スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情熱の真っ赤なバカ

2009年07月02日 00:08


松戸市消防局で激しいしごき、新人消防士の半数退職(7月1日21時31分配信 読売新聞)

 新規採用の訓練中の新人消防士に1万回の腕立て伏せなどのしごきをしたとして、千葉県松戸市消防局は1日、幹部ら11人を減給などの処分にしたと発表した。

 訓練に参加した消防士10人のうち5人が相次いで退職する事態となった。

 4人は4月、「しごきやいじめで退職を余儀なくされた」と松戸市に計1210万円の損害賠償を求める訴えを起こしている。

 松戸市消防局によると、訓練は2005年度に採用された消防士10人に06年3月から約2か月間、市消防訓練センターで行われた。指導職員が、「訓練中にヘルメットを外した」と新人にコンクリート上で約1時間正座させたり、「代わりはいくらでもいる」「ぶっ殺してやる」などの暴言を吐いたりした。

 さらに、訓練中に「ここを辞めろ」と強要された新人は、休日に呼び出され、腕立て伏せ1万回を命じられた。800回以上続け、力尽きたという。

 辞めた新人から2月に訓練指導記録の証拠保全の申し立てがあったことから、内部調査していた。

 この結果、訓練の責任者だった当時の企画管理室長ら幹部ら3人を減給1か月(10分の1)、指導にあたった職員ら4人を戒告の懲戒処分とした。また、他の職員4人を訓告や厳重注意とした。

 松戸市消防局の佐久間峰男局長は「パワーハラスメントやいじめがあったと受け止められても仕方がない。市民の信頼を損なったことは遺憾。心からおわびする」と陳謝した。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

消防士や警察官たる者、市民の生活を守るためには日々の鍛錬が必要だ。

それを承知で消防士や警察官を志望するのだと思う。

しかし10人中5人が辞めてしまうというのは相当なものだったに違いない。

新人を鍛えることはしっかりとしなくてはならないが、きっと今回問題となっているのは「ぶっ殺してやる」等の罵声を浴びせたことが大半を占めているのかもしれない。1万回腕立てというのも現実的ではないし。

全体的に見て、やりすぎな気は確かにする。


きっとその指導職員は新人が来るということで張り切ってしまったのだと思う。

そして悪いハッスルの仕方をしてしまったと。

そういう時って必ずといって良いほど、悪い結果しか生まない。

アレである。普段の僕らに当てはめて考えてみると、みんなを面白がらせようとして無茶したら何か軽い事故が起きて全員「うわ~・・・」みたいなアレ。


その人には有り余る情熱があったに違いない。

「俺がバシバシ鍛えるんだ!!よぉ~し見てろよ!!ふははは!!」みたいな。

情熱の炎を燃やしすぎたね。うん。

それでも少しは冷静になるべきであった。

だって消防士は炎を消すのが仕事なんだから。







気付けば緑のランキングが大変なことになってる。何かのドッキリではなかろうか。
日々のクリックとコメントに感謝。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。