スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love / Hate

2009年11月11日 20:36

僕がよく行くお好み焼屋さん。

量がとても多く、飲み物をサービスしてくれるという物凄く良心的なお店。

僕はとても気に入っているのだが、残念な部分も存在している。

店内には漫画が大量に置いてあるのだが、お客さんはそれらを自由に読むことが出来る。

すると、発生する問題。

漫画を読むことをやめない。

食べながら漫画を読むのは行儀が悪いぞ。まぁ、食べながら漫画を読むのは行儀が悪いとしても、僕には関係ないことなので何も言うまい。いや、でも漫画が汚れるのは問題だ。

一番問題なのは、店が混み始めてきてもお構いなしに漫画を読み続けて居座られること。食べ終わった後に。

漫画を読みたい気持ちは分かるが、ここはあくまでも飲食店である。漫画がそんなに読みたいのなら漫画喫茶にでも行ったらいい。お腹を空かせてやって来た客よりも、漫画を読む客が優先されるのはおかしなことである。

だから僕はそういう客がいたら、「食べ終わったならどいてもらっていいすか?」と言うことにしている。

また、座れないで困っている人がいたら、「食べ終わったのに漫画読み続けるって常識ないよね」と本人らに聞こえるような声で友人と話すことにしている。

すると大抵の人は顔を真っ赤にして出て行く。

僕がそう言って済む話なのだが、普通そういうのは店側が注意しなくてはならないのではないだろうか。

僕はどうも腑に落ちない感じでお好み焼を食することになる。

焦げたお好み焼を眺めながら、「奴らもこんな感じで焦げてしまえばいいのに」と思う。

彼らは周りを見ることが出来ないのだろうか。普通に考えたら混んできたら漫画を読むのを止めるという思考に至ると思うのだが。そう思うのは僕だけなのだろうか。

自己中心的な客が多すぎるのが、この店の残念な点であるのだ。

しかし、お好み焼は美味い。だから行かずにいられない!

僕が住む小さい町では、飯を食いに行くとなると、その店は外せない。鉄板なのである。お好み焼だけに、熱々の鉄板なのである。

ボリュームがあって、関西風も広島風も両方楽しめる。具だくさんだから腹ペコの学生に優しいのだ。

ここまで褒めるとハードルが上がってしまい、実際行ってみて「微妙」とか思われたら悲しいのでこの辺にしておく。

誰にだって好みというものがあるのだから。お好み焼だけに。






日々のクリックとコメントに感謝。

ケミカルお兄さんはどこか遠い場所へ旅立たれました。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。