スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛いもの食べて喉がカラカラ。なんちってな!!

2009年06月30日 00:13

最近、毎日更新してるのは暇だからじゃないよ。

リア充、消えろ!!

暇なんじゃない。少し時間があるだけ・・・。暇なんじゃないんだ!!そこのところ分かってほしいな。

リア充、消え失せろ!!

それにしても最近は暑い。暑いというかジメジメするねぇ・・・

僕のポリシーである「7月まではクーラーつけない」というのも破られてしまったよ。

大学・大学院生活5年間、守れたことないよ。・・・ってこれはもはやポリシーじゃねぇな。

しっかし暑い。あまりの暑さで雨も降らないせいで、香川県は今年も無事水不足の夏を迎えられそうである。水不足が無いと香川に夏が来たって感じしないからね。それなのに、うどんを作るために水は大量に使う我らがロックンローラー・香川県をどうぞよろしく。

今日はあまりの暑さにやられて、激辛カレーを作ることにした。

鷹の爪にレッドペッパーにターメリックにレッドペッパーにレッドペッパー。

そしてついでにレッドペッパー。さらにレッドペッパー。大盤振る舞いレッドペッパー。

完成品の見た目は至って普通のカレーライス。これなら食べられそうだ。

・・・。

人間には「常識」という名の足枷が嵌められている。その足枷を外すことは容易である。しかし、それにはさらに「自己責任」という更なる足枷が嵌められているのだ。

それを外すことは容易ではない。何を失うか、何を得ることが出来るか。その二つを天秤に掛けて慎重に検討せねばならないのだ。

僕に失うものがあるか?無い。何を得られる?ネタである。

どちらが重い?迷うことなく、ネタである。

そう思ってやってしまった結果が・・・

「死」であった。

僕はレッドペッパーの底力を侮っていたようだ。

奴らは一発一発のパンチ力は決して強くない。

しかし、奴らは岩を水滴が長年かけて砕くように、建造物を風が長年かけて風化させていくように、僕の五感を破壊していきやがった。

もはや中盤辺りから何を食べているのかさえ分からない。カレー?嘘だろ。これはエゴだよエゴ・・・

辛ぇよ!!カレーだけに。

終盤は汗が滴り落ちてきた。鼻水まで出てきた。ほとばしる痛覚が五感を研ぎ澄ますどころか寿命を縮めていっているのがよく分かった。僕はとんでもないものを敵に回していたのだった。


歴史が苦手な人間がよく、「昔のことなんて知ったってしょうがねぇよ!!」って言うじゃない?

そんなことねぇよ。人間は昔学んだことを活かすことで日々成長していってる。

人は一発殴られたら、もう一度殴られそうになった時、防御体制をとる。それは過去に「殴られた」という歴史があったからである。その賜物が「防御をとる」という行動に他ならない。そんなようなことを2ちゃんねるで見たような気がする。

だから僕はもう二度と激辛カレーなんて作らない。まさかこんなところで歴史の尊さを学ぶとは思いもよらなかった。

人は痛みを知ることで、他人に優しくできる。そして自分ももう一度同じ痛みを味わいたくないから、同じことを繰り返さない。

それの積み重ねが世界平和に繋がるんじゃないかな?

とは言ったものの、そんなことを激辛カレーなんかに教わるなんてね。

それに普段しょうもない記事を垂れ流してる僕がこんなこと書いても説得力がまるで無いではないか。


今日作った激辛カレーとかけまして、Mr.stickの人生と解きます。

その心は?

とても世知辛い。






山田君、座布団全部持って行きなさい!
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。