スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコロジークレイジー

2009年07月31日 21:46

僕が通うのは、ご存知の通り農学部。

農学部といえば、農作業を真っ先に思い浮かべる人が多いと思うが、それだけではない。

食品について研究するところもあるし、遺伝子工学(バイオテクノロジー)、もやしもんでお馴染みの微生物等を用いる醸造等々・・・

僕は残念ながらその中のどれにも当てはまらないのだが、僕は有機化学を研究している。農学部らしくない。そう言われてしまう研究である。

まぁ、こんな前置きはいいとして・・・

最近、環境科学という分野が幅を利かせてきている。

昨今のエコブーム。それに後押しされるかのように、環境科学系の研究が農学部内で目立ち始めているのだ。

1年生に農学部に入った理由を聞いてみると、「農学部で環境問題について学びたいから」という回答がかなり多かった。

やはりエコであるとか環境について考える人が増え始めているのだろう。

それは悪いことじゃない。良いことであると思う。

だがしかし、最近学務係が間違ったエコへの張り切りようを見せている。

夏といえば冷房の効いた部屋でのんびり研究!といきたいところなのだが・・・

ここ数日、やたらと暑い。何故だ?

冷房の設定温度を見てみると28℃。

どうしてこうなった?後輩に聞いてみたところ、「学務の人が数人でやって来て、28℃にしないとダメだぞと言いながら設定を28℃にしていくんです」とのこと。

どうやら全ての研究室を回っているとのこと。

そんなことしてる暇があったら仕事しろ。僕は声を大にして言いたい。こんなのに労力を費やすくらいなら事務仕事を一つでも早く済ませて帰った方がエコに貢献している気がする。

僕の研究室は割と広く、冷房の設定温度を28℃にすると室内は30℃を超えてしまうのだ。

だから研究室内に温度計を設置して、「室内は28℃なんですからいいじゃないですか?設定を28℃にしちゃうと室内が30℃を超えてしまうんですよ」と言っても無駄。すぐに設定を28℃に戻されてしまう。

それでもこっちも諦めない。すぐさま設定を26℃にする。しかしすぐに28℃に戻される。

もういやだ、この大学の学務・・・

そして本日、警告を再三無視していたら・・・冷房止められた\(^o^)/

嘘だろ!?うわっ!!スイッチが付かねぇ!!

そしたら教授が大激怒。

「研究の最適条件は室温28℃なんじゃぁぁぁぁ!!!!!」

そうだよね。そうなるよね。

そして話し合い。結局、学務と僕らの間で妥協案が出され、設定温度を27℃にするということで落ち着いたのだが。

しかし、冷房の設定温度でこんなことになるとか・・・すでにエコじゃねぇよなぁと思ってしまった今日この頃。


大体、エコとはなんだ。

やれ「地球を守るために冷房は28℃にしましょう」だ、やれ「地球温暖化を食い止めろ」だ・・・

こういう事態の原因を作ったのは人間なのに、ちょっとまずいことになったら「どうにかしないと!!」と言い出す。

まるで夏休みの宿題をサボってきた小学生の8月31日の光景を見ているようだ。

人の都合のいいように自然を破壊して好き放題やってきた結果がこれだ。もうこうなってしまった結果を受け入れなければならないのではないか?

今やってることって、エコという名の自己満足な気がするんだよ。

自然を自分らの手でコントロール出来るとでも思ってるのかねぇ・・・?

これじゃただのエゴだよ、エゴ・・・






日々のクリックとコメントに感謝。

家では冷房使わないけどね。だってこの寒いブログがクーラーみたいなものだから。
スポンサーサイト

そういや俺が行ってた高校にボーリング部なんてものがあったなぁ・・・

2009年07月30日 22:12

俺、ボーリングにハマったわ!!

そこでマイボール欲しいんだよね。

いやぁ、やっぱりマイボール持ってるとカッコいいやんか!!

って、お前!俺たちにはマイボールがすでにあるじゃねーかって?

下ネタかよ!!はっはっは!!

確かに産まれたときから持ってるものだけどさ!!

マイボールをラウンドワンで作るのは2000円だったっけ?

意外と安いよな~?

それでも俺らのマイボールはタダで持ってるものだからな!!はっはっは!!だから無理に買わなくてもいいじゃねーかって?はっはっは!!

しかもピンも一本しっかり付いてるしな!!おい!なんだよこの会話!!ひでぇな!はっはっは!!

そしてアレか、ピンとボールが奥の穴に入り込んでストライ~~~ク!!ってか!?あっはっはっは!!



・・・・。



夏休みだなぁ・・・

完全に話が変な方向に行っちゃってるよね。

話がガーターしてるよね。






日々のクリックとコメントに感謝。

ちなみに僕のアベレージは80・・・

ムービースターはベットベト

2009年07月29日 22:51

克服したいことがある。

口下手なところである。

どうも上手く口が回らない。

じっちゃには「そんなんじゃ商人になることは出来んでぇ」と言われた。いや、別に商人になるつもりはないけどさ。何らかの歴史の証人にはなりたいけどさ。

日常生活には大きな影響は出ないが、例えば先日のオフ会。もう少し喋れよ俺!!楽しかったのだが、それと同時に反省点もあった。

やはり口下手は直さねばなるまい。今後、オフ会というものにどれだけ参加するかは分からないが、その時に少しでもトークの点で先制パンチが出来たならば、このオフ会は僕が支配したも同然。

やはり求められるのは軽快なトークである。今のままでは軽快なトークではなく、警戒されるトークである。

最近の女性が求める男の条件として「面白い人」が挙げられる。

まぁ、僕は「何が面白い人が好きだ、このアバズレが!!大体が面白いという定義が曖昧なんだよ!!どうせお笑いブームに乗せられたんだろ!?お前なんてチ○コに脳味噌があるような××××男に犯されて泣けばいいよ!!」と思ってしまうわけだが、やはりつまらないよりかは面白い男の方が良いに決まってる。

そこでだ。面白いを目指すために軽快なトークを出来るように訓練が出来たらよいと思うのだ。

口下手の克服。それは僕が行うべき最優先事項。

とは言ってもそう簡単に人間は変わることは出来ない。トーク力のようなものは今までの経験的な部分が物を言う。

つまり、今までろくな経験をしてこなかった僕には難易度がハードなわけだ。
仮に今、合コンマスターばかりが集まる合コンに放り込まれたとしよう。そんなの、今までぬくぬくと人間の下で育ってきたチワワが、猛獣だらけのサバンナに送り込まれたのと同等。手も足もナニも出せないまま、僕は雰囲気に飲まれ食われてしまうわけだ。


だから今から無理に自分を変えることはないのではなかろうか。

世の中には”適材適所”という言葉が存在している。

つまり、世の中には”話し上手”と”聞き上手”がいるということだ。

僕は”聞き上手”になればいいのだ。

高校時代の友人D君が酒を飲みながら言っていた。
「女ってのはね・・・話を聞いてあげるだけでいいんだよ・・・」
おぉ!!さすが、彼女いない暦=年齢男の言うことは違う。

世の女性は、男の無駄話を聞くよりも、自分の話を聞いてほしいと願っているわけだ。

そこを巧みに突けとそういうことだな、D君!?そしてそのまま色々と突いてしまえということだな!?

D君はフライドポテトを頬張りながら言う。

「話を聞いてやるでしょ?そしたら相槌を打ってやるじゃない?それだけじゃダメなんだよ!!女の子は褒めてあげないとダメなんだよね。モテるにはそれが出来る男にならないと!!」

そうか、分かった。そんなことよりも口の周りのケチャップ拭けよ。

口ベタベタだぜ?






オチはベタベタだな。

オフ会レポート

2009年07月28日 17:55

25日はけんけん氏のオフ会に参加してきた。

箇条書きで書かせてもらう。

続きへどうぞ。


[ 続きを読む ]

BURN

2009年07月24日 22:13

そういや、昨日は大学院の中間発表だったんだよね。

昨日書こうと思ってたけど、特にネタにするような事件とかは起きなかったから書かなかった。こんなことよりも皆既日食(笑)の方がネタになりそうだったからだ。

とりあえず中間発表なだけに中途半端な出来になってしまった。

そして僕が一番最後だったために、質問攻めにされた。

しかし・・・生ぬるいな。あんな質問ごときじゃわしを殺せはせんぞ・・・!!

そんなこんなで面白いことは何一つ起きなかった。

何はともあれ無事終わったということで、明日のオフ会には清々しい気分で参加できそうである。

しかしそんな清々しい気分に水を注すかのように雨。どうすんだよ・・・?高速バスのバス停まで原付で15分。チャリで行けば30分。

ふざけんな!!雨に濡れろというのか?

本当、水を注されたよ・・・雨だけに。

まぁ、いいけどね。我慢するよ。

バス停に着くまでに心折れるかもしれんけど。オフ会始まる前に心のスイッチがオフになるかもしれんけど。

しっかし、今から楽しみである。明日は楽しもうと思う。


話は変わって、今日はオールスターであった。

両者、譲り合わない大接戦。

見ていて心震えたものである。

オールスターはお祭りのようなもの。選ばれたスター選手達がぶつかり合う。

いやぁ、面白かった。そういうお祭りの空気がいいよね。

いつか生で観戦したいものである。

夏は祭りの季節。様々な祭りが行われることだろう。

花火大会が夏の風物詩。華やかな花火が夜空を染める。

その他、ロックフェス、夏コミ・・・

しかしそんな中、アングラで行われている祭りが存在している。

いつでも誰でも簡単に出来る祭りである。

さぁ、今から早速やってみよう!!


「××は今すぐ○○に※※するべきだ!!××の○○への▲▲行為は☆☆に値するものだ!!」


おや?上手く表示されないな・・・

接客業には、客と会話するときに三つのタブーが存在しているらしい。

・政治ネタ

・宗教ネタ

・スポーツネタ

インターネットでも同じ。ネットではさらに”犯罪自慢”も加わる。

さぁ、上の3つ(特に上二つ)をしっかり抑えて夏祭りを開催しようぜ!!

本当にやるなよ!?絶対だぞ!?絶対やるなよ!?


あまり調子に乗っていると僕にも飛び火して、花火の如く爆発しそうなのでこの辺で止めにしておく。

みんなから血祭りにされないうちにね。






次の更新はおそらくオフレポ。

皆既日食(笑)

2009年07月23日 20:38

【皆既日食】トカラ列島悪石島は暴風雨で避難呼びかけも(2009.7.22 10:52 産経ニュース)

 6分25秒と世界で最も皆既日食の継続時間が最も長い、トカラ列島の悪石島には、人口の2倍近い1100人の観測客が訪れていたが、皆既日食が始まる午前10時ごろから、突然、激しい雨と風に見舞われた。

 観測用に用意した機材を手に、雨の当たらないテントの中などに駆け込む人など右往左往するなど、観測どころではなくなった。

 強い風雨は、テントを波打たせるほどになり、竜巻が起こる可能性もあるとして屋内への避難も呼びかけられた。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


あちゃ~・・・

確か皆既日食の悪石島ツアーって一人30万とかかかるんでしょ?

家族で行けば200万とか・・・

30万も払って暴風雨を見に行くとか・・・悲惨だなぁ・・・

皆既日食にそれだけ掛けるって、天文ファンの方なのかな?

それなら頷けるが、「皆既日食ブームだぜ!!」とかいう理由で行ってる人がいる気がする。

そういう理由で行ってるのだとしたら・・・本当愚かというか、日本人の国民性を体を張って証明したよね。

別に悪いとは言わないけどね。それだけの理由で行って、大嵐に遭って・・・それなら家のテレビで大人しく見ておけばマシだったね。何十万、何百万も出せるほどの人らが一瞬で負け組になり、テレビくらいでしか見れないという大金出せない人が得をしたという出来事。

正直言って・・・



気持ちいいっす!!サーセンww


人間は自然現象の前には全く持って無力である。

仕方の無いこと。運が悪かったと思って諦めるしか・・・


と思っていたら、愚か者が現れた。

Yahoo知恵袋への書き込み。(→http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=1128570471


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

 悪石島ツアーに息子が参加したのですが、ツアー会社に一部返金に応じて貰えないのでしょうか? (もちろん、私も節度がある大人ですので全額返金して頂けるとは毛頭考えておりません。また、私は参加しておりません)

 3泊4日でツアー会社(ここでは会社名を伏せさせていただきます。今後法的処置を取るかもしれませんんので)の悪石島ツアーに家族5人で合計214万5000円支払っています。規約には「悪天候につき皆既日食が見られない場合もございます」など、逃げのことが多々記載されていますが、これは問題ではないでしょうか?「皆既日食を見よう!」と銘打たれているのですからその任務を遂行できない場合は、何かしら対応していただけるのが普通ではないでしょうか?

(中略)

 私が事前に入れた情報で悪石島は悪天候ということがわかったので前日にツアーの方に「もう、皆既日食は良いから那覇などに移動させてら貰えないか?」ということをお願いしたのですが、無理ですとの一点張りだったとのことです。電話でもあちらの家族、そして私の息子の悲しい怒声が聞こえてきました。本当に悲しいです。こんなお金だけ取るようなツアーを企画した会社が許せません。

正直な話、私の家も息子がお世話になっている家族も裕福とは言えず、私の家は一生に一度だからと旦那の夏のボーナスと教育ローンの一部を使っており、また相手の家族の方も同様にボーナスとカードローンの枠をかなり使って行かれています。 本当に歯がゆいです。法律に詳しい方、是非ともお願いいたします。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


あちゃちゃ~~

これは酷いww

自然現象を旅行会社のせいにする愚か者の図である。なんという責任転嫁ww

天候次第ではこういうことになるって分かるはずなのにね。

もちろん色んな人から叩かれることになる。「自然現象なんだから仕方ない自己責任」「ちゃんと規約に見れないこともあるって書いてあるはず」等の至って常識的な回答。

それに対して・・・


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

 ツアーのただしがきに「死ぬかもしれません」と書いてあったら、死んでも責任を取らなくていいんですか?
 こちらは命のお金を削ってまで子供のために本気で皆既日食を見せてあげたかったんです。
 あなたみたいな適当に生きてる人にちゃちゃ入れられたくて書いてるんじゃないんです。
 そういうのは2ちゃんねるとかでやってください。
 私は真面目に法律に詳しい方を求めてるんです。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


なんてこったい\(^o^)/

すごいな、おいwwこれが所謂モンペというやつか・・・

そしてベストアンサーがまた酷いww


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

 いやいや、「一部」返金なら可能性はありますよ。
 皆既日食のツアーは社会的に見ても大きな関心事ですから、そこを上手にほじくっていくことですね。

 法的には代理店の免責であることは承知の上で、話題性に乗じて世論に訴えるという手段があります。
 例えばニュースに積極的に顔を出して号泣してみせるとか・・・。
 マスコミはこういう話題が大好きですから。

 世間の同情を上手に集めることができれば、「子どもがかわいそうだ」という声に押されて自主的に一部返金に応じてくれるかもしれませんよ。
 弁護士に相談するよりはるかに有効だと思います。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


( ゚Д゚)ポカーン

釣り・・・だよな・・・?

あらら・・・開いた口が塞がらないとはまさにこの事。

どれだけ自分本位なのかと。こんなのと同じ日本人であるということが恥ずかしい。そのまま海の藻屑となってしまえばいいよ。

今回の皆既日食はとにかく面白いネタの宝庫だった。やっぱり何十年に一度というものは一筋縄にはいかない何かがあるのだろう。

まさに怪奇日食。


しっかし、楽しみにして行った人はとんでもない体験をしたよね。

まぁ、よかったんじゃない?悪石島なんてこういう機会でもないとなかなか行けないぜ?

自然は人の思い通りにならないという社会勉強も出来てよかったじゃないの。

大嵐でも命が助かってるんだから良し・・・だと思うよ?

正直他人事なんだけどねwwサーセンww


今回の件で、悪石島は永遠に語り継がれることだろう・・・

”悪夢島”とか言われたり、”悪運島”とか言われるんだろうね。

そして今回の件で多くの人間がトラウマになったはず。誰も寄り付かなくなったりしてね。

そしてこのために作った施設は常にガラ空きになっちゃってね。

もういっそのこと、”空く席島”に改名してもいいのではなかろうか。






僕はその時間、普通に寝てた。

訃報

2009年07月22日 20:09

<訃報>アベフトシさん42歳 元ミッシェル・ガン・エレファントのギタリスト(7月22日18時32分配信 毎日新聞)
 
 元「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェル・ガン・エレファント)」のメンバーだったギタリストのアベフトシ(本名・安部太)さんが22日、急性硬膜外血腫で死去した。42歳。葬儀は親族・友人のみで行われる。

 アベさんは、ミッシェル・ガン・エレファントに94年に加入、96年のメジャーデビューを経て、03年の解散まで所属。解散後はソロ活動やギタリストとして他のアーティストのツアーに参加するなど活躍していた。




いやいやいや・・・ふざけんな。

信じんぞ。

俺は信じない。

絶対嘘だろ?こんな嘘付くとかさ・・・嘘付くならもっとまともな嘘にしてくれよ・・・

ミッシェルのロックンロールに魅せられて、憧れまくって、解散した後もそれぞれのメンバーの活動に注目し続けて・・・

再結成とかもあったらいいな~なんて思ってたけど、それが叶わぬものになってしまったよ・・・

あの鬼気迫るギターカッティング。一生忘れない。

ロックンロールの素晴らしさを教えてくれたんだよ、ミッシェルは。そしてそれもアベさんのギターがあってこそだった。


「世界の終わりが
そこに来てるよと
紅茶飲み干して
君は静かに待つ

パンを焼きながら
待ち焦がれている
やってくる時を
待ち焦がれている」


合掌。

Heavy Damage

2009年07月21日 22:39

最近、パソコンが重い。重すぎる。外付けHDDに大規模にデータを移動させたというのに。

ノートだから持ち運ぶには軽い。

軽いのだが重い。なんだよ、このパラドックス。

とりあえず同時に違うことは出来ない。

重い!!重すぎる!!

「あんたはヘビー級チャンピオンですか?」ってくらい。

クソだよ、クソ。うんこ。重すぎてイライラする。クソが!!ゴミが!!駄馬が!!

文字をスクロールするだけでフリーズ。酷いときなんてスクロールも何もしてないのにフリーズする始末。こんなん・・・俺の思考までもがフリーズするわ!!

このストレス社会。僕が普段感じているストレスの7割が、パソコンが重いという事実が引き金。

買い換える?そんなの無理だ。そんな金がどこにある?

ならば我慢して使い続けるしかないのである。


しかしこんなパソコンだが、1時間周期で調子が良くなったりする。

付け始めの1時間はイライラ。

1時間経過するとあれ?軽くなった・・・気がする!!

しかしその1時間後・・・パソコンのHDD氷河期再突入。格闘。

昨日なんてHDDが悲鳴を上げていたからね。もう世紀末だよね。


誰かどうにかしてくれよ。

エロ動画は全く入ってないんだぜ?
いや、嘘付いたわ。少しは入ってるけどさ・・・それは外付けに入ってるわけ。Cフォルダには全く入ってないわけよ。音楽データだってそう。

Cフォルダの中身はスッカスカなんだぜ?それなのに何故?Why?

ウイルスでもないし、もしかして寿命か?

寿命であるならそれは困る。

パソコンが壊れたら・・・ブログが更新できない!!なんてこった。もはやブログは僕の生活の一部である。それを取り上げられるとなると大きな痛手である。

音楽もパソコンで聴いてるのに。壊れてしまったら音楽も聴けない。

そして一番重要なのは・・・エロサイトを巡れないこと。レンタルしろ?それはダメだ。
何故ならば・・・レンタルAVにはモロ動画がないからである!!

いや、画面の前のそこの君、あからさまに引くなって。フリーズするなって。

君だって実は夜になったら凄いんだろ?乱れてるんだろ?分かってるんだよ。

ら・・・らめぇぇぇ!!こんなに激しくされたら壊れちゃうよ~~!!とか言いながらさ・・・ねぇ?

安心しろって。

人間はみんなスケベだ!!


話を戻そう。

パソコンがやたら重いという話だ。「上に跨る彼女が重い」という話じゃないぞ!!いつまでもエロいこと考えてんなよ。

色々試してみた。それでもダメだった。

どうすればいいのだろうか。

祈るしかないのか。祈りでパソコンを軽くすることが可能ならば、僕はとんでもない発見をしたことになる。祈ろう。祈り続けよう。


・・・・。


ダメだ!軽くならねぇ!むしろさっきより重くなってやがる!

やっぱり重かったんだろうね。

いや、パソコンがじゃない。

僕の想いが重すぎたのだ。






「軽くなれ」という想いが重い。・・・って紛らわしい!!エロサイトの入口の場所くらい紛らわしい!!

らんらんるー

2009年07月20日 18:30

皆さんはマクドナルドのことをどう略すだろうか?

先日、研究室でそのような話になった。

地元が兵庫県の後輩は「マクド」、岡山と香川の後輩は「マック」、神奈川の僕も「マック」、山口の友達も「マック」

「マクド」と呼ぶのは関西圏だけなのだろうか。

沖縄や九州、あと中部地方や東北地方の略し方も知りたいところである。

それにしても関西圏の「マクド」には違和感がある。きっと関西の人から言わせれば「マック」がおかしいと思うのだろうが。

確かに店名は「マクドナルド」であるから、「マクド」と略す方が正しいような気はする。

しかし、マクドナルドのメニューには「マック~~」というものがほとんどなのだから、「マック」という略し方だって間違っちゃいない。

う~む・・・難しい問題だ。一歩間違えれば社会問題、いや、国際問題にまで発展してしまいそうな問題であると思う。

きっと、そういう部分で分かり合えないからいくら経っても戦争が無くならないのだ。

それならば新たな世界基準を作ればいいではないか。

「マック」でも「マクド」でもない新たな略し方をこの場で誕生させてしまおうというわけだ。そしたら戦争は無くなるわけだ。そして海の向こう側で涙を流している子供達にも笑顔が戻るわけだ。そしてそんな功績を残した俺に南春香は微笑みかけるわけだ。そして俺はそこで彼女を抱きしめるわけだ。パーフェクトなわけだ。

少し考えが暴走してしまったが、元ネタが分かる人だけ「ふふふ・・・」と微笑んでくれたらいい。

僕が考えた新しいマクドナルドの略し方。

「ルド」

いや、まぁ許してよ。僕の発想力なんてこんなもんだって。

最後の二文字を取ってみることにしたのだ。

安易だと言わないでほしい。見事なまでに皆さんががっかりする様子が想像できるのだが、ちょっと待ってほしい。

最近は「エコだエコ!!あ、それ!!わっしょい」という流れなわけだ。

だから僕は二文字で表現してみることにしたのだ。たった二文字で「マクドナルド」を表すことが出来る。見事なまでの省エネルギーである。喋るのって意外とエネルギー使うんだぜ?キーボードで「ma ku do na ru do」なんて打たなくたって「ru do」だけで済むんだぜ?

え?これは無いって?

分かったよ、分かった。

真剣に考えるからさ。

これでどう?

「ド」

もうこれでいいだろ。最後の一文字だけ。「do」って打ち込めばそれでいいんだからさ。

またはマクナルの「ド」を二つ取って「ドド」とかな。擬音みたいで良くね?

あ~ごめんごめん。もうアレだよ。考えるのが面倒臭いんだよ。

明日から「マクドナルド」の略し方は「ド」で決定な。

終わり。


まぁ、こんなんで終わらせるのもアレなんで、真面目に考えようかマジで。

「ド」は無いわ。ふざけてんの?馬鹿なの?死ぬの?

さすがに紛らわしいわ。

「昼飯、ドに行こうぜ!!」

何のことだかさっぱり分かねぇよ。

きっと地球上の全人類が「ド」の謎について真剣に悩み始める時が来るだろう。

そして各国同士で「ド」の解釈に齟齬が生まれて、「俺の国の『ド』が正しい!!」「いや、俺のとこの『ド』の方が正解だ!!」ってなって、戦争が起きるだろうね。

そう考えると、世界から戦争が無くならない理由が分かる気がする。

僕達は今一度世界平和について考える必要があるのかもしれない。

マクドナルドでご飯を食べるとき、ほんのちょっとでいいから考えてみてほしい。いかに僕達が恵まれているのかをさ・・・!!

そしたらきっと何が何だか分からなくなってくると思うからさ。頭の中がゴッチャゴチャになってさ。

頭の中が、マックシェイクみたいなね!!はは!!

終わり。






「ナルド」でもいいかもな・・・。または「マクドナ」・・・いや、何でもないわ。

Train In Vain

2009年07月19日 18:48

僕が住むK県にはあまり財政が良くないローカル私鉄が走っている。

そのローカル私鉄に乗っていると、色々な人を見ることが出来る。

首都圏や関西圏ではなかなかいないような一味も二味も違う独特な客層なのである。

車内でビールを飲みながら柿ピーをつまんでるおっさん、競馬新聞を見ながらラジオを聴いてるおっさん、見えない何かと談笑をしているおばさん、数珠を両手に持ち祈ってるおばさん・・・

今日は街に出掛けたのだが、なかなか面白い人間を見ることが出来た。

隣に座ってる人に怪しげな商品を押し売りしてるおばさんを発見。

隣の主婦は迷惑そうな顔をしている。「うわぁ・・・えらいもんに捕まっちゃった!!」みたいな。

僕のところに来たら寝たふりをしようと思い、ふと横を見てみると・・・

僕は恐怖で戦慄した。

虚ろな目をして突っ立つ女子高生。その手には電源のついていないビデオカメラ。

何をしてるのかといぶかしんでいたら、ふとこちらを向く女子高生。

そして目が合うと・・・ニヤリと笑った・・・

うわぁぁぁぁぁ!!!!!

怖ぇよ!!怖ぇって!!

僕は咄嗟に目を逸らし、下を向く。これはやばい!!殺られる!!バラされる!!

そしてその女子高生はビデオカメラをパタンと閉じ、僕のところにやってくる。

お母さん、お父さん、今までありがとう・・・!弟よ・・・実家のことは任せたぞ・・・!!

死を覚悟したその時・・・

「あの、すいません・・・」

はい・・・?何でしょうか・・・?

「○○駅ってまだですよね?通り過ぎてないですよね?」

車掌に聞け!!ま・・・まだですよ・・・?

「あ、そうですか・・・ありがとうございます・・・(ニヤリ・・・)」

い・・・いやぁぁぁぁ!!!!!

その後は特に何事もなく、その女子高生は目当ての駅で降りていった。一体、何だったのだろうか?


今日ほど、恐ろしい思いをしたことはない。とにかくまぁ・・変わった乗客が多い路線なのである。

少しばかり運賃が高いのだが、それも面白い人間を観察するための対価だと思えばよいのではないかと思ってしまうほどである。

いや、別に見たくないけどね。いらないよ、そんなサービス。普通でいいから、もっと安くして欲しいと切に願う。


そして無事に家に帰り、気付いたことがある。

ズボンのチャックが開きっぱなしになっていたということだ。

これは一体どういうことだろうか。

考えてみて欲しい。チャック全開の男が電車に乗って何食わぬ顔で座ってる様を。

どう考えても変態です。本当にどうもありがとうございました。

つまり僕も同類ということである。

今度からは出掛ける前チャックを確認せねばなるまい。

「下のドアが閉まります。ご注意ください」

って・・・やかましいわ!!

そして明日も明後日も僕を含む変人達を乗せて、そのローカル私鉄は走り続けるのであろう。






↑最近急に出てきたミスコンやミスユニブログが強すぎるぜ・・・!!上位に駆け込み乗車しやがったぜ・・・!!

ネガティブチェーンソー

2009年07月18日 17:21

<麻生首相>アキバ人気は今…? 熱気冷め「関心もない」(毎日新聞 - 07月18日 10:53)

 衆院解散を巡る混乱が続いた自民党。党内にしこりを残しながらも解散は21日午後の見通しで、3連休初日の18日は立候補予定者が早くもつじ立ちする姿も見られた。なんとか解散にこぎつけた麻生太郎首相を有権者はどう見ているのか。首相が街頭演説で人気を集めた東京・秋葉原で聞いた。【杉本修作】

 06年秋の自民党総裁選。麻生首相は秋葉原での街頭演説で「オタクの皆さん」と呼び掛けて話題を集めた。昨年10月の首相就任後初の街頭演説も「アキバ」で行い、熱烈な「麻生コール」を浴びた。

 それから1年もたたないが、その熱気は冷めた模様だ。「以前は首相を応援していた」という東京都江東区の男性会社員(36)は「アキバは飽きっぽい。麻生さんへの関心もなくなった。総理なんて誰がなっても同じ」と手厳しい。板橋区の会社員、安藤義一さん(34)も「一歩裏に入るとつぶれた店が多い。麻生さんが秋葉原のために何かしてくれたわけでもないし、もう相手にされていない」と突き放した。「アキバにはいろいろな文化があるのに、首相が勝手に『オタクの町』にして迷惑だった」とメイドカフェで働く女性(21)。「私たちだって漢字くらい読める」とチクリと批判した。

 それでも首相を応援する声も。巫女(みこ)姿の女性が接客に当たる土産物店「アキバのうさぎ神社」の店頭には、衆院選にちなんだ「決戦!!太郎241 白黒決着まんじゅう」が山積みになっている。首相と民主党の鳩山由紀夫代表が、衆院の過半数(241)をかけて宇宙戦争に臨む様子をイメージしたパッケージが目を引く。

 関係者に自民党支持者がいることもあり、4月に新装開店した際には首相から祝いの花が届いた。男性店主(46)は「首相が解散を宣言してから白黒決着まんじゅうの売り上げが増えている。麻生さんにまだまだ頑張ってほしい」とエールを送った。近くで買い物をしていた北区の学生、中川剛さん(25)は「麻生さんには親近感がある。政権を簡単に投げ出した2人の首相よりはましだし、どんな結果になっても辞めないで最後まで続けてほしい」と擁護した。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

この記事に違和感を感じるのは僕だけだろうか。

最近のマスコミの偏向振りは以前よりも酷くなってきている。最近の麻生さんのネガティブキャンペーンには思わず笑いが出てしまうほど。

物凄い悪意。まぁ、今更なんだけどね。

秋葉原の人の意見を、全国民の総意みたいなさ・・・

アレか?
「秋葉原の人たちにすらそう思われてるから、麻生はダメだ」と国民に思わせたいわけか?

それらしい統計すらも取らないで「麻生人気はもう冷め切ってる!」って・・・

こういう記事を日本の大手新聞会社が発行しているのだ。これは大問題な気がするのだが・・・


>板橋区の会社員、安藤義一さん(34)も「一歩裏に入るとつぶれた店が多い。麻生さんが秋葉原のために何かしてくれたわけでもないし、もう相手にされていない」

え?

もう一度言う。

え?

それは麻生さんが悪いのか?

確かに一時期、「麻生さんはアニメ好き」とかいう話が出たが、それとこれとは別問題なのではなかろうか?責任の所在がおかしい気がするのだ。


>「アキバにはいろいろな文化があるのに、首相が勝手に『オタクの町』にして迷惑だった」とメイドカフェで働く女性(21)。

一体何を言ってるのだろうか。

麻生さんが『オタクの町』にした?

『オタクの町』という風にされたのは前からじゃないか?

マスコミがオタクがどうのこうの取り上げた頃から・・・いや、もしかしたらもっと前か?


>「私たちだって漢字くらい読める」とチクリと批判した。

そしてこれがトドメだ!!

まさかこのことを持ち出してくるとは・・・!!恐れ入った!!

僕は驚きを隠せない。ここまでのネガティブキャンペーンを行うとは・・・


僕は思う。どうして中立であるべきはずの報道が中立でないのか。

見事な偏り方だ。それには色々裏事情があるのだが、ここでは書かないことにする。禁則事項です☆との繋がりとか、マスコミのトップには禁則事項です☆がうようよしているとか・・・あまり知られていないことがたくさんある。

意外と麻生さんの功績は知られていない。英語がペラペラであることも。漢字が読める読めない以上に重要なことじゃないのか?

そういうことが報道されないから問題。見事にマスコミが描くシナリオ通りに日本は進んでいっている。一体どうなることやら・・・


今僕達に求められていることは、世に流れている情報を鵜呑みにするのではなく、その情報について考えてみること。そういうことが求められている気がしてならない。

もはや今のマスコミに公平性なんてものは存在していない。これはちょっとした恐怖である・・・


まぁ・・・そんなことを思ってしまったのである。

しかし、僕がこんなところで愚痴みたいなことを書き綴ったところで・・・

「あっ、そ!」って言われてしまうのがオチなんだろうけどね。

麻生さんだけに。

そして僕も叩かれることになるのだろう。それはもう・・・自民党のように。

火だるまだ。大炎上だ。マジでやめろよ!?絶対だからな!!

献金払うから許して!!






そういえば昨日の記事で「はじめまして」コメントが全く付かなかった件について。アレだな、みんなツンデレなんだな!?そうに違いない!!あれ?目から汗が・・・

君とGo Tight!!

2009年07月17日 17:41

最近思った。

ブログのコメントで「はじめまして」がある時の嬉しさは異常。

どこからか飛んできてくれた方のコメントね。

何故だろう?何故かは分からないが、一人でニヤニヤしてしまうのが「はじめまして」付きのコメントである。

独特の初々しさだろうか。少し緊張してるような雰囲気を感じられるのだ。

「そういえば僕もあのブロガーさんに初コメントする時はこんな感じだったな」と。

そういう気持ちを思い出すわけだ。ブロガーさん同士で繋がりが広がっていってるのが分かるのが嬉しいのだ。

初めて会う相手には必ずと言ってよいほど使う言葉。オフ会でも少し緊張交じりの笑顔で使われている。そういう空気が好きなのである。変態じゃないよな?変態か?変態で何が悪い!!シンゴーシンゴー!

だから、ROMってるそこのあなた、これを機にコメントしちゃえばいいじゃない!!そして相互リンクとかしちゃおうじゃないか。「はじめまして。相互リンクしましょうクソが!!」ってコメントくれたら喜んで貼らせてもらう。だから・・・相互リンクで僕と結合しようぜ☆アッー!!


このように、「はじめまして」という言葉には初々しさが詰まっている。

物凄い爽やかな挨拶ではないか。

そう、爽やかなのである。雲一つない快晴の空のように。

だから色んな場面で爽やかに使って欲しい。

例えばとあるカップルに当てはめてみよう。

お互い初めての相手との検閲により削除の時。

「はじめまして」という言葉を使うことで、とても爽やかになる。

お互いの検閲により削除検閲により削除がはじめまして!こんにちは!アッー!

全然いやらしくない!!ふしぎ!!


何が何だか分からなくなってきたのだが、とりあえず「はじめまして」のコメントは嬉しいということ。

そしてそれを物凄く欲しているということ。

そして僕と相互リンクしようということだ!!

画面の前のあなたと合体したい!!

そして、もしそうなれたらあまりの嬉しさで「気持ちいぃ~~~~!!」となることだろう。

アクエリオンかよ。

というわけで、一万年と二千年前からROMってるという方はよろしくお願いします。






何かごめん。

未来まで繋がっていたい!!

The Strange Man

2009年07月16日 21:32

男性突き倒しに逆転無罪=正当防衛認める-最高裁(7月16日10時58分配信 時事通信)

 自宅兼事務所に「立ち入り禁止」の看板を男性に張られそうになったため、この男性を突き倒したとして傷害罪に問われ、二審が暴行罪で科料9900円とした不動産業の女性(76)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は16日、正当防衛の成立を認め、逆転無罪を言い渡した。女性の無罪が確定する。
 生命、身体への危害が加えられていないケースで正当防衛が認められるのは珍しい。
 同小法廷は看板の設置について、「不動産業に対する業務妨害、女性の名誉を害する行為で、女性の権利への急迫不正の侵害に当たる」と認定。暴行は軽微で、妥当な防衛手段だったとした。
 一審広島地裁は男性がけがを負ったとして傷害罪を認定し罰金15万円としたが、二審広島高裁は暴行罪の限度で有罪としていた。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

どうしてこうなった。

いまいち、状況が理解出来ない。

男性の嫌がらせ?それだったとしたら、突き倒されても文句は言えないな。

それにしても「立入禁止」の看板を張るって・・・お前は子供か。

思わず昔を思い出したよ。

高校の頃、同級生の背中に友人S君と共にメッセージ付きの紙をこっそり貼っていたものだ。

背が高い奴には「頭上注意」、怒りっぽい奴には「猛犬注意」、足が速い奴には「超特急」とか書いた紙を貼っていった。思いの外バレない。掃除ロッカーに「ペンキ塗りたて」や「開けるな」と書かれた紙を貼ったりもした。

そして「ひっひっひ」と二人で笑っていたら、先生に呼ばれた。怒られた。

そして僕とS君の二人には「悪戯小僧」というレッテルを貼られた。

女子からは「馬鹿な子供」というレッテルを貼られた。

だがそれが気持ちいい!!

なんて言ってたらきっと皆さんから「変態」というレッテルを貼られてしまうことだろう。

だがそれが気持ちいい!!

・・・。

こんな変態ブログ、立入禁止にするべきだと本気で思う。






クリックをサディスティックにお願いします。

爆弾処理班の日常

2009年07月15日 14:57

我が研究室では皆、パソコンに向かって真剣な表情でカチャカチャと作業している。

関心関心。こんなにも真剣な空気、あたい嫌いじゃないよ。

さて、俺も・・・

パソコンのスイッチを入れて、起動するまでコーヒーを飲み、起動したならばすぐさまとあるプログラムを実行する。

「お、stickさん、やるんすか!?」

おうよ。みんなもやってるから俺もやらなくてはならんと思ってな。

最近の研究室はそんな流れになっている。きっと一時的なものだが、それでも何故かやらなくてはならない衝動に駆られる。

「うわぁ!また失敗した!!」

「またですか?」

「無理だろ、こんなん!!」

「あはは!そんなこともありますよ~」

「ちっくしょう!!腹立ってきたぜ・・・」

みんなの怒りとイライラは爆発寸前だ。

と思ってたら、また爆発したよ・・・

マインスイーパー。

うむ、我が研究室が何にハマってるかというと、マインスイーパーである。

何故、こんなことになってしまったかというと・・・よく分からない。

誰かが理由もなしに始めて、「あ、懐かしいっすね~」みたいな流れだった気がしないでもない。とりあえず、そんなノリ。理由は特に無かったはずなのだ。

「うわぁ!またダメだ!!」とかそうこうやってるうちに・・・

ガチャ!!

教授の登場だ。

光速でマインスイーパーは最小化。代わりに開くのはワードかエクセル。危ない危ない、爆発させるところだったよ。

ゲームしてたり、動画を見てるところを見つかると、怒られるわけじゃないが嫌味はしっかり言われる。

特に今は院生の中間発表前なので、院2年生(つまり僕)はパワーポイントやプレゼン原稿を作っていないと絶対怒られる。

絶対に教授に見つかるわけにはいかないのだ。

最近は教授という爆弾を爆発させないために上手く誤魔化している。日々がマインスイーパー。日々が「7」の表示。例えが分かりにくいね。

教授は自分の部屋に戻っていく。どうやら上手く誤魔化せたみたいだ。それでは続きを・・・

ガチャ!!

「そういえばstick君さ~・・・」

!!!!!

「ゲームっておいおい・・・院の中間発表近いんだろ?そんなことしてる場合じゃないよね!?」

はい地雷踏んだ~!!

どうにかその場は収めて、教授に進捗状況を報告する。

教授は非常に面倒くさ・・・プレゼンのクオリティに厳しい人。ちょっとの誰にも気付かれないような表記ミスやレイアウトに突っ込んでくる。

僕のプレゼンのパワーポイントは完璧のはずだった。どこにも突っ込みどころはないはずだった。

しかし詰めが甘かった。教授にとっては色々な部分で気に食わなかったらしく、僕のプレゼンはバシバシと斬られていった。

そしてくどくどと嫌味を言われる僕。「君はM2なんだからさ~・・・」

「しまった、地雷踏んだな~」と思いながらも僕は「次のステージは爆弾数を減らしてみようかな」という考えを巡らせるのであった。決して懲りないのが我が研究室のクオリティなのである。

「いやぁ先生、めっちゃ細かいところにこだわるの好きですよね~ww」

こうして明日も明後日も地雷を踏み続けるのであった。






↑だんだんと僕がいるべきポジションへと下降して行ってるね。よろしければ地雷(ランキング)を踏んでいただけたら嬉しい。

青少年に夢を届ける職人に僕はなりたい

2009年07月14日 00:14

ガイアの夜明けを見た。

今日はなかなか興味深い話であった。

時計の修理職人の話。他店では直せないことでも、その職人ならば出来てしまう。

伝説の時計屋さんである。

一番印象に残っている言葉が、”お客様の気持ちが一番の値打ち”であった。

修理の依頼をされる時計一つ一つに気持ちや思い出が込められている。だから誠心誠意込めて修理をする。儲けはあまり出ないらしい。

それでもお客様の喜ぶところを考えると辞めることは出来ないらしい。むしろ辞めたいと思ったことが無いということなのだ。

僕はそういう姿勢に感銘を受けた。僕も職人になりたいと思う。何でもいいから。才能目覚めろ!!

「三方よし」という言葉がある。近江商人の経営理念に由来する言葉である。

”売りよし 買いよし 世間よし”

つまり、世間にも認められることで長く商売を続けていけるということ。最近はそれがあまり出来ていない気がしてならない。

「売れればよい」という考えが蔓延っていやしないか?それでは一時的な満足で終わってしまう。そうではなく、もっと人の心に響くようなサービスが求められているのである。

思えば僕がスーパーのレジのバイト時代。

僕の接客はそりゃもう、酷いものであった。

仏頂面で「らっしゃっせぇぇぇ・・・ありがとやした~・・・」

思い返すと、絶対そんな店員のところには並びたくない。それくらい酷かった。

パートのおばちゃん、半ギレしてた。

やはりそういうところにも気を遣わないと、商売繁盛なんて夢のまた夢なのだろう。

まぁ、所詮バイトなんだけどさ。しかし、客にとってはバイトだとか正社員だとか関係ない。

こういうように、世間にも認められて一人前ということ。難しいものだ。


今更この話を持ち出すのはどうかとも思うが、「三方よし」の新たな活用法があった気がする。

”アンテナよし 地デジよし 俺○ヨシ”

うむ・・・見事な職人たまs・・・じゃねーよww

最後の”俺ツ○シ”って完全に投げたよね。言ってみたかっただけだよね?思いついた奴、「あ、上手いこと言っちゃった☆」とか思ったかもしれないけど、それは幻想だかんね。

全然心に響いてこないよ。

お客様の満足は得られてないよ。

まぁ、最後は色々と満足しちゃったけどさ。公園で一人フィーバーして満足しちゃったけどね。

それは結局、自己満足なわけよ。

やっぱりみんなが満足する結末じゃないとダメなわけ。世間に認められてないわけ。ネット住人には認められたけどね。変態として。


それでは最後に僕が考えた「三方よし」で締めさせてもらう。

”顔よし 性格よし 逝ってよし”

ただの嫉妬じゃねーか!






イン数よし アウト数よし 逝ってよし ・・・だから嫉妬じゃねーか!

青少年に夢を届ける大人に僕はなりたい

2009年07月13日 00:02

AV出演が発覚、退部処分 立命大アメフット部員(7月12日21時9分配信 京都新聞)

 立命館大アメリカンフットボール部の部員の男子学生(4年)がアダルトビデオに出演し、部から退部処分を受けていたことが12日、分かった。大学も学生への処分と部への指導を検討している。
 大学によると、学生は1年生だった2006年から07年にかけてビデオ6本に出演。今年6月中旬に関係者が事実を把握し、「学生の本分にもとる行為」として部の倫理規定に基づいて退部処分とした。学生は「スカウトされ、金になるアルバイトと思って出演した」と話しているという。学生は準レギュラーで公式試合にも出場していたが、「個人的な行動」として部の活動は続ける方針。
 ビデオ出演をめぐっては、大阪経済大ラグビー部が大麻取調法違反で部員が逮捕後、部員らのアダルトビデオ出演が発覚し、大学は10日に部活動の無期限停止処分とした。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

いやはや・・・古○じゃないけどさ・・・

仮にアダルトビデオに出演してたとして、何が悪いんでしょうかね。

大学生ってことは18歳未満じゃないわけでしょ?法を犯してるわけじゃないんだし・・・ね・・・

そりゃ決して褒められるようなことじゃないけどさ。それに暴力団とかと関わってたというなら、それは問題なわけだけど・・・

どうも臭いものには蓋を、な感が否めない。今回のこの件に関して以外でもね。最近の日本の悪しき風潮だ。

>学生の本分にもとる行為

う~む・・・それを言ってしまうとね・・・。学生の本分は学問というのは間違っちゃいないけど・・・

それならば色々と排除しなくてはね。そんなこと言うなら、サークルだってそう。思わず眉を顰めてしまうような活動(合法ラインで。スーパーフリーのようなサークルは論外)をしてるサークルは存在してる。アル中で病院送りの患者を毎回の飲み会で出してるサークルや、男と女でふんぐもつれつ・・・みたいなサークル。僕の大学にも存在してるよ。

だからまぁ、色々と言いたいことはあるけど、大目に見てやったら?僕はそう思う。


アダルトビデオで思い出した。

先日、友人が大画面液晶プラズマテレビを購入した。

どうやらPS3をハイクオリティな映像でプレイしたいらしい。

しかし、僕は彼がプラズマテレビを買ったもう一つの理由を知っている。

それは、ブルーレイでアダルトビデオを見るためだ。

どうやらブルーレイのアダルトビデオを大画面液晶テレビで見ると、女優があたかもすぐそこに居るかのような臨場感であるらしい。

な・・・なんということだ・・・

映像技術の発達は素晴らしい・・・!!日本男児の夢とロマンを叶えているのは間違いなくマルチメディア業界である。

今までDVDで満足していた僕は一体何なのだろうか。一度ブルーレイでの感動を味わってしまったらDVDには戻ってこれないであろう。凄すぎる!!


しかし、男優になればあれだな。

女優がすぐそこに居るかのような・・・ではなく、すぐそこに居るんだよな。

そしてアレですか。それがパッケージングされちゃうわけですか。

なんという男気。身を持って女優がすぐそこに居るアレ(=オーガズム=壮大なスペクタクル=宇宙の神秘)を体感し、尚且つ、それをブルーレイにパッケージング化し、世の青年達に夢を届ける。最高じゃないか。

感動である、感動!!

でも間違いなく勘当されるけどな!!






いやぁ、でも部が休止とかにならなくてよかったよ本当に。

イライラフェスティバル

2009年07月12日 00:19

まったくやれやれだぜ・・・

今日、就活で数ヶ月研究室に来ていなかった同期が久々にやって来た。

そして相当機嫌が悪い。

どうしたのか聞いてみるまでもなく、彼は語り出した。

「くっそ・・・先生に嫌味たっぷり言われたわ・・・うぜぇ・・・」

そりゃ言われるだろうね・・・

「だからあいつ嫌なんだよ・・・」

僕は「はぁ・・・まぁ仕方ないよ」と言うので精一杯。

そいつと教授は前々から折り合いが悪い。

どっちも譲らない性格というのが一番の原因なのだけど。
お互い、自分の意見は曲げない。曲げないどころか自分以外の人間を自分の意見に無理矢理持って来させようとする強引さがある。

そして自分の非は認めない。

だからすぐにそいつと教授との間で衝突が起こる。

その結果、何故か無関係の学生が八つ当たり的な被害を受けるのだ。

いつもはニコニコしてる先生なのに。

そいつがいるせいで本当に空気が悪い。

すんごい嫌な空気が流れる。そしてそいつの「マジでないわ!!おかしいやろ!!アレがアレでアレなのにアレって言われてさ~!!おかしくない!?(以下略)」というマシンガントークが始まるわけだ。

今日は軽くその愚痴を流してたら、さらに不機嫌になり、研究室の険悪な空気は最高潮!!さぁさぁ盛り上がってまいりました!!みなぎってきたww


確かに僕がそいつの愚痴を流しすぎた感はあった。

しかしだ。延々と文句を言われる身にもなってみてほしい。相当しんどいぞ?正直、面倒臭いんだぜ?

人のイライラにイライラさせられるわけだ。

それって理不尽ではなかろうか。僕に非があるわけではあるまい。

こちらは極力「うん。うん」と答えてやってるというのに。

ん?待てよ・・・?そこは逆に「それは間違ってるんじゃないか!?」みたいなことを言ってみるのが正解なのではないだろうか。

すると意外と良い流れになったりするかもしれない。


「ふふふ・・・はっきり言ってくれるじゃねーか・・・!!気に入ったぜ!!俺ははっきり言われるほうが好きなんだ!!おい・・・見てみろよ・・・夕日が綺麗だぜ・・・!!」

「あぁ・・・綺麗だな。ちょうどよかった。体を持て余してるところだったんだ。おい、あの夕日まで競争してみるか?」

「おいおい・・・どうしちゃったんだ、お前?いいぜ。そういうの嫌いじゃないぜ」

「うふふ・・・あははは・・・」

みたいなさ。うわぁ・・・すげぇイライラするね、これね。

今日の記事はアレだ。人のイライラにイライラさせられた僕がみんなをイライラさせる記事だね。で、これを見てイライラした人が自分のブログにイライラする記事を書いて、それを見た人が・・・みたいな感じで広がっていったら日本は大変なことになるなぁ。

そんなことを思ってしまったという話。

オチはない。

今日はオチが付けられないほど怒りで落ち着かない。そう、オチが付かないのだ。






愚痴は書くのはやめようと思ってたんだけどねぇ・・・

スイミング

2009年07月11日 01:03

研究室では週に一度、研究報告ゼミというものが行われる。

会議室を借りて、そこで研究室メンバーが研究の進捗状況を報告する。

そしてこの報告について質疑応答や議論が行われる。

教授はこの議論タイムが大好きなのだ。

僕は結構しんどいのだ。

というのも、僕の研究室にはあるルールが存在しているから。それは、

一人の発表につき、必ず一回は意見だったり質問だったりをすること。

まぁ、至って簡単なことなのだが、結構質問するポイントや意見するポイントっていうのは見つからない。

しかし、教授は全員が発言するまで、次には進ませない。そうなるとゼミが終わらない。一時間二時間と・・・

こうなると僕に大きな問題が発生する。

眠気の到来だ。睡魔が僕を容赦なく襲う。元スイマーだけに。

いや、僕が元スイマーというのは今関係ないから置いといて・・・

クーラーが効いた会議室。声が心地よく響く会議室。

まるで僕に「眠れ」と言わんばかりである。様々な要素が睡眠欲を掻き立てる。スイミングだけに。

まぁ、僕が昔スイミングスクールに通ってたというのは今関係ないから置いといて・・・

眠気との戦い。これはゼミにおいて重要なことである。眠ってはいけない。眠っては・・・

・・・。

ガクンッ!!

!!

おっといけない。一瞬だけ極彩色のラビリンスに迷い込むところだったよ。

寝ちゃダメだ寝ちゃダメだ寝ちゃダメだ寝ちゃダメだ寝ちゃダメだ寝ちゃダメだ

ちっくしょう!心地よい空間と睡眠欲とのシンクロ率150パーセントォォォォ!!

さらに外からは蝉の鳴く声が聞こえてくる。このノスタルジックな夏の一コマがさらに凶悪である。

クーラー+声が響く部屋+蝉の鳴き声

最強コンボだ。ダメだ・・・抗えねぇ・・・

今日の僕は蝉の鳴き声で撃沈。そして無事に教授に怒られたのであった。

今日のゼミはまさに 眠眠ゼミ であった。






最近の眠気防止のトレンドは、シャーペンで手の甲を突く突くぼうし。

Sadistic Summer

2009年07月10日 00:08

むしむしするね。しかもこの時期、虫も多いよね。むしまみれだよね。

それを友人に言ったら華麗に無視されたよ。むしだけにってか。

いいよ、そこは上手いこと言わなくていいよ。いや、無視なわけだから上手いこと言うというよりは上手いことしてやられたよ!!

きっと”流してやる”という優しさを発動したんだろうけど、それをされてしまうと僕はとても悲しいよ。もう一度言うぞコラ。お前がリアクションするまで言い続けるぞコラ。

そしたら「この虫ケラが!!」って言われたんだけどね。無視してやったけどね。虫だけに。


というわけで、夏が近づいてきてる。

僕にとっては学生最後の夏。この夏をどう過ごしていくか。一瞬たりとも無駄には出来ないのではないだろうか。

とは言ったものの、「どういうことをすればいいのか分からない!!」と言うそこのあなた。

心配することはない。僕だってそうだからだ。

それでいいじゃないか。僕みたいなヲタ社会不適合非リア充人間がいるということを考えるだけで、自分がすんごい充実してる気分にならない?下を見て安心という日本人特有の気分になってればいいよ!

そもそもだ。君らは春夏秋冬浮かれっぱなしではないか。

春は出会いのシーズン!夏は夏祭り!秋は大学祭!冬はクリスマス!

全く嘆かわしいね。所詮君らにとって特別な季節なんてものは無いんだよ。

いつでもどこでもどいつもこいつもオランダも浮かれてる。

もうちょい君らが置かれてる状況を理解したらどうだい?「せっかくの夏なのにすることな~い!」じゃないよ。クーラー効いた部屋でウダウダしてろよ。それでいいじゃないか。それで幸せじゃないか。生きてるだけでハッピーさ。

こんなんじゃ足元掬われるぜ?

夏祭りの金魚みたいにさ。






とりあえず僕は蚊と闘うことにするぜ。な~に心配するな、すぐ戻るさ。

真夜中のダンディ

2009年07月09日 00:40

ダンディ坂野に待望の第1子が誕生(7月8日19時43分配信 スポーツ報知)

 「ゲッツ!」のギャグでおなじみのお笑いタレント・ダンディ坂野(42)が、待望の第1子が誕生したことを8日、自身のブログで報告した。

 04年8月に結婚したナツコ夫人(28)が、7日に女児を出産し、「ななみ」と命名。「昨日七月七日七夕の日に女の子が生まれました。ラッキーセブン」と、パパになった喜びをつづった。1時間だけ立ち会えたという。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

なんだろう・・・この応援せずにはいられない感じ。

別にダンディ坂野と知り合いってわけじゃないのに。何の関わりもないのに。

それなのに何故だろう・・・?こんなにも清々しく「おめでとう」が言えるのも久々な気がする。

僕は正直、スベり芸人は嫌いになれないのである。

全然面白くないのだけど。笑っちゃうくらい面白くないのだけど。いや、この場合は笑えないのだけど。いや、でもその・・・そこら辺は言葉のあやというかね・・・察しなさいよ。

スベった後の間が好き。観客とシンクロ出来てない感じが何とも言えない。

それでも彼らは渾身の力を込めてネタを続ける。僕には出来そうにない。だって見ていて可哀s(ry

褒めてるんだか貶してるんだか分からなくなってきたが、ダンディおめでとう。しっかり子供を育てていってほしい。間違えてもネタは仕込まないように。さもないと「ゲッツの子供だぜ」と言われ続けちゃうぜ。


スベること。

それは簡単なようで意外と奥が深い。

ただ単に「面白くない」の括りだけでは語れないことなのだ。

やはり先程も書いた通り、”間”が大事になってくる。

その間を外すと大変なことになる。

そんな人間が僕の身近にいる。

研究室の教授である。

彼は前触れもなくしょうもないギャグを飛ばす。

しかし笑う者は誰もいない。皆がポカーンとなる。

いかん・・・!!このままじゃ・・・!!

教授は間違いなく「面白い」と思ってギャグを発している。しかし、全然ウけてない!!それどころか、スベった後の絶妙な間すら生まれていない。

ここは僕が何とかしなければならない。

僕が取る行動はただ一つ。

笑う。「はっはっは!!」と。

すると教授、「今の面白かったろ!!」と言わんばかりに僕を見て笑う。

「ダジャレやないすか~!!ww(全然面白くないけどね。しょうもねーこと言ってないで早くゼミ終わらせようぜ)」

このやり方で僕は教授からの信頼をゲッツ!!してきたのである。

ダンディでしょ?






うん、それはないね。

MIRACLE

2009年07月08日 00:48

奇妙な名前を付けられた子どもは犯罪に手を染めやすいことが統計で証明される(Washington Times)

 最近、日本でも名前に当て字や難読漢字などを用いることが多くなり、中には「光宙(ぴかちゅう)」や「愛富(あとむ)」など一見しただけでは読み方や性別が分かりにくいものが増えてきているそうです。

 これらの名前については賛否両論でありしばしばネット上で議論になっていますが、アメリカで「奇妙とされる名前」をつけられた子どもの統計をとると興味深い結果が現れたそうです。

 フィラデルフィア州シッペンズパーグ大学のデービッド・カリスト教授がSocial Science Quarterlyに発表したところによると、あまり一般的でなかったり、異性的な名前を付けられた子どもほど、人種に関係なく少年犯罪に関わる傾向が強いということが明らかになったそうです
 
 調査ではアメリカで見られる15000の名前について知名度を設定。例えばMichael(マイケル)の知名度を100とした場合David(デイビッド)では50、Alec(アレック)、Ernest(アーネスト)、Malcolm(マルコム)、Tyrell(タイレル)では1となったそうです。そしてこの知名度が10%上がると4%犯罪率が低下するということが分かりました。

 もちろん、名前と犯罪率の関連についての統計をとる際には様々なバイアスも考えられ、例えば交通検問の警官が珍しい名前ほど車内検査を行う率が高いために犯罪を見つける率も上がってしまうということも考えられます。またFBIが指名手配している凶悪犯のリストにも一般的な名前が並んでいます。

 カリスト教授は「名前が犯罪傾向の直接の原因というわけではなく、つけるべきではない名前のリストを作るのは統計的には問題がある」としながらも「例えば劣悪な家庭環境であったり、経済的不遇であったり、両親が離婚していることなど、あまり一般的でない名前の付け方と犯罪の要因となるような社会的環境には何らかのつながりがあるようだ」と語っています。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

この記事ではやんわりと「奇妙な名前」と表現しているが、まぁ簡単な話がDQNネームだね。

この手の名前を付けられた子供は非行に走りやすいという証明がされたようである。

確かに僕も「光宙(ぴかちゅう)」やら「愛富(あとむ)」なんて名前を付けられたら確実にグレる。

しかしまぁ、カリスト教授が最後に述べている通り、非行に走りやすいというのは名前だけが原因ではないとは思う。生まれ育った環境にもよると思う。

DQNネームを付けられた子供が非行に走りやすいというよりは、DQNネームを子供に付けるような親が育てる子供が非行に走りやすいのではないだろうか。

まぁ、そんなん周知の事実であるとは思うが。


日本にはどれだけのDQNネームが存在しているのだろうか。調べてみると色々なDQNネームがあることが分かる。僕は驚愕した。

・戦争(せんそう)

・振門体(ふるもんてぃ)

・世歩玲(せふれ)

・虹(いりす)

・女優(めもりー)

・帝虎(てぃがー)

・ポチ男(ぽちお)

等々・・・

ポチ男なんているのかよ!?子供を何だと思ってる!!ペットか何かと勘違いしてるんじゃないのか!?他にも僕(しもべ)等、親が子供をおもちゃにしか思ってないのであろうDQNネームが大量に存在していた。奇跡である。

ん?奇跡・・・?

僕もDQNネーム思いついた。

奇跡(みらくる)←発音良く言うならば、ミラコォウ

うわっ!!居そうである。今、僕は誇らしげに「奇跡(みらくる)」を提示してみせたが、きっと存在しているだろう。

様々なDQNネームを調べてみて、そっとやそっとの悪ふざけじゃ生ぬるいことが分かった。

それでは、こんなのはどうだろうか。

僕が大学院時代、ブログをやっていたという歴史を子供に刻み付ける快心のDQNネームである。

精密機械(せいみつきかい)

スティック(すてぃっく)

しょうもない(しょうもない)

くだらない(くだらない)

これは居ないだろう、いくら何でも!!(知り合いに居たら連絡してくれ)

いやぁ、すっきりした。僕は今、この瞬間にDQNを超越することが出来た。

皆さんに子供が出来たら上の4つのうち、どれでも使っていただいて構わない。

新たな(黒)歴史に名を刻むことが出来るのである。

イッツァミラコォウ!!






まともな名前を付けてあげようね、子供の将来のためにも。

※参考
DQNネーム(子供の名前@あー勘違い・子供がカワイソ)

パスタと友情と男の涙

2009年07月07日 00:19

預金残高を見て、「これは陰謀だ!!」といつかの鳩○代表みたいなことを叫んだ僕。

絶対暗証番号を誰かに抜かれたんだ!!スキミングだ!!

もしくは誰かの陰謀により、勝手に何かが引き落とされたに違いない!!

絶対そうだ!!間違いない!!

・・・。

通帳記入してびっくり。

何も引き落とされちゃいねぇや。特に変わったところもないし。

はい、僕がお金を使いすぎただけやね。

それを忘れて「これは陰謀だ!!」なんて言ってたわけやね。

いやぁ、はっはっは!!すっかり鳥頭だぜ。ぽっぽっぽー鳩ぽっぽっぽー

おや?こんな時間に誰だろう・・・?

そんなこんなで一日400円生活(正確には350円ちょっと)をすることになったのだが、意外といけることが判明。

昨日は水を飲んだ。ひたすら。たまに塩水を飲んだ。砂糖水も飲んだ。

そして・・・うつぶせに寝る。

そしてひたすら朝を待つ。

すると不思議!!気分が悪くなるよ!!絶望感が心身を満たしていくよ!!

こんなズタボロの僕でも大学には行くのだ。

今日は奇跡が起こった。友人からの一件のメール。

「実家からアンデスメロンが届いたから食わん?」

そりゃ迷わず「食べに行きます!!」と返信。普段はメールの返信の遅さに定評のある僕だが、この時ばかりは光速であった。この素早さを普段の生活にも発揮できたらいいのだが。

ということで今日の昼飯はアンデスメロン半切れ。明日もご馳走になれるということで何とか生き延びれそうである。さらにインスタントラーメンまでプレゼントしてくれた友人。なんという神!!

さらには僕の経済事情を知ってか、晩飯まで作ってご馳走してくれることに。後光が射してる!!直視出来ねぇ!!

夜、友人の家に行ったらパスタを作ってくれた。

おい・・・本当にいいのか?

「おうよ!!いつでも作るぜ!!」

俺は泣いた。

なんという神だろうか。やはり持つべきものは友である。この教訓を生み出した者は天才である。

僕は猛烈に感動していた。涙でパスタがしょっぺぇよ・・・!!

僕は一気にパスタを掻き込む。

「簡単なもんなんだけどね~」

そんなことはないっす!!マジで美味ぇっす!!

僕はソースまで残さず食べた。この日食べたパスタは素材の美味しさだけじゃない。友人の優しさがプラスされて、どんな高級料理なんかにも負けない味であった。


「ご馳走様!!美味しかったよ!!」

「おう!それならよかったよ!んじゃ200円になります!」


俺は泣いた。






まぁ、そうなるわな。

僕は起き上がり水を求めようとする

2009年07月06日 00:51

俺は悪い夢でも見ていたようだ。

目が覚め、そこに見えたのは見慣れた部屋の天井。

時刻は朝の6時38分。

頭が重い。気分が悪い。

のそのそと起き上がり、水を飲む。水ってこんなにも美味しかったのか。

ダメだ。もう少し横になろう。

・・・。

どれくらい時間が経ったのだろうか。

外から誰かの声が聞こえてくる。うるせぇ。

よく耳を澄ましてみると選挙の街頭演説だ。そういえばそろそろ衆議院の選挙なのだ。

「どの政党に入れようか」と一瞬考えた。応えはすぐに出た。

「そこには絶対入れねぇぞ」

安眠を妨げる者には鉄槌を。粛清を。

そして意識は再び遠のく。

・・・。

そして目が覚めたのは昼の12時。

気分は少し良くなったようだ。

布団から出て、PCの電源を付けて、ブログを見ると・・・

あれ?記事が更新されてる・・・?

更新日時・・・0時過ぎ。

どういうことだ。僕は昨日飲んでいた。家に帰ってきて・・・

???

PC付けたか?覚えてない。

ブログの更新もきっちりしている。一体、昨日の僕に何が起きた?


酔っ払うと何をするか分からないものだ。

自分でも予想外の行動に出ることが度々ある。

家の前まで辿り着いておいて家の玄関前で寝て朝を迎えたり、合宿では森の中へ全力疾走して大捜索されたり・・・最低である。しかも本人は覚えてないんだから。

昨日は酔っ払って記憶があまり無い中での無意識更新だったというわけだ。

それでもしっかりとオチを付けようと頑張ってる姿が記事中から垣間見えるから何とも不思議なものである。

しかし、まともな内容で良かったと本気で思う。

大体、酔っ払っていると変なことを書いてしまうことが多い。

特にメール。必ず誰かしらに送っている。意味不明なメールを。

そしてその事実を酔いが醒めた朝に知って青ざめる。

毎回お酒には気をつけようと思っているのだが。

そろそろいい歳だし、お酒はたしなむ程度にしておこうと思う今日この頃である。

酔って書いたブログを朝に見て青ざめることはもうしたくない。

本当こんなことになるなんて頭が痛い。

まさに二日酔いのような気分である。






気付けばあと15日を7000円で生活しなくてならなくなった。\(^o^)/ナンテコッタイ

イケ麺

2009年07月05日 00:48

さて、今日は友人から「徳島ラーメン食いに行くぞ。起きれ」という電話が来たので食べに行くことにした。

目指すは友人お気に入りのお店。

営業時間は16時まで。余裕だな。

片道1時間半。ようやくたどり着いた。時計は15時10分。

しかし様子がおかしい。暖簾が下がってるではないか。

よ~く、店の看板を見てみる。

「営業時間が変わりました。15時までの営業です」

15時までの営業です。

15時までの営業です。

15時までの営業です。

いやいや待てと。世の中は不思議で満ち溢れている。パンフレットには16時までと書いてある。しかし実際に行ってみると15時までとは一体どういうことだろうか。

その1時間。その1時間だ。何だって1時間短縮した?1時間じゃPCゲームを1/4もクリア出来ないよ。そんな僅かな時間である。

その1時間を短縮したところで何が変わるというのだ。その1時間に僕達は泣かされている。その1時間で何もかもを失うくらいの失望感に襲われる者が存在している。それは全世界レベルで見れば大したことではないのかもしれない。しかしだ。人は相対的に物事を判断することが好きみたいだが、今こそ必要なのは絶対的な評価なのではなかろうか。その1時間で悲しむ者がいるという事実こそが重要なのではなかろうか。

本当、一杯食わされた。ラーメンは一杯も食ってないけど。


その後、香川を離れるという後輩に飲みに誘われた。

ビールを頼みビールを頼みまたまたビールを頼み、日本酒日本酒日本酒日本酒!!

これは破壊力抜群だ。僕を殺しにかかってると言っても過言ではない。酒があまり強くない僕だが、出された酒は飲まなくてはならない使命感に駆られる。その結果、かなりの酔いが回るわけだが、「僕、香川にいるのがこれで最後かもしれないんで・・・」なんて言われたら飲まなくてはならないだろう。

ずるい。ずるいよ。

一杯食わされた。いや、実際は飲まされたんだけど。

一杯飲まされた。

いや、

いっぱい飲まされた。






日々のクリックとコメントに感謝。

世界が回ってるよ。

得手不得手

2009年07月04日 00:07

ランキングの当ブログの紹介文には「農学研究科の日常がどうたら」と書いてあるのに、全く農学研究科のネタについて触れてないじゃないか。

偽装表示も甚だしい。

これじゃただの詐欺だ。

例えば農学に興味ある人がランキングを覗いてたとする。するとそこに「農学研究生の~」とか書かれたブログがあった。ちょっと見てみようとなるわけだ。しかしその人は失望するのであろう。蓋を開けてみればクソくだらん駄文ブログ。その人にとってはただの時間の無駄となるわけだ。時間を豪快に無駄に遣ってる僕みたいな人間のブログを見ることほど、時間の無駄遣いなことはない。

しかし、そんなことは日常的に行われていることなのだと思うのだ。


・「国産です」と書かれた食肉の表示

・「閉店セール」とのたまう紳士服屋

・「明日からダイエットする」とのたまう母親

・「このステージ、クリアしたら勉強する」とのたまう誰かさん(決して僕じゃないよ)

・「今年こそ戦力補強を」と毎年のようにのたまう横浜ベイスターズフロント(あれ?涙が出てきたよ)

・「政権取れたら景気回復させます!」と選挙前にお約束の如くのたまう政治家・・・おや?こんな時間に誰か来たようだ・・・


非常によろしくない。非常に世知辛い世の中。世の中は悪意で満ち溢れている。

このままじゃよろしくない。だから今日は少し”農学研究生の日常”みたいな話をしようと思う。

今日、研究室の後輩がノートを持って僕の元にやってきた。

「あの、これの反応機構教えてください」と。

僕の研究室は農学という名にしては異質な感じなのである。他の研究室では植物や動物を使って実験を行っているが、僕のところでは生物を使うことは皆無。
有機合成をバシバシと行う研究室である。そりゃもうストイックに。
様々な分子を設計し合成する。さらにそれを用いて様々な産業に応用する。そういった感じの研究室。相当説明を省いてしまったが、理学部化学科といった感じなのである。

そして僕は今日、設計した分子の反応機構の説明を後輩に求められたわけだ。

僕は大学院修士2年生。最高学年である。それくらい「おぉ。任せとけよ」と言わなくてはならないだろう。

なんと頼れる先輩であろうか。

そんな頼れる先輩、脂汗が出てきてるぜ。

うむ。どんなに頼れる先輩にだって分からないことはある。苦手なことだってあるのだ。

ちょっと使い方が違うかもしれないが、”弘法も筆の誤り”という言葉がある。

僕は有機合成をやり始めて4年目。大体のことは何となく分かる。しかしね・・・そりゃダメな時だってあるんだよ!!泣きたい時だってあるんだよ!!

「ごめん、ちょっとこれは分からないなぁ・・・。えぇ~・・・きっとここがこうなって・・・こうなるんじゃね・・・?」

これが僕に出せる精一杯の答えだ!!ごめん!!これじゃただの、”弘法も平謝り”だ。

勇気を出して教授にこっそり聞いてみるのもいいかとも思った。

きっと教えてはくれるだろう。

しかし上手いこと聞かないと、「君はもうM2でしょうが!!」と怒られること間違いなし。

だからと言ってこのまま曖昧な感じだと夜も眠れない。10時間しか。

誰か僕に勇気をくれよ。

勇気合成してくれ。頼むから。






日々のクリックとコメントに大いなる感謝。

しっかし、あの時の後輩の「うわぁ・・・」って顔が忘れられないよ。

アダルティー

2009年07月03日 02:02

<児童ポルノ禁止>与野党が法案の修正協議入り(毎日新聞 - 07月02日 19:43)

 18歳未満の性的な画像を所有する行為への規制を強化する児童買春・児童ポルノ禁止法改正案について与党と民主党は2日、それぞれが国会提出している法案の修正協議に入った。6日に修正案を出し合い、今国会での成立を目指す方針。

 協議では、インターネット事業者の捜査協力や被害児童の保護に関する規定を盛り込む点で合意し、隔たりの大きい(1)児童ポルノの定義(2)規制する行為を「単純所持」(与党案)にするか「有償・反復取得」(民主党案)にするか(3)恣意(しい)的な捜査を防ぐ客観性の確保--の点でも、歩み寄りを図ることになった。【丹野恒一】


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


さて、いよいよ本格化しそうな児ポ規制であるが、一体どのような形で収まるのだろうか。

様々な憶測が飛び交っている。

しっかりとした線引きをしないと大変なことになるだろう。

単純所持を規制してしまうと問題になってくるのが、子供の成長過程をスナップとして所有しているだけでそれがアウトになるということがありうるということ。

例えば「孫の顔が見たい」という親の声に応えて、メールで子供の写真を送るとする。もしその中に裸になってる子供の写真が混じってたとする。すると・・・アウトーー!!となる可能性があるのだ。

さらに極端な例だが、ジャニーズジュニアの写真集で、上半身裸で写ってるものがあれば・・・それもアウト!!

宮沢りえのヌード写真集も廃棄とかいう意見も出てたし、もう何が何だか分からない。カオスである。

一番怖いのが、気に食わない人間を社会的に抹殺出来てしまうこと。メールでそういった類の画像が送られてきて、それを開いたら・・・アウト!!どうしろというのだ。

皆さんは今のうちにPCのフォルダを確認しといた方がよろしいぜ。


それにしてもこの話では、「二次元オタざまぁww」と思ってる人がいるみたいだが、そう思っている人だって知らず知らずのうちに懲罰の対象になるかもしれないということを頭に入れておいたほうがよいであろう。

もはや二次元とか三次元とかそういう次元の話ではないのだ。どういう次元だ?
あ~・・・つまり・・・その・・・三次元の世界で起きてる二次元規制のはずが結局のところ三次元を痛めつける・・・

だからさ・・・もうみんな四次元になっちゃえばいいよ。ドラえもんになっちゃえ。

大体あれだよ?今回の規制ではドラえもんのしずかちゃんの入浴シーンだって問題になるんだぜ?


話は戻って、行く行くは18歳未満を取り締まり、陵辱モノなどの人権を侵害するもの、さらには学園モノのゲーム、さらにさらに学園モノのアニメまでも規制されていくとか・・・
確かに陵辱モノとかはどうかと思うが、絵に人権とかどうとか言われてもねぇ・・・
それに学園モノがダメになったらこの世のマンガの多くが葬り去られてしまう・・・

「アニメ見たりゲームばっかやってると現実とバーチャルが分からなくなって犯罪犯すんだ!」とか言うけどね・・・

ゲームはゲーム。現実は現実なのだよ。

そんなこと言ってる奴が一番区別出来てないのだ。

もうちょっと理解を。
何でもかんでも規制するんじゃなくて、もっと根本的な問題を探ろうぜ。これじゃ、ただの臭いものには何とやらってやつだよ・・・
このままじゃ日本は規制だらけの窮屈な国家になってしまう。


そういえば話は変わるけど、先日学校帰りの小学生が気持ちよさそうにポルノグラフィティを熱唱しながら歩いてた。

僕は思った。

これが本当の児童ポルノやな~って。






ミュージックアワーの季節がやってきたなぁ・・・
日々のクリック&コメント感謝。

情熱の真っ赤なバカ

2009年07月02日 00:08


松戸市消防局で激しいしごき、新人消防士の半数退職(7月1日21時31分配信 読売新聞)

 新規採用の訓練中の新人消防士に1万回の腕立て伏せなどのしごきをしたとして、千葉県松戸市消防局は1日、幹部ら11人を減給などの処分にしたと発表した。

 訓練に参加した消防士10人のうち5人が相次いで退職する事態となった。

 4人は4月、「しごきやいじめで退職を余儀なくされた」と松戸市に計1210万円の損害賠償を求める訴えを起こしている。

 松戸市消防局によると、訓練は2005年度に採用された消防士10人に06年3月から約2か月間、市消防訓練センターで行われた。指導職員が、「訓練中にヘルメットを外した」と新人にコンクリート上で約1時間正座させたり、「代わりはいくらでもいる」「ぶっ殺してやる」などの暴言を吐いたりした。

 さらに、訓練中に「ここを辞めろ」と強要された新人は、休日に呼び出され、腕立て伏せ1万回を命じられた。800回以上続け、力尽きたという。

 辞めた新人から2月に訓練指導記録の証拠保全の申し立てがあったことから、内部調査していた。

 この結果、訓練の責任者だった当時の企画管理室長ら幹部ら3人を減給1か月(10分の1)、指導にあたった職員ら4人を戒告の懲戒処分とした。また、他の職員4人を訓告や厳重注意とした。

 松戸市消防局の佐久間峰男局長は「パワーハラスメントやいじめがあったと受け止められても仕方がない。市民の信頼を損なったことは遺憾。心からおわびする」と陳謝した。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

消防士や警察官たる者、市民の生活を守るためには日々の鍛錬が必要だ。

それを承知で消防士や警察官を志望するのだと思う。

しかし10人中5人が辞めてしまうというのは相当なものだったに違いない。

新人を鍛えることはしっかりとしなくてはならないが、きっと今回問題となっているのは「ぶっ殺してやる」等の罵声を浴びせたことが大半を占めているのかもしれない。1万回腕立てというのも現実的ではないし。

全体的に見て、やりすぎな気は確かにする。


きっとその指導職員は新人が来るということで張り切ってしまったのだと思う。

そして悪いハッスルの仕方をしてしまったと。

そういう時って必ずといって良いほど、悪い結果しか生まない。

アレである。普段の僕らに当てはめて考えてみると、みんなを面白がらせようとして無茶したら何か軽い事故が起きて全員「うわ~・・・」みたいなアレ。


その人には有り余る情熱があったに違いない。

「俺がバシバシ鍛えるんだ!!よぉ~し見てろよ!!ふははは!!」みたいな。

情熱の炎を燃やしすぎたね。うん。

それでも少しは冷静になるべきであった。

だって消防士は炎を消すのが仕事なんだから。







気付けば緑のランキングが大変なことになってる。何かのドッキリではなかろうか。
日々のクリックとコメントに感謝。

Pride (In The Name Of Love)

2009年07月01日 00:04

今日、研究室で「昔、プライドっていうドラマありましたよね~」という話になった。

どうしてそういう話になったのかはあまり覚えていないが。

プライドね~・・・

実は僕はあまり見ていないというね。

というよりドラマというものを昔から見てこなかったのだ、僕は。

というのも、小学校の頃は21時以降テレビ禁止だったし、中学校の頃は22時までと規制は緩和されたが21時過ぎにテレビを見ていたら親がいい顔をしないので、基本的に21時過ぎは机に向かって勉強・・・する振りをしていた。(マンガを読んでいても見つかったらあまりいい顔をされないので、ダミーとして教科書か小説を脇に置いて誤魔化しながらであったのだが。)

その結果、ドラマの話には付いていけない。

そしてそのような生活をずっとしていたためか、今でもドラマは全く見ない。

だから俳優や女優の名前は全く知らない。いや、全く知らないわけじゃないんだけど、そういう会話になったら恥をかいてしまうこと必至。(いつしかの飲み会でそういう会話のオンパレードになって、家に帰ってから一人咽び泣いたのもいい思ひ出・・・)

そして冒頭に「プライド」の名前を出したが、実のところあらすじを全く知らない。親切な方はコメント欄でそっと教えて欲しい。誰も教えてくれなかったらググるから。カスとか言わないでお願い。


プライドといえば思うことがある。

僕は他人に比べてプライドは強くないほうである。

多少の心外な言葉を言われてもまぁ、黙っていられる。

しかし、そんなミジンコレベルのプライドしか持たない僕にも、そのプライドに火が付く日がやってきた。

研究室での教授とのミーティング。どうやら僕がやっている研究と同じようなことをやっている某お隣の県の某大学が僕以上のデーターを出したとのこと。

今すぐ追い抜けとは言わないが、こちらも置いていかれないように頑張ろうとのこと。

しかしそうは言われても簡単ではない。それに別に僕がダメだったとしても、形だけでも修論を書けば教授としては不本意ながら卒業はさせてくれるだろう。

しかしそんなんでいいのだろうか。

卒業はさせてもらえたとしても、どうも納得がいかないのではなかろうか。

このままじゃ終われない。誰もがあっと驚くような結果を出してやろう。そして気持ちよく卒業してやろう。

出来るよな?出来るんだよな、俺!?

教授も期待してくれている。

「難しい実験になるけど・・・出来るよね?」

「メ・・・メイビー・・・」






カッコ悪っ!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。