スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らんらんるー

2009年07月20日 18:30

皆さんはマクドナルドのことをどう略すだろうか?

先日、研究室でそのような話になった。

地元が兵庫県の後輩は「マクド」、岡山と香川の後輩は「マック」、神奈川の僕も「マック」、山口の友達も「マック」

「マクド」と呼ぶのは関西圏だけなのだろうか。

沖縄や九州、あと中部地方や東北地方の略し方も知りたいところである。

それにしても関西圏の「マクド」には違和感がある。きっと関西の人から言わせれば「マック」がおかしいと思うのだろうが。

確かに店名は「マクドナルド」であるから、「マクド」と略す方が正しいような気はする。

しかし、マクドナルドのメニューには「マック~~」というものがほとんどなのだから、「マック」という略し方だって間違っちゃいない。

う~む・・・難しい問題だ。一歩間違えれば社会問題、いや、国際問題にまで発展してしまいそうな問題であると思う。

きっと、そういう部分で分かり合えないからいくら経っても戦争が無くならないのだ。

それならば新たな世界基準を作ればいいではないか。

「マック」でも「マクド」でもない新たな略し方をこの場で誕生させてしまおうというわけだ。そしたら戦争は無くなるわけだ。そして海の向こう側で涙を流している子供達にも笑顔が戻るわけだ。そしてそんな功績を残した俺に南春香は微笑みかけるわけだ。そして俺はそこで彼女を抱きしめるわけだ。パーフェクトなわけだ。

少し考えが暴走してしまったが、元ネタが分かる人だけ「ふふふ・・・」と微笑んでくれたらいい。

僕が考えた新しいマクドナルドの略し方。

「ルド」

いや、まぁ許してよ。僕の発想力なんてこんなもんだって。

最後の二文字を取ってみることにしたのだ。

安易だと言わないでほしい。見事なまでに皆さんががっかりする様子が想像できるのだが、ちょっと待ってほしい。

最近は「エコだエコ!!あ、それ!!わっしょい」という流れなわけだ。

だから僕は二文字で表現してみることにしたのだ。たった二文字で「マクドナルド」を表すことが出来る。見事なまでの省エネルギーである。喋るのって意外とエネルギー使うんだぜ?キーボードで「ma ku do na ru do」なんて打たなくたって「ru do」だけで済むんだぜ?

え?これは無いって?

分かったよ、分かった。

真剣に考えるからさ。

これでどう?

「ド」

もうこれでいいだろ。最後の一文字だけ。「do」って打ち込めばそれでいいんだからさ。

またはマクナルの「ド」を二つ取って「ドド」とかな。擬音みたいで良くね?

あ~ごめんごめん。もうアレだよ。考えるのが面倒臭いんだよ。

明日から「マクドナルド」の略し方は「ド」で決定な。

終わり。


まぁ、こんなんで終わらせるのもアレなんで、真面目に考えようかマジで。

「ド」は無いわ。ふざけてんの?馬鹿なの?死ぬの?

さすがに紛らわしいわ。

「昼飯、ドに行こうぜ!!」

何のことだかさっぱり分かねぇよ。

きっと地球上の全人類が「ド」の謎について真剣に悩み始める時が来るだろう。

そして各国同士で「ド」の解釈に齟齬が生まれて、「俺の国の『ド』が正しい!!」「いや、俺のとこの『ド』の方が正解だ!!」ってなって、戦争が起きるだろうね。

そう考えると、世界から戦争が無くならない理由が分かる気がする。

僕達は今一度世界平和について考える必要があるのかもしれない。

マクドナルドでご飯を食べるとき、ほんのちょっとでいいから考えてみてほしい。いかに僕達が恵まれているのかをさ・・・!!

そしたらきっと何が何だか分からなくなってくると思うからさ。頭の中がゴッチャゴチャになってさ。

頭の中が、マックシェイクみたいなね!!はは!!

終わり。






「ナルド」でもいいかもな・・・。または「マクドナ」・・・いや、何でもないわ。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。