スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Black Star

2009年04月15日 00:07

我らの横浜ベイスターズが初の連勝である。

悪夢の開幕6連敗。スタンドからは罵声の嵐。その勢い、まさに流星の如く。

監督も顔面真っ青であろう。まさにベイスターズカラー一色。

日本球界最弱球団とまで言われる横浜ベイスターズ。至る所で馬鹿にされてる気がする。

思わず噴いてしまったのが、どの評論家も「ベイスターズ最下位」と予想することである。確か最下位以外と予想した者はいなかった。

パーフェクトである。完全試合である。

しかし、そう言われてしまっても上手く反論できるような材料が少ないのも事実。そして、このままだとファンに見切りを付けられてしまうのではないだろうか。

ファンサービスに定評のある横浜スタジアムがガラガラというのは寂しい。どうにかして勝ってくれなくては困るのだが、最悪勝てなくても観客確保出来る最後の手段を思いついた。

”よこしまベイスターズ作戦”である。

僕自身、球場に観戦に行って気になるのがビール売りの女性である。

正直…たまらん。あの露出度はたまりまへん。

たまに写真撮影をしてる酔っ払いのおっさんの気持ち分かるから。その気持ち、何となく分かるぜ!!そこなのである、僕が目を付けたのは。そういった邪(よこしま)な殿方の心をがっちり掴むにはビール売りの女性の(色んな意味での)サービスを向上させることが観客を確保する鍵となるのではないだろうか。

あんな格好じゃ生ぬるいわ。様々なコスチュームで登場して、ビールを提供すれば何かしらの効果が見込たり見込めなかったり…するのではないだろうか。知らんけど。


…ってそういうファンサービス、既に日ハムの選手達がやってた…。あの伝説のプレイヤー、SHINJO主導の下行われていたのであった。

うむ、僕は間違っていたのかもしれない。野球場は神聖な場所。そんな邪(よこしま)な考えではいけないのかもしれない。そういうサービスとかは選手自身がやるわけであって、所詮ビール売りはバイトであって刺身で言うツマみたいなもの。

そうだ、国を代表するスポーツに邪(よこしま)な企画を持ち込んではいけない。僕はそんな大事なことを忘れていたというのか。自分自身が何だか恥ずかしい。だからこれからはファンとして純粋に応援し、その応援が選手達に届けばいいと思う。

だから僕は声高にこう言いたい。

みんな、邪(よこしま)ではなくて、たてしまになろう!!
だって、ユニフォームは縦しまだし。

そしてやっぱり本音を言うと、ぜひビール売りのお姉さんを邪(よこしま)な感じでお願いしたいというのは内緒。






何が言いたいんだかよく分からなくなったので終了。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。