スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケ麺

2009年07月05日 00:48

さて、今日は友人から「徳島ラーメン食いに行くぞ。起きれ」という電話が来たので食べに行くことにした。

目指すは友人お気に入りのお店。

営業時間は16時まで。余裕だな。

片道1時間半。ようやくたどり着いた。時計は15時10分。

しかし様子がおかしい。暖簾が下がってるではないか。

よ~く、店の看板を見てみる。

「営業時間が変わりました。15時までの営業です」

15時までの営業です。

15時までの営業です。

15時までの営業です。

いやいや待てと。世の中は不思議で満ち溢れている。パンフレットには16時までと書いてある。しかし実際に行ってみると15時までとは一体どういうことだろうか。

その1時間。その1時間だ。何だって1時間短縮した?1時間じゃPCゲームを1/4もクリア出来ないよ。そんな僅かな時間である。

その1時間を短縮したところで何が変わるというのだ。その1時間に僕達は泣かされている。その1時間で何もかもを失うくらいの失望感に襲われる者が存在している。それは全世界レベルで見れば大したことではないのかもしれない。しかしだ。人は相対的に物事を判断することが好きみたいだが、今こそ必要なのは絶対的な評価なのではなかろうか。その1時間で悲しむ者がいるという事実こそが重要なのではなかろうか。

本当、一杯食わされた。ラーメンは一杯も食ってないけど。


その後、香川を離れるという後輩に飲みに誘われた。

ビールを頼みビールを頼みまたまたビールを頼み、日本酒日本酒日本酒日本酒!!

これは破壊力抜群だ。僕を殺しにかかってると言っても過言ではない。酒があまり強くない僕だが、出された酒は飲まなくてはならない使命感に駆られる。その結果、かなりの酔いが回るわけだが、「僕、香川にいるのがこれで最後かもしれないんで・・・」なんて言われたら飲まなくてはならないだろう。

ずるい。ずるいよ。

一杯食わされた。いや、実際は飲まされたんだけど。

一杯飲まされた。

いや、

いっぱい飲まされた。






日々のクリックとコメントに感謝。

世界が回ってるよ。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。