当でいいか~」というスタンスになってしまう。個人的な日々の記録を付けるという意味では良いのかもしれないけど。

あと、ネタを投下しにくいというところにも問題がある。

完全なるネタブログであるから、そんなネタを知り合いのいるSNSで投下なんかしちゃったら日常生活が大炎上間違いなしである。

投下した爆弾に灯火状態である。←笑い所ね

あまり言い方良くないけど、人を皮肉るような記事って大抵大学の知り合いであることが多い。ごめん!反省はしていない!

とにかく!僕はブログを続けるぞ!Twitterを始めてからというものの、軽く更新頻度下がってるけども。

だからやっぱりブームって起きると物凄いけど、終わったときの反動も物凄いんだよ・・・

ブームなんてそう起こすもんじゃねーな。いや、起こしたのは僕じゃないけど。

今、普通に「ブームの火付け役は俺!」的な雰囲気出しちゃってたけどさ。さっきの灯火じゃないけどさ。←ここも笑い所

まぁ、ブームが去った今、それでも続けていることが大事なのである。

アーティストだって、「ブームが過ぎた後だからこそ応援してる人らが本当のファンなんだ」的なこと言うじゃない?

そういうニュアンスだよ!分かってくれたら嬉しい。分かってくれない奴は缶ジュース買うときに、財布の中に110円しかなくて、しゃーなしで札を漁ってたら1万円札しかなくて、でもその自販機が千円札しか対応してなくて「あぁぁぁ!!」みたいな感じになれ!!


ともかく僕はブログというものを過去の産物としてはいけないと思う。

一発屋が遺したネタみたいにさ。はたまた日本のトップの偽装献金事件とかみたいにさ。


mixiもそろそろね・・・やばいかなと。

だって18歳未満を普通に利用可にするとか言ってるし。

mixiのコンセプト:「mix(交流する)」と「i(人)」を組み合わせた造語で、利用者同士の交流が深まることを願って名づけられたもの

このままだと・・・

大きなお友達とロ○少女との交流が深まって、「mixi(交配する)」と「i(人)」になっちゃうからね。気をつけろ!!







日々のクリックとコメントに感謝。

そろそろワンパターンなオチをどうにかしたいよね。

横綱レベルの心意気を以ってしても、僕の息子は小結レベル。

2010年02月04日 23:45

朝青龍、涙の引退会見「相撲に対する悔いはない」(2月4日16時18分配信 サンケイスポーツ)


 現役引退を表明し、引退届けを受理された横綱朝青龍(29)は4日、師匠の高砂親方(元大関朝潮)と会見を開き、時折涙を見せながら「皆さんに迷惑をかけた。責任を感じている」「相撲に対する悔いはない」と述べた。また、今後については「何も考えていません。ちょっと休みたい」と述べるに止めた。

 朝青龍はこの日、知人男性に暴行したとされる問題で召喚された理事会の事情聴取後、報道陣に「いろいろお世話になりました。引退します」と引退を表明。引退届を提出し、受理された。

 朝青龍は平成11年初場所初土俵。15年初場所後に横綱昇進。優勝25回、殊勲賞3回、敢闘賞3回。モンゴル出身力士で初めて横綱に昇進した。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

何か、「あ~ぁ・・・」と言わざるを得ないニュースであった。

暴力沙汰?その場を見ていないから何とも言えないのだけどね。

少しでもそういうことがあったから、やめる・・・か。

まぁ、潔いとは言えるのだろうか。本人は辛かったと思う。

彼は色々と素行の悪さを報道されていた記憶がある。

それでも横綱になりたての頃は、モンゴル力士初の横綱の誕生!的な感じでやたらと持ち上げられていた記憶がある。

それがいつしか、ヒールにまで成り下がってしまったという印象。

なんかあれだよね。亀○兄弟を髣髴とさせるよね。

散々持ち上げられて、最終的に落とされるという印象操作の被害者。

勇気のいる決断であったと思う。


ところが、某政党の某幹事長ときたら・・・。

「不起訴だったからやめません!頑張ります!」だってよ。

頑張るだけなら幼稚園児でも政治家出来るぜ!?

普通、上の人間は下の人間の尻拭いをしなくてはならないのではないだろうか。部下は起訴されたというのに。


自分の非を認めた横綱。全て部下の非にする日本のリーダー・・・


果たして立派なのはどちらなのだろうか。

きっと立派なのは後者である。

そう、立派な面の皮をお持ちなのである。







日々のクリックとコメントに感謝。

一郎、笑顔の続投会見「政治に対する悔いがたくさん」

困ったときのボディーランゲージ。通じなかったらただの怪しい人だからこのご時世だし気をつけろ!

2010年02月03日 23:06

先日、TOEICを受験してきた。

正直、会社に「受けよ!!」と命じられたから受けたまでであり、「英語大好き!受けたくて仕方ない!」なんて気持ちは微塵も無く、「会社で言われたから」というただそれだけの、上から言われたから断ることなど出来やしない的な何ともいえない日本の資本主義の縮図を見せ付けられたわけである。

とは言うものの、英語は嫌いというわけでもない。

中学校、高校の頃は平均以上の点数を常に維持していたし、みんなが長文問題で「うぇ~・・・」となっていても、特に吐き気やアナフィラキシーを起こすこともなくこなしていた。

つまり、英語ちゃんとは友達以上恋人未満といった宙ぶらりんな状態であり、少しでも恋人へと発展させたいのではあるが、英語ちゃんからは「異性としては見れない」的なことを言われてしまうわけ。

”そういう関係”になったというのに、結局心までは結ばれることはなく、何ともいえない憔悴しきった心で試験会場へとやってきた僕に追い討ちをかけるかのように受付の男は言う。

「土足厳禁ですよ。ズカズカと土足で英語ちゃんの心の内部に入り込もうとすんじゃねーぞ」と。

そんなこと聞いてないぞ。ふざけるな。俺はABCマートで買ったコンバースとは今や一蓮托生の関係。

それを真冬に脱げとはどういった仕打ちであろうか。俺から引き離すとは一体どういった了見だろうねぇ、おい。

ぞんざいに靴を脱ぎ捨て、俺は会場へ入る。

俺は愕然とした。英語ちゃんと関わりを持っていたのはどうやら俺だけではなかったらしい。老若男女問わず、こんなにもたくさんの人間と蜜月の関係を結んでいたというのか。とんだ、じゃじゃ馬っ子じゃないか。面白い。受けて立とうじゃないか!!



・・・・。



いやぁ、無理っすわ!!

俺、英語嫌いっすわ!!

ふざけんなよ!!何だよ、あれ!!どうして英国と欧州の訛りを入れやがるんだ、TOEIC事務所はよぉ!!

そしてあんな短時間で長文読めるかってんだ!!

クレームやセールス広告なんてな・・・普通に辞書で単語調べて読むわ!!こんなん試す意味ないわ!!

大体、世界共通語が英語っていうのが気に食わんわ!!

なに?なに勝手に「今どき英語出来ないと・・・(  ゚,_ゝ゚)プッ」的な感じになってんの?

俺から言わせたらな!「今どき日本語出来ないと・・・( ´,_ゝ`)プッ」だわ!コラッ!



まぁ、結局とんでもない出来であったということ。

いい点を取れる自信が全く無いということ。

どうするんだよ。これ、会社に提出だぜ?

俺の化けの皮剥がれるよ~!人事の人も「どうしてこんな奴採用したんだろ・・・」って頭抱えちゃうよ~・・・!そんでもってそれが原因で鬱になっちゃったりして、その空気が会社中に蔓延しちゃってさ・・・

その後のことは想像もしたくないが、これだけは言える。

英語の勉強は必要であるということ。

異国語というイメージがあるから恐怖してしまう。逆に、同じ人類が使う言葉なのだから恐れることはないのだ。

No Borderという言葉をどこぞの慈善事業家の方々が言っておられた。

最終的には言葉は通じなくても、心で通じ合えればそれでいいのかもしれない。

そして異国の方と恐れずに触れ合うことが出来ればいいと思う。

とりあえず笑って「オーイエー!」と言ってりゃ何とかなるのである。

オーイエー!カモン!タッチミー!オーイエス!オーイエス!ってさ。そしたらみんな笑うから。

No Border. エロは万国共通なのである。

でも最後に。

避妊的な意味ではBorderはしっかりとな!







日々のクリックとコメントに感謝。

もう何が何だか・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。