スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊れかけ

2009年05月14日 01:12

昨日、朔太郎氏がラジオをやっていたので、それを聴きに行った。

どうやら試験的なものらしいので、これからどのように本格化していくのか楽しみなところである。

しかしラジオというものはとても興味深い。普段、ブロガー同士の交流といえばやはり文字主体の無機質なものになりやすい。そもそもブログというものが文章を書き、文章を読むということで成り立っているものだからごく自然なことなのだが。

しかしネットラジオというものを使えば今までの無機質な感じから、大きく前進できるのである。やはり声を聴くことが出来るというのは大きい。

だから、僕もネットラジオというものに興味を持ち始めた。

しかし、やり方がいまいち分からない。どういうものを準備したらよいのか。そこからいきなり分からない。致命的。

そして今まで数人のネットラジオを聴いてきているが、どうして皆さんはあんなに普通に喋ることができるのか。話下手な僕はいまいち何を喋ればいいのか分からない。

そしてもう何点か問題が。

まず、よく噛むということ。まぁ、それは別にいいとして滑舌が悪いということ。

それはラジオをやる上で致命的と言えるだろう。何を言っているのか分からなかったら伝わらないじゃないか。

そしてもう一点。声が低い。
いやぁ、ただ低いわけじゃない。朔太郎氏は低いなりにも明るくハキハキと喋っていたからとても好印象なのだが、僕の場合トーンが暗いというか何というか。

声を張ればいいだけの話なのだが、どうも上手く伝わらない。すぐ聞き返される。声が低い人間にありがちな問題である。

そこは超えなくてはならない壁であろう。

そのために話すネタも準備しておかなくては。色々準備するものが多すぎる。

ただただ音声を垂れ流すわけにはいかないのだ。ブログではたらたらと駄文を垂れ流しているが。

それを思うと、急に無理にラジオをする必要もないのかもしれない。

僕は誰かのラジオのリスナーとして君臨し続けるというのもいい。それでも十分楽しいのだから。
それに一回ラジオをやってそれだけで満足して、次回がないという可能性もある。こんなんじゃ完全に企画倒れである。

壊れかけのレディオになってしまう。

いや、むしろすでに壊れてるのかもしれない。

本当の幸せ教えてほしい。じゃなかった。とりあえずレディオのやり方を教えてほしい。なるべく壊れないやつを。






少年から一気におっさんになった僕。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。