スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HARD

2009年09月26日 00:44

SW(シルバーWaT)中、研究室メンバーと讃岐うどんツアーに行ってきた。

うどんの有名店を無計画に回ろうというツアー。

さすがは連休中。県外ナンバーの車がたくさん走っている。

まず、一軒目のうどん屋に到着。

すると、普段では考えられない人の列。

どこまで並んでるんだ!!そして列の横には「本日のうどん玉は終了しました」の看板が。

なんということだろう。これが連休の魔力というやつか。

僕らが普段行くときは平日なのでガラガラなのだが、少しばかりSW(セックスウォッチャー)を侮っていたらしい。

気を取り直して二軒目。とんでもないうどん渋滞が出来上がっていた。

しかし、ここは玉が切れていない様子。僕らは30分程並び、うどんを食すことが出来た。

三軒目は1時間並んでようやく食べれるという有り様。

連休ということで、そんなことくらい予想は出来たはずだ。しかし、僕らは行き当たりばったりの性格。帰り際も「二軒も食べれたからよし」という持ち前のポジティブさで乗り切った。


しっかし・・・長い行列があったとしても並んでしまう人の心理とは不思議なものである。

どのような列なのか分からなくても、長い行列が形成されているだけで、その先に興味を持ってしまう。

長い行列が出来る→なにか楽しいことがあるに違いない! と無意識に察知するのだろう。

きっと大学の同期を適当なところに並ばせたら、一部の近隣住民は興味本位で後ろに並び始めると思う。

僕だったら「この列は何なんですか?」って聞いてしまうかもしれない。

それくらい行列というものは人の興味をそそるものなのだろう。

しかし、果たして本当に行列の先に楽しいことが待っているのだろうか。

何も知らずに軽はずみに列に並んだばっかりにとんでもない目に遭ってしまうことだってあるのだ。


・列の並んだ先が戦場(主に夏の東京ビッグサイト)

・列の並んだ先が「幸福の○○」の○○先生の演説会場(主にご老人に多く見られる)

・列の並んだ先が見ず知らずの人のお焼香

・列の並んだ先がとある組の集会場

・列の並んだ先が婦人用下着セール会場

・列の並んだ先が破産手続き会場

・列の並んだ先が断崖絶壁


きっと前習え精神も関係してるのだと思う。

しかしその前習え精神のお陰で下着売り場に迷い込んでしまった場合、僕らは赤っ恥をかいてしまうではないか。いや、並んでる人で気付けよって話だが。

その精神が色々なところで如実に現れている。

今回の民○党の圧勝だって、そのような精神が作用していた気がしてならない。

そしてその結果・・・断崖絶壁☆っていうのもあるかもしれないし、無いかもしれないし・・・子供の僕には分からないよ!!

とりあえず列に並ぶ前に、その列の先の方をじっくりチェックしないと酷い目に遭うことがあるのではないかと、うどんを食いながら思ったのであった。

特に意味はないんだ、この記事に。

どうしてうどんを食べに行った話からこんなに硬い話になってしまったのだろうか。自分でも分からないが、きっと讃岐うどんのせいであると思う。

硬く練りこまれた生地で作られた、麺が非常に硬い讃岐うどんを食べたら記事まで硬くなっちまったよ!そこに並べバカ野郎!っていう話。






日々のクリックとコメントに感謝

書くことが見つからないねぇ・・・
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。