スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らねーよ

2009年05月25日 20:41

先日、夏に向けて服を買ったのだが、その中の一つが友人が持ってる物と色違いという思わぬ事態を生んでしまった。

それを着て学校に行った僕に友人が開口一番言ったこと。それは、

「あ、その色違い持ってる!!」

おぉ、そうだったん?

「いやいや、俺持ってるじゃんか!!」




知らねーよ。

もう一回言わせてもらおう。

知らねーよ。


何で俺がお前の服のバリエーションを把握していなくてはならんのだ。

俺がお前の何もかもを知ってると思うなよ!?俺はお前の彼女か!!それともお母さんか!!俺はお前の何なんだ!!というよりお前は何様だ!!

僕が最もやられて嫌なことの一つに、「お前、知ってるだろ」ということを前提に話されることが挙げられる。

紛らわしい言い方になってしまったが、具体的に例を挙げてみようと思う。


・自分、生野菜嫌いじゃないですか
・自分、朝苦手じゃないですか
・自分、酒弱いじゃないですか
・自分、最近バイト忙しいじゃないですか
・自分、次男じゃないですか


しつこいが、何度でも言わせてもらおう。

だから知らねーよ。

うるせぇよ。お前が最近忙しいことなんか知らねーよ。というか、お前が忙しいことなんて俺にとっちゃどうでもいいんだよ。misonoの恋愛遍歴ぐらいどうでもいいんだよ。
いい加減にしないと靴、片方隠すぞゴラァ!!

冒頭の服の件だって、僕が知ってる前提で話されたことはもちろん、「同じ服買うんじゃねーよカス」みたいな感じだったことに腹が立ったのだ。

別に被ったってどうってことないじゃないか。色違うんだし。指摘されたらされたで、「俺たち仲良しだからw」とか冗談めかして言っておけば特に変なことになるまい。

細かいことは気にするな。誰も服装なんて見ていない。誰もお前のことなんか見ていない。気になどしていない。

本当、頼むよ・・・

だって、俺って細かいこと嫌いじゃないですか。






極力、そいつに会う時は着ていかないことにする。だって何か言われるの嫌じゃないですか。←この使い方は正しいね
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。