スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆弾処理班の日常

2009年07月15日 14:57

我が研究室では皆、パソコンに向かって真剣な表情でカチャカチャと作業している。

関心関心。こんなにも真剣な空気、あたい嫌いじゃないよ。

さて、俺も・・・

パソコンのスイッチを入れて、起動するまでコーヒーを飲み、起動したならばすぐさまとあるプログラムを実行する。

「お、stickさん、やるんすか!?」

おうよ。みんなもやってるから俺もやらなくてはならんと思ってな。

最近の研究室はそんな流れになっている。きっと一時的なものだが、それでも何故かやらなくてはならない衝動に駆られる。

「うわぁ!また失敗した!!」

「またですか?」

「無理だろ、こんなん!!」

「あはは!そんなこともありますよ~」

「ちっくしょう!!腹立ってきたぜ・・・」

みんなの怒りとイライラは爆発寸前だ。

と思ってたら、また爆発したよ・・・

マインスイーパー。

うむ、我が研究室が何にハマってるかというと、マインスイーパーである。

何故、こんなことになってしまったかというと・・・よく分からない。

誰かが理由もなしに始めて、「あ、懐かしいっすね~」みたいな流れだった気がしないでもない。とりあえず、そんなノリ。理由は特に無かったはずなのだ。

「うわぁ!またダメだ!!」とかそうこうやってるうちに・・・

ガチャ!!

教授の登場だ。

光速でマインスイーパーは最小化。代わりに開くのはワードかエクセル。危ない危ない、爆発させるところだったよ。

ゲームしてたり、動画を見てるところを見つかると、怒られるわけじゃないが嫌味はしっかり言われる。

特に今は院生の中間発表前なので、院2年生(つまり僕)はパワーポイントやプレゼン原稿を作っていないと絶対怒られる。

絶対に教授に見つかるわけにはいかないのだ。

最近は教授という爆弾を爆発させないために上手く誤魔化している。日々がマインスイーパー。日々が「7」の表示。例えが分かりにくいね。

教授は自分の部屋に戻っていく。どうやら上手く誤魔化せたみたいだ。それでは続きを・・・

ガチャ!!

「そういえばstick君さ~・・・」

!!!!!

「ゲームっておいおい・・・院の中間発表近いんだろ?そんなことしてる場合じゃないよね!?」

はい地雷踏んだ~!!

どうにかその場は収めて、教授に進捗状況を報告する。

教授は非常に面倒くさ・・・プレゼンのクオリティに厳しい人。ちょっとの誰にも気付かれないような表記ミスやレイアウトに突っ込んでくる。

僕のプレゼンのパワーポイントは完璧のはずだった。どこにも突っ込みどころはないはずだった。

しかし詰めが甘かった。教授にとっては色々な部分で気に食わなかったらしく、僕のプレゼンはバシバシと斬られていった。

そしてくどくどと嫌味を言われる僕。「君はM2なんだからさ~・・・」

「しまった、地雷踏んだな~」と思いながらも僕は「次のステージは爆弾数を減らしてみようかな」という考えを巡らせるのであった。決して懲りないのが我が研究室のクオリティなのである。

「いやぁ先生、めっちゃ細かいところにこだわるの好きですよね~ww」

こうして明日も明後日も地雷を踏み続けるのであった。






↑だんだんと僕がいるべきポジションへと下降して行ってるね。よろしければ地雷(ランキング)を踏んでいただけたら嬉しい。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。