スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こんなんじゃ終われない」って思えればまだやれんぞ

2009年10月25日 22:31

誰しもが、心の中に支えとしているものがあるはずだ。

苦しい時、泣きたい時、死にたい時なんて誰の元にでもやってくる。


・遅刻して入った教室が間違えてた
・「この映画観たいって言ってたよね?」って言って貸してあげようと思ったら「いや、別に」と言われた時
・お気に入りだった潰れた定食屋。真相は店主の夜逃げであった事実を知った時
・駅のトイレに入ったらトイレットペーパーがないからハンカチで拭く
・試験中、一本しか持っていなかったシャーペンが机から落下
・運動会に息子の前でカッコつけたら肉離れ
・何もしてないのに隣の女子高生に睨まれる
・変な顔とか変な行動をしたわけじゃないのに笑われる
・ブログ更新中のPCのフリーズ
・コメント0件の時に来る、スパムコメントのお知らせ
・オフ会の参加希望者が全く現れない
・自分のコメントだけ返事が無い


あれ?目から水が出てきたよ?

そんな感じで、誰にでも泣きたい時はやってくるよね。

そんな時、どのような心の支えがあっただろうか。

趣味(例えば好きな音楽であったり、小説やマンガやアニメであったり・・・)だろうか。それとも好きなスポーツで体を動かすであろうか。はたまた恋人であろうか。

恋人だと答えるようないい度胸をした者なんて、このブログの読者に限っていないと信じているが、とにかく心の支えというものは人間にとって必要なものなのだ。

例えば僕の就活中。ずっと心の支えになっていた音楽があった。

割と前からいるアーティストであるが、SURFACE(surface)である。

彼らの音楽には何度と背中を押されたものである。何もかもが上手くいくわけではない就職活動。何度も辞めたくなったのだが、そんな時にはいつでも傍にあったのが彼らの音楽であった。

メッセージソングなのだが、ただただ「頑張れ」とか「頑張れば夢は叶うよ!」とか言い続けているわけではない。

「自分なりにやってみればいいんじゃない?」とか、「やってみなけりゃ分からないんだから、まずはやってみようよ。見といてあげるから」みたいなメッセージをくれる。ただただ応援されるよりも、こういう背中を押してくれてるような感じに何度も勇気付けられたものである。「このままじゃいかん」と何度も気付かされたのだ。

今でも彼らの曲を聴くと、その時の記憶が蘇ってくる。「あの時は大変だったなw」といった感じでフラッシュバックするのである。


そんな感じで、人に何かを与えられる存在になることは、とても難しいことであると思う。ただ「頑張れ」と言うだけなら誰にでも出来る。しかし、軽い気持ちで放つ「頑張れ」ほど無責任な言葉は無いとも思うのだ。

僕もそんな何かを与えられる存在になりたいものである。

このブログでは一貫して「しょうもないこと」や「くだらないこと」で、少しでもクスッとなってもらえるような記事を書き続けてるつもりである。あくまで、”つもり”なのだが。

まだまだ精進が必要であると思っている。文章力もまだまだだし、たまに読み返してみると日本語おかしかったりするし。

それでも、これからもそんな目標の下やっていこうと思うので、末永くどうぞよろしく。

何かを与えられるブログになるよ、必ず!!

このブログを皆さんが数年後読み返したときに何かがフラッシュバックすればいいと思う。

恐怖とかが。

そして僕も数年後にこのブログを読み返してみたら、きっとフラッシュバックすることだろう。

この記事を書いてる途中にパソコンが何度もフリーズしてイラついてたということを。

何度「頑張れよ!頑張ってくれないとダメなんだよ!」と繰り返したことか。

僕は背中ではなく、エンターキーを何度も押す。何度も。何度も。

頑張ればブログ更新できるよ!!






日々のクリックとコメントに感謝。

そろそろ当ブログ開設2周年ということでこんな記事を書いてみたりなんかして。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。