スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

得手不得手

2009年07月04日 00:07

ランキングの当ブログの紹介文には「農学研究科の日常がどうたら」と書いてあるのに、全く農学研究科のネタについて触れてないじゃないか。

偽装表示も甚だしい。

これじゃただの詐欺だ。

例えば農学に興味ある人がランキングを覗いてたとする。するとそこに「農学研究生の~」とか書かれたブログがあった。ちょっと見てみようとなるわけだ。しかしその人は失望するのであろう。蓋を開けてみればクソくだらん駄文ブログ。その人にとってはただの時間の無駄となるわけだ。時間を豪快に無駄に遣ってる僕みたいな人間のブログを見ることほど、時間の無駄遣いなことはない。

しかし、そんなことは日常的に行われていることなのだと思うのだ。


・「国産です」と書かれた食肉の表示

・「閉店セール」とのたまう紳士服屋

・「明日からダイエットする」とのたまう母親

・「このステージ、クリアしたら勉強する」とのたまう誰かさん(決して僕じゃないよ)

・「今年こそ戦力補強を」と毎年のようにのたまう横浜ベイスターズフロント(あれ?涙が出てきたよ)

・「政権取れたら景気回復させます!」と選挙前にお約束の如くのたまう政治家・・・おや?こんな時間に誰か来たようだ・・・


非常によろしくない。非常に世知辛い世の中。世の中は悪意で満ち溢れている。

このままじゃよろしくない。だから今日は少し”農学研究生の日常”みたいな話をしようと思う。

今日、研究室の後輩がノートを持って僕の元にやってきた。

「あの、これの反応機構教えてください」と。

僕の研究室は農学という名にしては異質な感じなのである。他の研究室では植物や動物を使って実験を行っているが、僕のところでは生物を使うことは皆無。
有機合成をバシバシと行う研究室である。そりゃもうストイックに。
様々な分子を設計し合成する。さらにそれを用いて様々な産業に応用する。そういった感じの研究室。相当説明を省いてしまったが、理学部化学科といった感じなのである。

そして僕は今日、設計した分子の反応機構の説明を後輩に求められたわけだ。

僕は大学院修士2年生。最高学年である。それくらい「おぉ。任せとけよ」と言わなくてはならないだろう。

なんと頼れる先輩であろうか。

そんな頼れる先輩、脂汗が出てきてるぜ。

うむ。どんなに頼れる先輩にだって分からないことはある。苦手なことだってあるのだ。

ちょっと使い方が違うかもしれないが、”弘法も筆の誤り”という言葉がある。

僕は有機合成をやり始めて4年目。大体のことは何となく分かる。しかしね・・・そりゃダメな時だってあるんだよ!!泣きたい時だってあるんだよ!!

「ごめん、ちょっとこれは分からないなぁ・・・。えぇ~・・・きっとここがこうなって・・・こうなるんじゃね・・・?」

これが僕に出せる精一杯の答えだ!!ごめん!!これじゃただの、”弘法も平謝り”だ。

勇気を出して教授にこっそり聞いてみるのもいいかとも思った。

きっと教えてはくれるだろう。

しかし上手いこと聞かないと、「君はもうM2でしょうが!!」と怒られること間違いなし。

だからと言ってこのまま曖昧な感じだと夜も眠れない。10時間しか。

誰か僕に勇気をくれよ。

勇気合成してくれ。頼むから。






日々のクリックとコメントに大いなる感謝。

しっかし、あの時の後輩の「うわぁ・・・」って顔が忘れられないよ。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。