スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

variety

2009年06月06日 17:04

バラエティー番組を見てると、思うことがある。

果たして本当の意味でバラエティーと呼べるのかと。

特にお笑い番組。

バラエティーとは、
1.変化にとむこと,多様性 2.(いろいろな)集まり 3.(動・植物などの)変種,別種;種類
という意味である。

しかしながら、出てくる芸人は皆、しょうもないのばかり。このブログのようにしょうもないのばかりである。

それはどうしたものか。

多様性なんてものは存在していない。

うんざりするほど、同じようなハイテンション芸ばかりである。

音楽番組も然り。

同じような人たちが同じような曲を歌っている。

が、しかし先日驚いたことがある。

EXILEっていつの間にあんな人数になったの?

アイドルグループなの?何なの?分からない。

気付けば48人もいるなんてことになったりして。

そしてCDを買って、ポスター全48種類集めよう!みたいなことになっちゃったり?あ、これはタブーなのか?

しかし、あの件には度胆を抜かされたものだ。

全種類集めるためにはいくら必要か?

奇跡が起きて、全くダブらなかったとして、
3000円×48種類=14万4千円。

驚愕である。しかも全種類集めたら握手会だったか何だかに参加できるとかいうのがあるんだからもう…

それを踏まえると、あまりバラエティーに富むのも考えものなのかもしれない。

だからお笑いバラエティー番組も、今のままでいいのではないだろうか。

バラエティーに富んでなくたっていい。

逆にそういうお笑い番組の数はバラエティーに富んでいるのだけれど。

また今日もたくさんの芸人が滑り続けることだろう。

まぁ、これ以上このことについて触れるわけにはいかないね。そういうのが好きな人だっているわけだからね。

ちょっと口が滑ってしまったね。







コメント返しは8日か9日にします。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。