スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛いもの食べて喉がカラカラ。なんちってな!!

2009年06月30日 00:13

最近、毎日更新してるのは暇だからじゃないよ。

リア充、消えろ!!

暇なんじゃない。少し時間があるだけ・・・。暇なんじゃないんだ!!そこのところ分かってほしいな。

リア充、消え失せろ!!

それにしても最近は暑い。暑いというかジメジメするねぇ・・・

僕のポリシーである「7月まではクーラーつけない」というのも破られてしまったよ。

大学・大学院生活5年間、守れたことないよ。・・・ってこれはもはやポリシーじゃねぇな。

しっかし暑い。あまりの暑さで雨も降らないせいで、香川県は今年も無事水不足の夏を迎えられそうである。水不足が無いと香川に夏が来たって感じしないからね。それなのに、うどんを作るために水は大量に使う我らがロックンローラー・香川県をどうぞよろしく。

今日はあまりの暑さにやられて、激辛カレーを作ることにした。

鷹の爪にレッドペッパーにターメリックにレッドペッパーにレッドペッパー。

そしてついでにレッドペッパー。さらにレッドペッパー。大盤振る舞いレッドペッパー。

完成品の見た目は至って普通のカレーライス。これなら食べられそうだ。

・・・。

人間には「常識」という名の足枷が嵌められている。その足枷を外すことは容易である。しかし、それにはさらに「自己責任」という更なる足枷が嵌められているのだ。

それを外すことは容易ではない。何を失うか、何を得ることが出来るか。その二つを天秤に掛けて慎重に検討せねばならないのだ。

僕に失うものがあるか?無い。何を得られる?ネタである。

どちらが重い?迷うことなく、ネタである。

そう思ってやってしまった結果が・・・

「死」であった。

僕はレッドペッパーの底力を侮っていたようだ。

奴らは一発一発のパンチ力は決して強くない。

しかし、奴らは岩を水滴が長年かけて砕くように、建造物を風が長年かけて風化させていくように、僕の五感を破壊していきやがった。

もはや中盤辺りから何を食べているのかさえ分からない。カレー?嘘だろ。これはエゴだよエゴ・・・

辛ぇよ!!カレーだけに。

終盤は汗が滴り落ちてきた。鼻水まで出てきた。ほとばしる痛覚が五感を研ぎ澄ますどころか寿命を縮めていっているのがよく分かった。僕はとんでもないものを敵に回していたのだった。


歴史が苦手な人間がよく、「昔のことなんて知ったってしょうがねぇよ!!」って言うじゃない?

そんなことねぇよ。人間は昔学んだことを活かすことで日々成長していってる。

人は一発殴られたら、もう一度殴られそうになった時、防御体制をとる。それは過去に「殴られた」という歴史があったからである。その賜物が「防御をとる」という行動に他ならない。そんなようなことを2ちゃんねるで見たような気がする。

だから僕はもう二度と激辛カレーなんて作らない。まさかこんなところで歴史の尊さを学ぶとは思いもよらなかった。

人は痛みを知ることで、他人に優しくできる。そして自分ももう一度同じ痛みを味わいたくないから、同じことを繰り返さない。

それの積み重ねが世界平和に繋がるんじゃないかな?

とは言ったものの、そんなことを激辛カレーなんかに教わるなんてね。

それに普段しょうもない記事を垂れ流してる僕がこんなこと書いても説得力がまるで無いではないか。


今日作った激辛カレーとかけまして、Mr.stickの人生と解きます。

その心は?

とても世知辛い。






山田君、座布団全部持って行きなさい!
スポンサーサイト

家を守ろう

2009年06月29日 00:07

今日、朝(昼?そんなはずは・・・)起きて近所の自販機まで缶コーヒーを買いに行き、家に戻ってきてドアを開けたら頭上にボトォ!!と何かが降ってきた。

何や何や?何事や!!

ヒョイと掴むとスルリと指と指の間をすり抜けていった。

!?

ギイヤァァァァァ!!という悲鳴を上げたくなったが、ここは我慢。近所に聞かれたらどうする。通報されたらどうする。死ぬほど恥ずかしいではないか。いや、まぁ死ぬほど驚いたんだけどさ。

Mr.Stickは二度死ぬ。ってやかましいわ!!

落ちてきたのは、まだ子供のヤモリ。

何を隠そう、僕はそういった爬虫類は苦手である。抹殺したい。非常に抹殺したい。

しかし、彼奴は壁と食器棚の間に逃げ込んで出てこない。

信頼度には定評のあるWikipedia大先生に聞いてみたところ、「夜行性で、昼間は壁の隙間等で休む。獲物目当てに灯火の周りに現れることが多く、驚くと壁の隙間等の狭い場所へ逃げ込む」とのこと。

迷惑なんだよ!出て来いよ!!

僕はとある決意をした。今こそ、人間の底力というものを見せ付けてやる場面なのではなかろうか。

ヤモリなんかに怯える?まさかな。俺がヤモリごときに少しでも心を惑わされるなんて一生の不覚。

『必殺!ヤモリなんて最初から家に入ってない!』 の発動だ。

人類にとっての最終手段である。無かったことにすることにおいては、地球上に存在するどの動物よりも優れていることだろうよ。

いや、仮にヤモリが家に入り込んだことを受け入れたとするよ。仮にだよ?仮に。

またまた、正確さに定評のあるWikipedia大先生に聞いてみたところ・・・、「害虫を捕食することから家を守るとされ、漢字では「守宮」(あるいは「家守」)と書かれよく似た名のイモリ(井守)とともに古くから親しまれていたことが伺える。人間に対しては臆病で攻撃性が低く、食害や咬害を与えることもないため、有益な動物である。縁起物として大切にする風習もある」とのことだ。

家を守ると書いてヤモリ!!

そう考えると、家にヤモリがいたとしても問題は無いのではないか?仮にだよ、仮に。

結論:最初からヤモリなんて家に入っていない


しかし、これがヤモリではなくてタモリであったらどうだろうか。

『最終奥義、無かったことにする』は有効なのであろうか。

否。効くはずがない。

パニックだよ、パニック。

彼はアルタにいなければならないんだよ。平日昼の12時はどうするつもりだよ?

日本国民にとって、タモリがいない平日昼12時なんて平日昼12時じゃないよ。

許されるわけがない。許されないよ。すぐに新宿に戻れよ。

マジでそんなことがあったらショッキングだよ!!間違いなく警察に電話するよ!!

これが本当のテレフォンショッキングってか!!

「今すぐ、大至急家に駆けつけてもらっていいかな!?」

「いいとも~!!」

やかましいわ!!






壁に張り付いてるのは・・・ゴミだね、ゴミ!!HAHAHA!!

お色気全開

2009年06月28日 01:11

サンテレビお色気番組、即打ち切り…BPOの質問通告で(6月27日16時11分配信 読売新聞)

 放送界の第三者機関「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の青少年委員会が、UHF局のサンテレビ(本社・神戸市)の番組「今夜もハッスル」についての質問書送付を通告したところ、サンテレビは27日の放送を最後に番組を打ち切ることを決めた。

 問題になったのは、AV女優による官能小説朗読や、アダルトゲーム紹介などで構成される深夜の“お色気番組”。昨年4月にスタートし、チバテレビやテレビ神奈川なども含め計5局で放送されている。

 BPOによると、苦情件数が多かったため、23日の青少年委員会で議論。委員からは「ポルノまがい。局の見識を疑う」など厳しい意見が出た。そこで、番組趣旨などを問う質問書を送付することを決め、サンテレビに伝えたところ、同局はあっさり放送終了を決めた。BPOが「青少年に悪影響がある」などの見解を出した後に番組が終了したことはあったが、議論しただけでの打ち切りは異例。

 サンテレビは「苦情が増えていたことや、BPOで議論されたことを受け、改めて検討した結果、放送基準を逸脱していると判断した」としている。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

あれも規制。これも規制。

規制だらけでガッチガチな国にするつもりか?

気付けばお色気番組と呼ばれる、世の男性を喜ばせるような番組を見なくなった。

たまにテレビ東京の深夜ドラマでそういうシーンがあったりなかったり・・・と、お色気要素は薄まりつつある。

昔を振り返ってみると、まだ僕が小・中学生の頃。

「早く寝なさい」攻撃を華麗にかわしながら、親が寝るのを我慢強く待ち、テレビの電源を付ける。そしてお色気番組が始まるのを今か今かと待ち続ける。そして時間がやってくる。テレビ画面に映し出されたものは・・・!!

神キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

こんなにも最高の瞬間を昔は味わえていた。しかし今では(一人暮らしを始めたからというのもあるのだろうが)そのような感動は無くなってしまったような気がする。

そうなってしまったのも、自称・正義の味方(笑)のPTAだったり放送倫理・番組向上機構がうるさく言い始めたからなのだろう。

何が「青少年に悪影響」だ。子供が良く育つも悪く育つも親の躾次第なのではなかろうか。そういう番組を見ようが見なかろうが、まともな教育を受けていない子供はダメになる。責任転嫁も甚だしいではないか。

どこぞの調査では「そのような番組が悪影響を与えると思うか否か」というアンケートで「与えると思う」と答えた人間が80%という結果が得られたらしい。

このデーターが正確なのかどうかは定かではないが、これこそ愚の骨頂。

それに、こんなの子供に限ってではない。TVが言ってることを鵜呑みにしてやーやー言ってる大人もたいがいな気がする。 以前のマスクブームなんてまさにそれ。

日本は教育が良くないとか治安が悪いとかほざくが、世界的に比べて断トツでマシな国なのに。むしろ教育水準はちゃんとしてる方だと思う。

子供に有害?子供で銃持ってたり、麻薬吸ってたり未だ奴隷で売られてる国々より日本はヤバイというのか?

TVごときで有害?笑わせるな!!


お色気番組やエロゲーは性犯罪に繋がるから規制!!

タバコは健康に悪いから規制!!

蒟蒻畑は喉に詰まるから規制!!

それならば・・・

餅も喉に詰まるから規制!!

車は人撥ねたら危ないから規制!!

飛行機は落ちたらみんな死ぬから規制!!

包丁は人殺す武器になるから規制!!

酒はアル中になって危険だから規制!!

スポーツは怪我するから規制!!

食べ物には全て発癌性があるから規制!!

それらを作り出すのは人間なので人間が生きるの規制!!

そして誰もいなくなった。

THE END


あまりに極端な話だが。規制でガッチガチに縛るのはどうなのかと思うわけだ。

「日本は性犯罪が多い」とほざいているが、日本は世界的に見ると性犯罪は少ない国なのである。

何を根拠にそういうことを言っているのか示して欲しい。そうでないと納得できないのが正直なところである。


それともう一つ。

苦情を言う人間はよほど暇なのだろうな。

見ていて「うわぁ・・・」と思ったのなら今度から見なければいいだけの話なのに。そして子供がいるなら見せなければいいだけの話なのにね。

頭に寄生虫でも湧いてるんじゃないのか?規制だけに規制虫ってか。絶賛規制中!!みたいなね。

何にせよ、規制する人間を規制して欲しい今日この頃である・・・。







そういやどうなる!?児ポ規制!!

6月の花嫁 ~死神のジューンブライド~

2009年06月27日 09:00

紳士同盟アリス企画に参加することにした。

テーマは「6月の花嫁」

どのような形でもいいから、そのテーマに沿って記事を書くというもの。

で、今まで当ブログではこのような企画に無縁で来ていたのだが、そろそろ200記事を達成するので節目として新しいこともやっていこうと思った。

だから今日は物語でも書こうと思う。面白い話を書ける自信は無いのだが、頑張りたいと思う。話はペラペラでも気にするな!!

長文!閲覧注意!!


[ 続きを読む ]

ガス爆発

2009年06月27日 00:52

昨日は久しぶりに実験室に一人しかいなかったので、何でもやりたい放題であった。

やりたい放題と言っても、それはもちろん常識の範囲内で。

やったことといえば、音楽聴きながらの炸裂エアギター、ロックンロールを聴きながら「いえいやぁぁぁぁぁ!!」と魂のシャウト、ノリノリという域を超えた鼻歌、むしろ歌等である。

いや、まぁこれだけやってたら常識の範囲外だろと言われてしまってもおかしくはないかもしれない。完全に気が触れちゃった可哀相な人だ。

撤回。完全に壊れてたよ。別にいいじゃないか。仕方ないじゃないか、一人なんだから。一人の実験室ほど寂しいものはないんだよ?

あと、もう一つ気兼ねなく出来るものがある。

それは放屁である。

それはもう・・・こいたよね。思う存分こいたよね。もうプリプリと。おまけにも一つプーリプリと。

屁を遠慮なくこけることにはこの上ない幸福感を感じた。

一種のエクスタシー要素だ。生理現象を愛のままにわがままに受け入れることが出来たのは久しぶりではなかろうか。

屁。それは生理現象であるにも関わらず、人生で最も恥ずかしいものの一つとして恐れられてきた。

教室でここうものなら、「何か臭くね?」「あ、本当だ」「誰か屁こいたろ」「誰誰?」「あいつじゃね?」「あぁ、あっちの方向から臭うよね」「おいおい、屁こくなよ~!」「くっさ~!」「先生!○○君がおならしました~!」と、教室内は大パニックである。

次の日から屁をこいた者のあだ名は「テロリスト」「化学毒殺犯」になること間違いなし。

これに一種のアイデンティティを見出し、上手く自らのDNAに刻むことが出来れば明るい人気者になれるのだが、現実では難しい。そうそう出来るものではない。

いじられるのは大抵が目立たない大人しい人間なのである。

僕はそんな状況に警鐘を鳴らしたいと思うのだ。

屁を我慢すると様々な問題が発生する。放出されるべき屁は血管を駆け巡り、体臭や口臭の原因となる。

何と言っても、爆発的な放屁が出来ないストレスは計り知れない。

あ!でかいのが来る!と思っても周りの目が気になって放屁出来ないのだ。これは相当なストレスだ。

出したい屁も出せないこんな世の中じゃPOISON!!


しかし昨日の僕は一味違った。一人というアドバンテージを手に入れた。ストレスが多い現代社会において、こういう空間を持てるということは生物学的勝利に一歩近付けたと言っても過言ではないだろう。

一人だと凄いね。凄い。そりゃもう爆発的な放屁だった。

一人だと人間、乱れちゃうからね。クラスのアイドルと言われてる子だって一人じゃ凄いからね。それはもう、こいてるよ。思う存分屁こいて乱れちゃってるからね。変な幻想持ってるかもしれないけどさ。「アイドルは屁こかない!うんこしない!」とか言いたい気持ちも分かるけどさ。アイドルだって屁こくさ。うんこだってするさ。受け入れてみるんだ。すると意外と嫌な気分はしないよ。むしろそれによってあっち方面の趣味に走っちゃったとしても、それはそれでいいんじゃない?敢えてどういうプレーかは言わないけど。

つまり、昨日の僕は乱れてたという話。乱れまくり。誰にも見られたくない自分だけが知ってる魔法の呪文、放屁。どうだい、壮大なスペクタクルだろ?

よし!!テンション上がってきた!!みなぎってきた!!

そしてさらに放屁をかました後に、エアギターかましたところで後輩が入ってきた。

死にたいと思った。

この時に思わず出た言葉、「いや、この曲のギターソロがカッコいいんだよ!!ははは・・・!!」

さっきまで勢いよく放たれていた屁のように空気中に消えてしまいたいと思った。






家に帰るとパソコンが「びびび・・・びちびち・・・ぶぶぶぶ・・・」という音を立てていた。お前もそんな気分だったのかい?


【お知らせ】
紳士同盟アリス企画に参加する。
それの出展作品を今日の午前9時にアップする予定。長文なので土日が暇な人はぜひ見てやってほしい。当ブログでは今までに無かったような記事になっている。ハードルを限りなく下げて楽しみにしていてほしい。

【訃報】
マイケル・ジャクソン氏が亡くなった。
彼は最高のパフォーマーだったと思う。ご冥福をお祈りします。

寺門ジモン

2009年06月26日 00:52

近所のお寺の門に名言やら格言やらが貼られている。

2週間に一度くらいの頻度で張り替えられるのだが、毎日通りがかる度に見てしまう。

先週から、やたらと心に響く名言が貼られている。

「求めない すると今の自分が大切になる」

深い!!深いぞ!!

人は何かを求めずにはいられない生き物だ。

何か一つのものを手に入れるとさらにそれ以上のものを手に入れよう、何か一つのことを見ればさらにそれ以上のものを見ようと求める。

それがエスカレートし、時に人を傷つけ、酷い場合には自らを投げ出してしまうことも。

だからいっそのこと求めない、という生き方をしてみるといいのかもしれない。

無欲である。

欲望の塊は見ていて醜いもの。周りを顧みずに己の欲望だけに忠実に生きる。

それが必ずしも悪いとは言わないが、好結果を生み出すとは到底思えない。

だから何も必要以上に欲しがらない。そうすることで逆に思わぬところから幸運が舞い降りてくることだってある。


必要以上に何かを欲して悪い結果を齎した例を僕は知っている。

・もっと力を!!もっともっともっとぉぉぉ!!・・・!?ぐ・・・ぐぐぐ・・・う・・・うあぁぁぁぁぁ!!・・・馬鹿め、力を欲しがるあまりにその力に自らが喰われてしまったか・・・ みたいなマンガでよくあるシーン

・ちょっと前までの読売巨人軍

・道具を使ってジャイアン達にしつこく報復をするのび太

・小学校時代の友人F君のパーツ付けまくりでカオス状態のミニ四駆

・「ビタミンを採らなきゃダメなんだ!!」と言ってビタミンサプリメント過剰摂取で尿結石が出来た友人Y君

何事もほどほどに欲することが大事なのである。(戒めとしてこんな商品があるらしい→http://www.alesinadesign.com/glass_ds.html

僕はお寺を通るたびに思う。

今、僕は満たされているか?と。

考えてみると僕は相当恵まれてることに気付く。何不自由なく大学院に通えてるし、住居もあるし、飯にも特に困っていない、対人関係も悪くは無いはずだ。

いや、むしろ今ここで生きている。

それだけで幸せなのではないだろうか。これ以上を望むなんておこがましいではないか。

僕は決意した。これ以上を求めない。

僕は近所のお寺に気付かされたのだ。大事な素敵なサムシングを。

求めない。ランキングクリックも求めない。

今ブログをやって、今素晴らしいブロガーさんと繋がれているだけで十分なのだから・・・

・・・。

いや、別にバナーを押すなっていうわけじゃないんだよ。別に押したって構わんのやで?

いや、僕は求めないと言ったけどさ・・・それとこれとは違うわけやないすか?

だからその・・・

やっぱり求めるわ。うん、求めるよ。

コメントだって欲しいよ、そりゃ。コメント求めないとか狂気の沙汰だよ!コメントくれ!!いや、コメントくださいお願いします。

あ~あ・・・台無しだよ!!

せっかく途中までいいこと書いてんな、俺!!とか思ってたのに。

読む人もジーンと来とったんちゃうかな?寺院だけに。






クリックしてもいいんだよ?ごめんなさい、してくれたら嬉しいです。

ジェントルメン

2009年06月25日 00:55

「男性専用車両」の設置は否決 西武HD (6月24日22時6分配信 産経新聞)
 
 西武鉄道を傘下に持つ西武ホールディングスは24日、埼玉県所沢市で株主総会を開いた。株主提案として痴漢冤罪(えんざい)を防ぐため「男性専用車両」の設置を求める異例の議案が出されていたが、筆頭株主の米投資ファンドなどの賛同が得られず否決された。

 株主からは乗客の男女比についての質問は出たが、男性専用車両そのものについての質問はなかった。株主提案ではほかに、株主利益を図るため早期上場を定款に盛り込む議案が出された。定款への記載は否決されたが、会社側は「上場を経営の最重要課題として取り組んでいる」と説明した。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

男女平等という声が叫ばれ、女性が社会に出るチャンスが増したのは周知の事実。

男女平等という声が叫ばれ、何もかもが上手くいく。

それは幻想だ。

ここから書くことは本当に極論だと思うし、ただのガキが書く戯言だと思って読んでほしい。マジレス批判とかくれぐれもやめてね。別に「男だからどうとか、女だからどう」とかそういうことを言いたいわけじゃないので悪しからず。



少し乱暴な言い方になってしまうが、男女平等なんてクソくらえだ。

本当の意味で男女平等の世の中にしてみよう。

そうなると危険な世の中だ。

今では「力仕事は男」となってる流れが、全く関係ないものとなる。つまり男だろうが女だろうが、力仕事はさせますよと。泥臭い仕事だろうが汚い仕事だろうが男女関係ありませんよということ。

それだけじゃない。極端な話、今でこそ男女分かれてやるものが真の男女平等では一緒くたになるってことでしょ?何かと不都合が生じてくるんじゃないの?

女性には出産という大仕事が存在している。この時点で、何もかもを平等にするわけにはいかないじゃないか。妊娠中だからといって特別扱いは出来ない。何せ男女平等なのだから。

そして、か弱い女性が男性をぶちのめせるか?

そういう考えでいくと、男女平等なんていうものはとても危険なことなのではないかと。極端な話ね。


さて、最近はどうだろうか。やたらと女性優位な社会ではなかろうか。

たまにイラッと来る「女性は半額」という貼り紙をしてある飲食店。それはおかしいと訴えても「利益追求のためだからおkなんです」と返ってくることだろう。

都合がいい時だけ「男女平等」って言われる。でも少し都合が悪くなると「男の子なんだからしっかりしろ、それくらいして当たり前」って言われる。


一番上で紹介したニュース記事。

女性専用車両があるのに何故、男性専用車両を作らないのか。地獄の通勤ラッシュ時にも空きが出来てる女性専用車両を見て僕はいつも疑問に思う。

痴漢冤罪問題。これほど、男性が不利な世の中を代表してるものもないと僕は思う。

物的証拠が出にくいから、触った触ってないの判断が難しい。
女性が「触られた」と訴えれば男性の立場はもはや崖っぷち。どうすることも出来ない。まぁ、このことに関しては他にも色々と問題があるのだが。検察のやり方にもね。

それだからいつだったか、大阪で男女2人組が痴漢をでっち上げて金をせしめようとした事件があったではないか。圧倒的に女性が有利って分かってるんだから。

まぁ、本当に痴漢する奴が一番悪いんだけどね。そういう奴が本当にいるというのがそもそもの悪の根源・・・


とりあえず、「男女平等って何?」ということを今一度考え直す必要があるんじゃないかと思うわけだ。

だって今のままじゃ男尊女卑じゃなくて、男損女肥ではないか。

だから、スイーツ(笑)なんてたわけた者が出てきてしまうのだ。

草食系男子なんて言葉は馬鹿馬鹿しすぎて絶句してしまったほどだ。女性の言い訳にしか聞こえないのは僕だけだろうか。


個人的な意見であるし、別に僕が男尊女卑的な考えを持っているわけじゃない。そこは誤解しないでほしい。

ただ、最近の男性差別に疑問を抱いただけなのである。

僕のスタンスは「男性にも女性にも優しく」である。そこんところを理解してほしい。

なんてことを書いたら僕のポイント上がるかな?自分、綺麗に見えてるかな?

そんなことを少し考えてしまった僕は何を隠そう、装飾系男子なのであった。






本当のところ、自分には優しい。他人には・・・ふふふ・・・

裸になって君のハートを盗んで何が悪い

2009年06月24日 00:51

カナダ警察、裸のフライドポテト泥棒の行方を追う(ロイター - 06月23日 16:15)

 [バンクーバー(加ブリティッシュコロンビア州) 22日 ロイター] カナダの警察当局は22日、持ち帰り用のファストフードをドライブスルーの窓口から裸で奪って逃げた「恥知らずな」泥棒の行方を追っている。

 警察によると、ブリティッシュコロンビア州ラングレーにあるファストフード・チェーンのウェンディーズで、店員がドライブスルーの客の女性に食べ物を渡そうとしたところ、裸の男が走って来て、フライドポテトを奪い去った。

 警察は発表文で「店員と客のどちらも犯人の特徴を覚えていなかった」と述べた。男は20代とみられ、待っていた車に飛び乗り、現場から走り去ったという。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

その光景を想像してみるとなんとシュールなことか。

何故に裸か。

何故脱いだ。

いや、待てよ・・・

警察も被害者も特徴を覚えていなかった・・・

なるほど!!裸という強い印象を与えることにより、それ以外の特徴を記憶させない作戦か!!

なんという高等テクニック・・・!!犯人は人の心理を巧みに突いて盗みを働いたのだ。

しかし盗んだのがフライドポテトって!!何故にフライドポテト?

お腹空いてたのか?それならさ・・・もっとこうさ・・・ええいあぁ!何だかこれ以上考えるのが面倒になってきたよ。

今頃、その犯人はどうしているのだろうか。フライドポテトだけで空腹を凌げているのだろうか。

住居はどうしているのだろうか。家は無いのだろうか。となると公園か?

ちゃんと服を着ているのか?そうでないと・・・

シンゴー!シンゴー!状態になってしまうではないか。ダメだ。気になって眠れやしねぇ。

警察、早く捕まえてあげて!!きっと彼はハイになってるんだよ!!だから早く!!醜態を晒してしまう前に捕まえてあげて!!フライドポテトだけにフライハイになっちゃう前にさ!!

フライドポテトのポテトみたいにズル剥k・・・いや、何でもない・・・






あなた方がナニを・・・いや、何を想像したかは分からないけど、仮にこの記事で僕を軽蔑したとするよ?軽蔑する何かがあるということだよね?あなたはその何かが分かってるということになる。つまり僕とあなたは同罪だ。あはははは!!認めたまえ!!この際認めるよ。あぁ、オチは下ネタさ!!下ネタ書いて何が悪い!!シンゴー!シンゴー!

ビューティー・コロシアム

2009年06月23日 00:59

前回の記事で髪を切ったという話をした。

今日は、いつも行く美容院の話。

思えば初めてそこに行ったのが4年前。友人の薦めであった。

それ以来、ずっとそこに通っているのだが、初めて来店したときの衝撃は忘れない。

店に入って目に飛び込んできたのが、スキンヘッドにグラサンを掛けた長身の男。

その方が店長であることを後に知ることになるのだが、とにかく「恐っ!!」っていうのが第一印象。
そしてその店長が「あらぁ!!いらっしゃ~~い♪」とオカマ口調という事実に戦慄のようなものが走ったものだ。

そんな衝撃的な出会いから早4年。

今ではそんな店長とも仲良くなり、「あら!!stick君久しぶりぃ♪元気だったぁ?」「久しぶりっすね!!元気でしたよ!!」というやり取りも出来るようになった。

そして毎回僕の髪を切ってくれる兄ちゃんとも色んな話をする関係になり、「いつもの感じでお願いします!!」と言えば希望通りにしてくれるし、いつもと違う感じにしたい時でも何となくのニュアンスで理解してくれる。

やっぱりそういうお店を作っておくことは重要である。


しかしある時、問題が発生していた。それは就活中である。
就活中は地元にいることが多かったので、髪を切るときは不慣れな美容院。

希望の髪形を伝えようにも上手くいかない。情報の伝達に齟齬が発生するのだ。

それに会話も弾まない。

美容師「この後、買い物とか行くんですか?」

僕「そうですね、まぁ川崎駅辺りにでも行こうかと・・・」

美容師「そうなんですか~・・・」

・・・。

苦痛で仕方ない!!何これ?もしかしてこれって僕が積極的に話さないといかんの!?

だから僕が「最近温かくなってきたから出掛けるにはいいですよね」とか言っても、「そうですよね~」しか返してくれない!!

何だこれ!!言うんじゃなかったよ!!

久々に口を開いたかと思ったら「今、会員になったらシャンプー無料になるんですけど、どうっすか?」ってよ!!今言うな!ww先に言え!ww


まぁ、そんなこんなで・・・やっぱり髪を切るのはいつものところではないとダメだと思ったという話。

それだけの話。特に言いたいことはない!!

とにかく美容院での沈黙って辛いよね。辛いよ。気まずいよ。

なんか美容師さんに逆に注文されてるみたいだもん。

「(会話)カットでお願いします」って。


最近、エコエコとうるさいからってそれはどうかと思うよ。

そういう部分でエコを推進されても困るよ。

メディアもうるさいよ、エコエコって。口開けばエコエコってさ。

本当・・・カットでお願いします。そういうの。






クリックお願いします。←文字にパーマ当ててみた。
本音言うと、ランキングへの煽り文もカットすべきだよ。←カラー施してみた

二次元>>>超えられない壁>>>三次元

2009年06月21日 23:27

休日は非リア充の僕だが、気分がどんどん滅入ってしまうのもあれなので、髪を切ることにしたのだ。

するとどうだろう。頭が軽くなり、リフレッシュ出来たではないか。

そしてついでに街で買い物をし、何とも満たされた休日を満喫することが出来た。

買い物といってもシャッター街の市街地。しかしその中で善戦してる店があった。

アニメイトである。

僕はアニメイトのポイントカードを持っているため、書籍やグッズは極力アニメイトで買うことにしている。

そしてここ何年かで買い物をした総額・・・15万円!!

驚きを隠せなかった。まぁ、3年で15万円だから1年で5万円。それでもやりすぎな気はするのだが。

冷静になって考えてみると、その15万円があれば何が出来ただろうか。

もっと色々なことが出来たに違いない。旅行に普通に行くことが出来るではないか。

しかし僕は旅行よりもマンガや小説、アニメに全てを捧げたのだ。

友人達はそんな僕を「神」と呼んだ。後輩からは「一生付いて行きます」と言われた。

それなのにどうも釈然としないのは何故だろうか。

「Mr.stick君には彼女いるの?」と聞いてきた美容師。

はい、いますよ。たくさんいます。二次元に。

そんなことが言えるだろうか。否。言えるはずが無い。

僕はアニメイトで買い物をし、その帰り道、虚しい気持ちに襲われた。いつからこんなことになってしまったのだろうか。

生まれてくる次元間違えた・・・orz

もはやその一言に尽きる。

生まれ変わったらアニメの中の人になろうと強く誓った僕。

昔はそんなことを言う人間じゃなかったのに。

髪を切り頭だけでなく、僕の脳味噌までもが軽くなってしまったのかもしれない。






俺、\(^o^)/ハジマタ

ニコニコ

2009年06月20日 01:23

バックナンバー(09年4月~5月)を作成した。ぜひ見てほしい。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

どうも最近、生活に張りがない。

楽しいことがないぞ。本気で笑ったのはいつ以来だ・・・?

研究室と家の往復で一日が終わり、一週間もすぐに終わる。

どうしたものか。

とりあえず土日だけはもう少し充実させたいではないか。

まず、昼過ぎに起きるのをやめて、朝に起きる。そしてパソコンを開いて音楽を聴いてマンガを読んで時々ネットというサイクルを脱却するために自転車でどこかに出掛けてみるとしよう。

そうすれば何か面白いことに出会えるかもしれない。

と思ったけど自転車は暑いから却下。

それでは次の案。

1時間に3本のローカル私鉄で市街地に出てみるのはどうだろうか。

それなら暑くないし、疲れない。

と思ったけど運賃が異常に高いので却下。しかも市街地はシャッター街になってしまってるのでどうしようもない。

となると残される案は・・・研究室で実験しかないわけで・・・

結局面白いことなどそうそう見つからないわけで。

だから、僕はニコニコ動画を見て過ごすのが一番だという結論に行き着いた。

楽だし、お金掛からないし、面白いし・・・

僕なんて家に引きこもってボーカロイドの曲を漁ってればいいんすよ。みっくみくにされてりゃいいんすよ。

そして腹の周りの肉がどんどん付いていって・・・

最終的にはぶっくぶくだぜ。

ニッコニコのみっくみくのぶっくぶくだぜ!!

そして、バッキバキのベッキベキだぜ!!

もはや何のことだか分からないだろうが、とにかく最近の生活があまりにつまらないということ。

誰か僕をニッコニコにさせてくれ。グッダグダは勘弁願いたいが。






一人カラオケでもしてくるか・・・

アリエール

2009年06月19日 00:36

アリエールという商品がある。洗剤だね!!頑固な油汚れもしっかり落として爽やかな香りで奥様方から喜ばれてる洗剤だね!!まぁ、僕はニュービーズ派だけどね。すずらんの香りのね。B'zじゃないよ。汚れよ落ちれ、いつの日か~♪とか歌っちゃダメだぜ。

いや、別にアリエールがどうってわけじゃないんだけど。

たまたまスーパーで買い物してたら見つけて、アリエールって商品名は何が由来なんだろうかって思った。ただそれだけの話なんだけどさ。

そんなことを友人と話してて、結局「よく分からねぇな」ってことで落ち着こうとしたのだが・・・

友「あ、ちょっとアリエール持っててくれない?」

僕「おk」

友「そのまま持って帰るなよ?ww」

僕「はははwwいや、それは有り得るww」

友「え?今何て言った?」

僕「いや、有り得るって」


!!


有り得る、ありえる、アリエル、アリエール!!

うおぉ!!ktkr!!

「しょうもないこと言ってないで研究室戻って実験しろ」なんて言わないでほしい。

あんな会話してたら、アリエールの名前の由来だって自ずと分かってくるではないか。

きっとアリエールの製品開発者も似たような経験をしたに違いない。

まだアリエールを開発する前のこと。友人と一緒にスーパーに買い物に来ていた某開発者。仮に山田太郎さんとする。

きっと山田さんは友達の洗剤を持ってて、友達から「持って帰るなよ~ww」とか言われて、「有り得るww」と答えたときに何かを閃いたに違いない。

ネーミングに困っていた山田さん。

「有り得る・・・か。ん?有り得る?有り得る・・・頑固な汚れが何でも落とせるということも有り得るぐらいの洗浄力!!有り得る・・・アリエール!!」

これだぁぁぁぁ!!

間違いない。アリエールの名前の由来は絶対それだ。

いや、確信は持てないけど、そうである可能性は否定できない。

それは有り得ーることなのだ。






大学院生ランキングに登録するブログが一気に増えたね。

アンドロイド

2009年06月17日 21:00

先日、ボーカロイドの曲を大量に聴いてみた。

有名どころでは初音ミクや鏡音リン・レン、巡音ルカ等がいる。

正直・・・侮ってた。

打ち込み技術はここまで進化してたか。

もはや生楽器とさほど変わらないじゃないか。

キーボードのスタッカートとか、微妙な強弱を付けることが可能だとは。

そしてボーカロイドが新しくなるにつれてボーカルが人間に近づいていく。もはや巡音ルカなんてほぼ人間の歌声だ。すごい。

それにしても日本の技術力は半端ない。

ボーカロイドというものが音楽の文化の一つとして成立しつつある。(まぁ、一部の人間は偏見を抱いてるだろうが)

ニコニコ動画等にオリジナル曲をアップする者がたくさんいるが、どれもこれも最高のクオリティである。

そこいらのJPOPにも引けを取らない。「楽曲提供したら?」と言ってしまうような曲を作ってしまう人も存在している。

僕は今大いに感動している。

日本に生まれてよかったと。

これからも日本の文化は進化していくのだろう。僕はそれをずっと追いかけていきたいと思う。

そして何か一つにでもいいから、打ち込めるものが出来ればいいと思う。

とりあえず打ち込みに打ち込もうと思う。






本当、それに関しては勉強したいと思う。うpは当分先だ!いや、永遠にこの日は来ないかもしれないww

Say you

2009年06月14日 13:27

【オリコン】デビュー9年目の水樹奈々、声優史上初の首位獲得に「夢のような出来事」(ORICON STYLE - 06月09日 06:33)

 声優の水樹奈々が今月3日に発売した通算7枚目のアルバム『ULTIMATE DIAMOND』が、発売1週目で7.4万枚を売上げ、デビューから9年目にして首位初登場。声優による首位獲得は、1968年1月のオリコンランキング発表開始以来、シングル、アルバムとも前例がなく「夢のような出来事で言葉になりません」と、41年目にして初の快挙に歓喜のコメントを寄せた。

 2007年11月発売の前作『GREAT ACTIVITY』で自己最高の2位を獲得し、林原めぐみ『bertemu』(1996年11月発売)と坂本真綾『シングルコレクション+ニコパチ』(2003年7月発売)がこれまで持っていた声優のアルバム最高位記録の3位を塗り替えた水樹だったが、今作でその記録をさらに更新した。「あまりにも夢のような出来事で言葉になりません。私を応援し支えてくれたすべての方に感謝の気持ちを伝えたいです」と、溢れる喜びを語っている。

 本作『ULTIMATE DIAMOND』は、最高位2位を獲得したシングル「Trickster」(08年10月発売)、「深愛」(09年1月発売)の2曲を始めとする全15曲を収録した、1年半ぶりのニューアルバム。初回限定盤にはCDに加え、昨年10月に行われた新宿コマ劇場座長公演『水樹奈々大いに唄う』のDVDが収録されている。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

ちょっと前のニュースから。

ついに彼女が快挙を成し遂げた。

水樹奈々さんのアルバムが声優史上初のオリコン首位獲得!!

このアルバムは友人から借りたのだが、なかなかよかった。そりゃ売れるわ。

しかしここで言っておかなくてはならないことがある。

僕は断然、みのりん派であるということを!!(※みのりんって誰?→ググれカス。声優・茅原実里さんの愛称で、長門有希や南千秋等のキャラの声を演じている。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8C%85%E5%8E%9F%E5%AE%9F%E9%87%8C)

声優さんの曲はやたらとハイクオリティ。本業が声優だったか歌手だったかを忘れてしまうほどである。

例えば平野綾さんの曲は主にバンドテイストな曲が多いのだが、ベースなんて超絶だし、ギターリフだって痺れる曲が多い。ライブ時のボーカルはもっと頑張ろうね。

茅原実里さんの曲は主に打ち込みなのだが、そこいらのJ-POPと遜色ない・・・どころかそこいらのJ-POPと比較するのがアホらしくなってくる出来栄えである。

ロック好きの僕でもクオリティを認めざるを得なかった。まぁ、”アニメの声優さんの曲”という事実だけで何倍増しにもハイクオリティに聴こえるのだが。

とりあえず、彼女らをよく知らない皆様も「声優の曲だから」という偏見を捨てて、一人の歌手の曲として聴いてみてほしい。


どうして声優さんは基本的にみんな歌が上手いのか。

やっぱり”声”で勝負するのが声優。ということは、発声等の基礎が出来ているからではなかろうか。

声優さんは様々な声を使い分ける。キャラによってもそうだが、シチュエーションによっても出す声は変わってくる。
声優さんは決して第一線の表舞台には出てこない。しかし、声優さんがいなければアニメは成り立たない。どんなにいい作品を作ったとしても声優さんがしっかりしてないと、世界観をぶち壊してしまう。

声優さんはその世界観を壊さないために、視聴者を世界に引き込ますために些細な感情の変化を細やかに繊細に表現する。

僕はそこにプロフェッショナル精神たるものを見た。

今、僕が最も尊敬する職業ベスト3の第2位に入っている。(参考:1位 バンドマン、2位 声優、3位 プロ野球選手)

嘘ではない。そして馬鹿にするな!!そんな冷たい目で見るな!!

いいじゃないか、アニメが好きだって。

しかし、僕も最近は自重しているのだ。なるべく一般人の前ではそういう話はしないようにしている。

表には出さない。そうすれば馬鹿にもされないので、アイデンティティを傷つけられることも無い。

僕はずっとアウトローで生きていくさ。消費者としてアニメ業界を支えてやるさ!!

声優さんと同じ。決して表舞台には出てこない生き方なのだ。

いや、それ違う。






買い物するなら西友。

アンチテーゼ

2009年06月13日 01:07

初の裁判員裁判は8月3日 候補者100人選定(6月12日18時20分配信 産経新聞)

 5月にスタートした裁判員制度で、全国初の裁判となる可能性の高い東京都足立区の女性刺殺事件で殺人罪に問われた無職、藤井勝吉被告(72)の第2回公判前整理手続きが12日、東京地裁(秋葉康弘裁判長)で行われ、公判を8月3~6日の4日間とすることが正式に決まった。

 手続き終了後には、検察官や弁護士の立ち会いのもと、約2万7700人が記載されている東京地裁管内の裁判員候補者名簿から、裁判初日の裁判員選任手続きに呼び出す100人をパソコンで選定。週明けにも呼び出し状と辞退の有無を尋ねる質問票を送付する。

 この日決まった審理日程によると、辞退が認められた候補者以外は8月3日午前、地裁に出向き、裁判官による質問などの手続きを経て、裁判員6人と補充裁判員3人が選ばれる。

 午後から審理が始まり、起訴状の朗読、被告人の罪状認否や証人4人のうちの1人の尋問を実施する。4日は残る3人の証人尋問と被告人質問、5日は被害者の長男の意見陳述や検察側の論告求刑、弁護側の最終弁論が行われ結審。5日の午後からは、裁判官3人と裁判員で被告の判決を話し合う評議が行われ、6日に判決が言い渡される予定。

 東京地検の青沼隆之特別公判部長は手続き終了後、「(初の裁判員裁判に)特別な意識はない」としつつ、「裁判員の負担にならないような立証を心がける」と語った。遺体の状況を裁判員に示す際には、生々しい写真の使用を最低限にしていくとみられる。

 弁護側は「(手続きが)終わってほっとしている。刑事弁護として特別なことをしなければならないとは考えていないが、表現方法は変わらざるを得ない」としており、今後、裁判員にも理解できる立証方法を検討していく。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

ついに始まったか。

個人的に「裁判員に選ばれる=事故」と思っている。

どうも見切り発車的な雰囲気を感じ取れてならない。

何より面倒臭いではないか。

会社は休めたりするらしいが、必ずどこかしらで不具合が生じる気がする。

だって誰かが休んだ分をどうにかしないといけないんだから。

会社を休めるからラッキー?そんな短絡思考で果たして良いのだろうか。

僕には悪人を裁くことなど出来そうにない。

最終的には裁判官が判決を下すことにはなるのだが、何か恨みを買いそうで嫌だ。

何より面倒臭い。あぁ、面倒臭い。面倒臭い。絶対俺を選ぶなよ!!絶対だからな!!

お約束の前振りをしたが、これで仮に選ばれてしまったとしてもブログ等で公表してはいけないという決まりがあるのだ。

「あんな前振りするからだよ~ww」というオチを付けることが出来ないではないか。くっそう・・・何一つ美味しくない!!ネタ的に全然美味しくない!!

マジで落ち着けよ。こんな制度、早く廃止になれ!!何でもかんでも国民を参加させればいいってもんじゃない。

考えてもみてほしい。例えばプロ野球に一般市民を参加させてみると・・・

10番、プロ野球員、山田太郎。

なんじゃこりゃ。ただでさえ9番が投手なのに10番なんて作ってしまったら下位打線から始まる回はアウトを2つも簡単に敵投手に与えてしまう。

ということで却下。

そこで一般市民、山田太郎に審判として参加させてみることにする。

山田太郎が熱狂的な阪神ファンであった場合、どうなってしまうだろうか。

大変なことになる。どの球団も阪神に勝つのは厳しくなる。巨人戦であればたくさんのアンチ巨人国民から喜ばれることになるが、ナベツネが黙っちゃいない。まぁ、死んだ後なら大丈夫だけど☆

しかしまぁ、これも却下。だってアンチ巨人の僕のただの希望だもの。


色々と一般市民参加型のものを考えてみたら、とうの昔に時代の最先端を行ってたものが存在していた。

それは、素人モノのAVである。

裁判員制度という一般市民参加型の駄制度が出来るずっと前から、それは存在していたのだ。

一般市民参加型AV。

まさに時代の最先端。女優というプロを敢えて使わずに、素人を使用するという初々しさを極限まで引き出す魔法の道具。

それに出会ってしまうことはもはや事故ではない。事件である。

あの衝撃は未だに忘れない。忘れるはずが無い。

あれは貞操観念をいつの間にか忘れちまった日本人へのアンチテーゼだ。

しかし、僕は知ってしまった。素人モノのAVに本当の素人なんて出ていないということを。

だって、借りてきた素人モノのAVを見てみるとそこには、前の週に借りたAV女優がいたんだもの。

それ以来、素人モノは借りなくなったね。やっぱり女優モノが一番だよ。安定してる。

何事もプロに任せるべきなのである。

このことから僕は強く裁判員制度廃止を訴えたいと思う。






久しぶりの記事が最低のクオリティ。まぁ、俺は素人だから。

Hobby

2009年06月09日 18:34

異性がこれにはまっていても許せる趣味ランキング2009(GOOコラム)

 寝食を忘れるほど没頭してしまいがちな趣味。人それぞれ興味を持つ対象は違うものの、中には恋人にすら理解されにくい趣味があるのも事実。そこで「異性がこれにはまっていても許せる趣味」について聞いたところ、最も多かった意見は《音楽》でした。

 様々なジャンルの音楽があるにせよ、年齢・性別を気にすることなく気軽に共有することができ、また共有された側も自分が好きなジャンルを超えて、新たな世界が開拓できるからこそ、趣味としての許容度は高いよう。続いて2位には《料理》がランク・イン。レシピにそって素材を揃えて調理をするだけでなく、調味料にこだわってみたり、オリジナルメニューを考案してみたりと無限に広がる料理の世界。作った料理を振舞う試食会を開くなど、みんなで楽しめるところも魅力的ですね。

 5位には《パソコン》がランク・イン。一昔前ならば《パソコン》に詳しい=少々オタクのイメージが強かったものですが、今では仕事にプライベートにとほぼ毎日のように使う《パソコン》ですから、趣味と実益を兼ねた趣味といえそうですね。

 趣味は個人が楽しめればそれでいい、ものではありますが、理解者がいた方が何かとラクなことも。あなたの趣味は、何位に入っていましたか?

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

さて、非常に腹の立つ記事である。

そもそも、俺が好きなことをする上で人から許してほしいなんてさらさら思っていないのだ。

人から許されるために人は趣味をするのか?馬鹿馬鹿しいにも程があるではないか。

つまりこの記事を要約すると、

「自分が興味持てないジャンルに手出されたらその世界に入れる気がしないから、自分がもっと入り込みやすいジャンルに手出せやボケ」ということであろう。

そういうことを前提にする趣味なんてもはや趣味でも何でもないではないか。媚び全開で生きなくてはならんということか?

それはただの社交辞令だ。趣味ではなく、人から許されたいがためのただの作業行為になってしまう。

1位の「音楽」だってどうも解せない。好みを共有できるから?Noだ。

音楽にだって趣味が分かれる。様々なジャンルがある。例えばJ-POPバラード好きの大人しい子にハードコアやデスメタルを聴かせたところですぐに共有できるのか?

否!!

そしてもう一つ言えることは、スイーツ(笑)乙!!ということだ。

人のやることに、いちいちとやかく言うんじゃないよ!!

生活が切迫している時でもお構いなしにお金を注ぎ込むのは問題だが、適度にやるぐらいなら目を瞑ってやれよ。

いいじゃないか。アニメが好きだって、ゲームが好きだって、鉄道が好きだって。

そりゃ僕にだって「え・・・?」って思ってしまう趣味なんていくらでもある。それはただ単に自分に興味が無いから。

しかしやってる人から言わせれば「楽しい」からやっているのだ。それなのだ。「楽しい」からやるのである。

人の趣味は理解されないもの。そして個人が楽しいからこそ、趣味というものは成り立っているのだ。

人の趣味嗜好は人それぞれ。それを誰にも咎めることは出来ないのだ。

誰にも許されなくたっていい。好きなことをやるだけだ。それをとやかく言う奴とは縁を切ってやればいい。

「趣味はMr.stickを痛めつけることです」だっていいのだ。それが好きなら思う存分すればいい。

一生許さねぇから。






個人の趣味に温かい目を。

variety

2009年06月06日 17:04

バラエティー番組を見てると、思うことがある。

果たして本当の意味でバラエティーと呼べるのかと。

特にお笑い番組。

バラエティーとは、
1.変化にとむこと,多様性 2.(いろいろな)集まり 3.(動・植物などの)変種,別種;種類
という意味である。

しかしながら、出てくる芸人は皆、しょうもないのばかり。このブログのようにしょうもないのばかりである。

それはどうしたものか。

多様性なんてものは存在していない。

うんざりするほど、同じようなハイテンション芸ばかりである。

音楽番組も然り。

同じような人たちが同じような曲を歌っている。

が、しかし先日驚いたことがある。

EXILEっていつの間にあんな人数になったの?

アイドルグループなの?何なの?分からない。

気付けば48人もいるなんてことになったりして。

そしてCDを買って、ポスター全48種類集めよう!みたいなことになっちゃったり?あ、これはタブーなのか?

しかし、あの件には度胆を抜かされたものだ。

全種類集めるためにはいくら必要か?

奇跡が起きて、全くダブらなかったとして、
3000円×48種類=14万4千円。

驚愕である。しかも全種類集めたら握手会だったか何だかに参加できるとかいうのがあるんだからもう…

それを踏まえると、あまりバラエティーに富むのも考えものなのかもしれない。

だからお笑いバラエティー番組も、今のままでいいのではないだろうか。

バラエティーに富んでなくたっていい。

逆にそういうお笑い番組の数はバラエティーに富んでいるのだけれど。

また今日もたくさんの芸人が滑り続けることだろう。

まぁ、これ以上このことについて触れるわけにはいかないね。そういうのが好きな人だっているわけだからね。

ちょっと口が滑ってしまったね。







コメント返しは8日か9日にします。

nakano kill Mr.stick

2009年06月03日 22:32

今日は凛として時雨のツアーに行って来た。

今まで色んなアーティストのライブに行って来たが、こんなにも圧倒的なライブを見たのは久しぶりかもしれない。おそらく昨年のTHE BACK HORN以来か?それくらい。

彼らの曲は爆音で突っ走る感じと思われがちだが、スローテンポの曲もじっくり聴いてみてほしい。
彼らの本質がリアルに込められてると思う。

今日のライブは言うなれば、突き刺さる色鮮やかなカオスだな。いや、全く持って意味不明だと思うがそんな感じ。そう俺は感じたんだ。仕方ない!!異論は認めない!!

最新アルバムからの選曲が多かったのはもちろんのこと、それ以前のアルバムからも割りとやってくれたのが嬉しいね!!ネタバレになるから曲名は書かないけど。というか、ただ単に曲順とか忘れただけなんだけど。

僕は音楽を聴く上で「誰々がカッコいい」だの「誰々が可愛い」だのという言葉は大嫌いであった。音楽舐めるなよと。もっと彼らが伝えようとしている世界を理解しようとしろよ!!音楽は顔で聴くんじゃない!!魂で聴くものだ!!ずっとそう言い続けてきた。甘っちょるい考えはすんじゃねーぞと。

そんなこと言ってしまった手前、非常に言いづらいのだが・・・

345可愛いよ345・・・(*´д`*)ハァハァハァアハァ

何度でも言わせて貰おう。

345可愛いよ345・・・(*´д`*)パッション!!

しかし、345さんのベースの音はゴリゴリだな。エフェクター繋いでるのかな?

北嶋さんの足元も拝見したいところだ。


ライブに行くといつも思うことがある。

僕って身長183cmあるのだ。自慢じゃないが。

自慢じゃないけど183cmあるのだ。自慢じゃないよ。本当に自慢じゃないんだけどさ。

ライブに行くと必ず後ろの人が気になるのだ。

身長はあるくせに、小心者の僕はいつも後ろが気になる。「前が見えねぇよ」とか思われてたらどうしよう。というか、言われた経験がある。もっと小さい声で言えよ!!泣くぞ、コラァ!!

だから僕は今日も最前線には行けずに少し控えめな位置にいた。

それでいい。僕がそうすることでみんなが楽しめるならそれでいい。僕はそういう星の下生まれてきたのだ。

あと、僕はダイブやモッシュをする人のジャンプ台になることは出来ない。

僕の肩を使って上がろうとする者がいるが、皆必ず挫折し、少し背が低い隣の人の肩を決まって使う。

少し虚しくなるが、少ししてやったりな気分になったりしないでもないのだが、弊害は多い。

今日は僕の隣に推定186cmくらいの男性がいたので、その辺りはちょっとした城壁が築かれていたことだろう。

可哀想だが許してやってほしい。流石に90分も屈んでいることは僕の筋力的に不可能なことである。

まぁ、遠慮することはないんだけどね。だって僕は悪くないのだから。

だから普通に楽しませてもらう。後ろなんて気にするな!!

う~ん・・・その姿勢、ロックだねぇ・・・!!

でも後ろの人からしたら、ろっくでもねぇな!!






歪みなくしょうもねぇな!!

Image training

2009年06月01日 22:26

そういえば前回の記事で「柊かがみは俺の嫁」という言葉を最期に遺したのだが、その「~~は俺の嫁」という言葉について考察したいと思う。

そもそもそんな言葉が生まれたのには、日本のアニメ等の映像技術の発展が大きく影響しているのだろう。

そしてサブカルチャーへの関心の強まり。(まぁ、未だアウトローな存在なのだろうけど)

「~~は俺の嫁」と言ってる人間がいたら大半の人間は眉を顰めるのだろう。

それは重々承知している。

そりゃそうだ。僕たちは画面や誌面の中に入ることは出来ない。それは当たり前のことなのだから。

そしてその当たり前に反する行為をしている、と見なされている。

つまり、眉を顰める人間が大半であることは仕方ないのかもしれない。

しかし、その”当たり前”というものは一体どこで作られたのだろうか。そもそも”当たり前”という言葉を世界に定義付けるとするならば、それはどのような表現を為されるべきなのか?

”当たり前”なんて言葉は僕ら人間が古くから築き上げてきたものにすぎない。すなわち、僕ら人間が物理的に不可能であると見なし、それ以上の発展を望まなかったものが”非常識”として見なされる。そうなってしまった時点でそれ以上の思考をしようとは考えない。

その結果、「~~は俺の嫁」なんていう言葉は非常識そのものであり、その言葉を使う者は煙たがられる対象となってしまう。

僕はそんな状況に警鐘を鳴らしたいと思う。

人間が憎しみ合い、果てには武力行使に出てしまうのは何故だろうか。いじめがいつまでたっても無くならないのはどうしてだろうか。

それは絶対的な”想像力”が足りないからである。

人間には「想像する」という能力がある。

そのようなことをしたらどうなるのか、ということを想像できない人間が最近は多い気がする。

それは完全なる想像力の欠如。

つまり、「想像する」という行為は世界平和に繋がるというわけだ。パーフェクトなわけだ。

本題に戻るとしよう。「~~は俺の嫁」という言葉がそういう点では、その「想像する」という行為を進んで行っているということ。人間は使われない能力は退化していってしまう。しかし、僕らは違う。間違いなく「想像する」ということにおいて進化していっているのだ。

だから僕は高らかに言わせて貰おう。

「柊かがみは俺の嫁」


そして、


「Mr.stickは空気嫁」






二木佳奈多は俺の嫁。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。