スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児ポ法なんて関係ない!なんて思ってた時期が僕にもありました。

2010年01月29日 23:10

皆さんは”残響レコード”というレーベルをご存知だろうか。

9mm Parabellum BulletやPeople In The Boxを輩出しているインディーズレコード会社である。

最近、やたらとここから出るアーティストにハマっており、とある錯覚に陥ることになっている。

「残響レコードのアーティストなら大丈夫」と。

つまり、どのアーティストも外さないだろうという考え。

それは言ってみたら完全なる思考停止であり、本当ならば、どのアーティストがどのような曲を作っているのかなどをしっかり見極めた上で購入に至るのが賢い消費者の形なのではないだろうか。今はmy spaceとかもあるし。

過去にはこういった話がある。

イギリスのバンド、オアシス(Oasis)の話である。

彼らの2ndアルバム「(What's The Story) Morning Glory?」(95年発売)は全世界で1800万枚を売るというモンスターアルバムであった。

しかし、その次の「Be Here Now」(97年発売)のアルバムは前作が良すぎたために、各方面から「ん?」といった感じの評価を受ける。結果、前作の半分くらいしか売れなかったわけだが、何故か日本では前作よりもセールスを伸ばすという結果となった。

というのも、誰しもが「オアシスが作る作品なら大丈夫!」と思ったからであり、実際の中身まではちゃんと調べずに購入に至った結果なのであった。(ちなみに僕は好きです)

とりあえず流行ものを買ってれば大丈夫!とか、そういうのが多い気がする日本人。別に悪いってことじゃないけど。人に合わせるという生き方は日本そのものの文化であるし、そうすることで生まれるメリットだって大きいのだから。

でも、何かとりあえず「~なら大丈夫!」って言わなきゃいけない空気ってよくあると思う。


・ちゃんとサプリメント飲んでるから大丈夫!
・ト○タなら将来大丈夫!
・テレビが「納豆で絶対痩せる!」って言うんだから大丈夫!
・宮○駿が監督するんだから大丈夫!
・著名人が絶賛してくれたから大丈夫!
・イチローがいるから大丈夫!
・お金があるから選手流出しても大丈夫!
・複数年で何億も貰ってるから成績残せなくても大丈夫!
・医者がGOサイン出したから大丈夫!
・「18歳以上です」と言ってればランドセル背負ってたって大丈夫!
・偽名だから大丈夫!
・「国産」というシールを貼ったから大丈夫!
・年金を管理する団体作ったから大丈夫!
・謝罪会見しといたから大丈夫!
・日本国民が選んでくれたんだから少し無茶やっても大丈夫!



このように、「~なら大丈夫!」という感じで自らを無理やり安心させている感が否めない。

きっとそれは大半が大丈夫ではない。むしろ事が終わってみれば手遅れということが多いと思う。

限りある情報から良し悪しを判別する能力を身に付けるべきなのかもしれない。


え?僕はこんな記事書いて身の安全は大丈夫なのかって?

人気ブログじゃないから大丈夫!!







日々のクリックとコメントに感謝。

マニフェスト守れなくても「ごめんなさい」って言ってれば大丈夫!!
スポンサーサイト

「とりあえずベスト盤出しとけばいい」という考えを持ってるアーティストを評価するなんてそんなこと僕には出来ない。

2010年01月27日 21:29

今までに書こうと思ってたけど、面白くない or その他諸々の理由で「記事を保存」ボタンを押すのが躊躇われたという理由から断念してたネタ達一挙大放出!

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


・もしも「涼宮ハルヒ」シリーズのキョンが松岡修造だったら。


ハルヒ「キョン!!今から不思議探しに行くわよ!!」

キョン「不思議探しだって!?わくわくするじゃないか、ハルヒ!!!!!今すぐ行くぞ!!!!!モタモタしてたら時間もったいないぞ!!!!!面白いもの見つけるまで帰らないからな!!!!!な!?ハルヒ!!!!!そうだろ!?」

ハルヒ「う・・・うん。何かごめん・・・」


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


・もしもドラえもんが松岡修造だったら


のび太「ドラえも~ん!!今日もジャイアンにいじめられたよぉぉぉ!!」

ドラえもん「こうやってすぐに泣きついて!!男ならやり返せよ!!よし!!今から体を鍛えよう!!特訓だ!!まずはランニングから!!ほら!行くよ!!」

のび太「そういうのいいから早く道具出して」

ドラえもん「う・・・うん。ごめん」


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


・もしも総理大臣が松岡修造だったら


修造「明日から毎日体育の授業を義務付けます」

修造「近年稀に見る不況ですが、リストラに遭った人・・・頑張れ!!」


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


・もしも僕が松岡修造だったら


ブログの文字が全て暖色になる。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


・酒井法子が介護の道に進むことについて


薬物なんかに溺れるほど、精神力が弱い人間に過酷な介護なんて出来るわけないと僕は思う。

いや、待てよ・・・。ここは逆転の発想で、薬物をやるからこそ乗り越えられるという説はどうだろうか。


おじいさんが老人ホームで働いているのりピーに「どうも最近腰が痛くての」と言ってきた。

だからのりピーはおじいさんに対してこう答えたそうな。

「おじいちゃん、そんなに痛いんだったら、その痛みを簡単に忘れさせてくれるいい薬があるよ・・・」とね!

するとのりピーの言う通り、おじいさんは次の日からピンピンしていたそうな。

その次の日も胃の痛みで苦しんでいたおばあさんも元気!

この老人ホームは痛みも苦しみもない元気に暮らしているおじいさん、おばあさんでいっぱいになりましたとさ。

めでたし。めでたし。

しかし、すぐに他のスタッフが異変に気付くのですが、それはまた別のお話・・・


それにしても昔の人はよく言ったものです。

痛みに効く薬はあっても、バカにつける薬はないってね。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


今までお蔵入りになってた理由をよく分かっていただけたと思う。

でもこうやってまとめてお送りすることで、何とかなるんじゃないかという僕の浅はかさが露呈したのではないかとも思う。

何か僕にいい薬があったら教えて欲しいと思う。







日々のクリックとコメントに感謝。

一人で何でもやってしまう僕は悲しい人間なのではなく、積極性に長けているだけである。

2010年01月25日 21:49

今日は生まれて初めて一人カラオケに行ってきた。

むしゃくしゃしてやった。後悔はしていない。

とにかく僕はむしゃくしゃしていた。

何かで発散せにゃならん。買い物?それはダメだ!お金が大量に飛ぶのだけは避けなければならない!

そこで、お手軽価格で出来るカラオケ。

しかしやろうと思っても羞恥心が邪魔してなかなか店に入れない。

店の前でフラフラしていると不審者と勘違いされて職質されるかもしれないので、客が誰もいない時を見計らって入店!!

受付のお姉さん「お一人様ですか?」

僕「一人です」

その時、受付のお姉さんは少しニヤっとしたのだ。僕は見逃さなかった。

いいじゃないか、一人だって。カラオケは集団で来なくてはいけないという決まりなんてない!!

部屋にいそいそと入り、照明を全部暗くして、廊下から見えないような死角に座る。

最初は緊張したが、一曲歌うとノってくるものである。

普段は「あいつ、ノリノリだぜww」とか思われるのを恐れて、歌詞には無い部分(”う~”とか”ララララ”とか”オーイエ!”とか)は歌えないのだが、今日はアーティストのライブさながらで歌ってやったからね。

超気持ちいい!!

途中、部屋を覗かれた時は死ぬかと思ったけどね。

僕は一人カラオケに目覚めてしまいそうである。誰にも遠慮しなくていいのだから。最近のJ-POP事情がよく分からない僕でも気を遣う必要はない。一時間だけではあったが最高の時間であった。


僕は結構買い物とか、旅とか一人で行くことが多い。

「そうだ、京都行こう」的なノリで一人京都もよくやったものである。

誰だ、今「友達いないんだ」とか言った奴は!!

失礼だぞ、まったく・・・!深く狭く主義なだけだ!

割と「出かけよう」とかそういうのを思い立ったら一人で即行動してしまうわけで。

その方が楽なのである。行くとことか勝手に決められるし、さっき入った同じ店に遠慮なく戻ったって申し訳ない気分にならないし。移動手段だって好き勝手に出来る。歩くスピードも気にしなくていい。気に入った景色があれば立ち止まるのもいい。移動の際のお供として音楽があると尚良し。

メリットが盛りだくさんなわけである。

だから僕は「一人~~」を推していきたい。

そうだよ!みんなで「一人~~」を流行らせようじゃないか!


・一人鬼ごっこ
・一人ドッジボール
・一人キャッチボール
・一人電話
・一人メール
・一人海水浴


リポーターは海水浴場で客にインタビューする。

「今日はお一人なんですか?」と。

するとその客は堂々とした表情で答えるのである。

「もう1kmは泳ぎましたね!何しろ一人なんで!」と。

そしてワイドショーか何かで、「今、若者の間で”一人~~”が熱い!!」みたいな特集が組まれるのだ。

一人カラオケが恥ずかしいものではなくなる時代も近い。

むしろ、”一人でカラオケに行く”ことがステータスとなるのだ。


それは無い?そんな時代は嫌だ?

何を言っているのだ。

今の日本は、某幹事長が一人相撲をしているじゃないか。

僕らも追従しなくてはならないのだ。だって、清廉潔白な彼がそうしているのだから。


最後に。

僕が歌い終わり、受付で会計しようとしたら、集団の客と遭遇して酷い目にあったよ!

一人に見えるやろ?

連れは先に帰ったんよ!俺は一人ちゃうんよ!

あぁ、もうごめん!許してや!

こうなってしまったのも秘書が悪い!全部秘書がやった!






日々のクリックとコメントに感謝。

一人カラオケってやるよね?やらない?あ、そう・・・

新年明けましておめでとうございますと言いたいのだが、日が経ちすぎてもう言わなくてもいいんじゃないかと思う今日この頃

2010年01月23日 00:11

皆さん、遅くなってしまったのだが新年明けましておめでとうございます。今年も「書く精密機械」をどうぞよろしく。

さて、唐突だが僕の年末年始のことを箇条書きにでも。


■12月29日 ゆうき氏主催の忘年会に参加。参加者は僕とjass氏kaddy氏

場所は新横浜。

まず、ゆうき氏と合流し、その後jass氏とkaddy氏と合流。jass氏とkaddy氏はリアルな友人のようである。

ゆうき氏はクールな方で、僕とどちらが年上なんだかよく分からなかったよね、うん。

jass氏はとても明朗な方という印象。kaddy氏は某イベントに参加なさるということで、僕と同じ匂いを感じたというのは内緒。お二人、とても仲が良いんだなぁと思った。お互い冗談をバシバシ言い合える関係は宝だよ、宝!

居酒屋でjass氏の隠れた本性が露わになり、Twitterでは大きな波紋を呼んでいたのが少し面白かった。jass氏、ごめん!反省はしてない!


■1月2日、3日 箱根駅伝を最初から最後まで見る。山登りの神が現れたね。東洋大の柏原君。素晴らしい走りであった。彼は山登りの神として伝説を残す。テレビの前でダラダラする僕は一体何を残せるのだろうか?人生という名の襷を何に託そう?そんなことを考えながら僕は餅を食べる。粘膜に纏わりつく。そりゃ喉にも詰まるわな。


■1月7日 僕の誕生日!祝って!今から少し時間あげるから祝って!




・・・・・。



泣いてなんかないよ。


■1月12日 本格的に修論に手を付け始める。


■1月13日 挫折


■1月21日 何故か完成。


■1月22日 教授によって赤ペンだらけで添削されて返ってくる。あんたは赤ペン先生か!


赤ペン先生といえば思い出すことがある。

あの人らはずっと赤ペン片手に採点をし続けているのだろうか。

家に帰っても赤ペン。通勤中も赤ペン。

「家に仕事持ち込まないでよ!」と言われようとも赤ペン。

だって赤ペンを持ち続ける、それが仕事なのだから。

そんな赤ペン先生にもサブプライム問題の魔の手が降り注いだのだろうか。

大規模な人員削減。

上司から「君が担当した生徒はみんな成績がよくならないんだよ・・・」と言われ退職を余儀なくされる・・・

そんなの悲しすぎるじゃないか。


これじゃ、赤点先生だ。







日々のクリックとコメントに感謝。

くだらないこと言ってないで修論書けよ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。