スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イライラフェスティバル

2009年07月12日 00:19

まったくやれやれだぜ・・・

今日、就活で数ヶ月研究室に来ていなかった同期が久々にやって来た。

そして相当機嫌が悪い。

どうしたのか聞いてみるまでもなく、彼は語り出した。

「くっそ・・・先生に嫌味たっぷり言われたわ・・・うぜぇ・・・」

そりゃ言われるだろうね・・・

「だからあいつ嫌なんだよ・・・」

僕は「はぁ・・・まぁ仕方ないよ」と言うので精一杯。

そいつと教授は前々から折り合いが悪い。

どっちも譲らない性格というのが一番の原因なのだけど。
お互い、自分の意見は曲げない。曲げないどころか自分以外の人間を自分の意見に無理矢理持って来させようとする強引さがある。

そして自分の非は認めない。

だからすぐにそいつと教授との間で衝突が起こる。

その結果、何故か無関係の学生が八つ当たり的な被害を受けるのだ。

いつもはニコニコしてる先生なのに。

そいつがいるせいで本当に空気が悪い。

すんごい嫌な空気が流れる。そしてそいつの「マジでないわ!!おかしいやろ!!アレがアレでアレなのにアレって言われてさ~!!おかしくない!?(以下略)」というマシンガントークが始まるわけだ。

今日は軽くその愚痴を流してたら、さらに不機嫌になり、研究室の険悪な空気は最高潮!!さぁさぁ盛り上がってまいりました!!みなぎってきたww


確かに僕がそいつの愚痴を流しすぎた感はあった。

しかしだ。延々と文句を言われる身にもなってみてほしい。相当しんどいぞ?正直、面倒臭いんだぜ?

人のイライラにイライラさせられるわけだ。

それって理不尽ではなかろうか。僕に非があるわけではあるまい。

こちらは極力「うん。うん」と答えてやってるというのに。

ん?待てよ・・・?そこは逆に「それは間違ってるんじゃないか!?」みたいなことを言ってみるのが正解なのではないだろうか。

すると意外と良い流れになったりするかもしれない。


「ふふふ・・・はっきり言ってくれるじゃねーか・・・!!気に入ったぜ!!俺ははっきり言われるほうが好きなんだ!!おい・・・見てみろよ・・・夕日が綺麗だぜ・・・!!」

「あぁ・・・綺麗だな。ちょうどよかった。体を持て余してるところだったんだ。おい、あの夕日まで競争してみるか?」

「おいおい・・・どうしちゃったんだ、お前?いいぜ。そういうの嫌いじゃないぜ」

「うふふ・・・あははは・・・」

みたいなさ。うわぁ・・・すげぇイライラするね、これね。

今日の記事はアレだ。人のイライラにイライラさせられた僕がみんなをイライラさせる記事だね。で、これを見てイライラした人が自分のブログにイライラする記事を書いて、それを見た人が・・・みたいな感じで広がっていったら日本は大変なことになるなぁ。

そんなことを思ってしまったという話。

オチはない。

今日はオチが付けられないほど怒りで落ち着かない。そう、オチが付かないのだ。






愚痴は書くのはやめようと思ってたんだけどねぇ・・・
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。