スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去り際

2008年10月19日 22:10

いや、まぁどうでもいい話なのだが、ぜひ皆さんに聞いてもらいたい。

今日、髪を切りに行ったのだが、特にそこで変わったことは無い。

いつも通り髪を洗ってもらい、会話もそこそこに髪を切ってもらい、髪を洗ってもらい、セットもしてもらい、そしてお金を払って終わり。

特に変わってるところなんてない。至って普通の美容院の光景であるだろう。

問題なのはその後。店を出る時。

店員さんは「ありがとうございました」って言ってくれる。

その時、僕は何て言えばいいのか?

「ありがとうございました」でいいのか?でも「ありがとう」の後に「ありがとう」って変ではないか?

いや、「ありがとう」でいいのか?それとも他に何か言うことあるのか?

というか、これは僕が考えすぎなのか?

そして僕から出た言葉は「それではまた!!」であった。

軽すぎやしないか?

やっぱり考えすぎか?

去り際というものはとても重要であると思う。去り際が決まってる人間はとてもカッコいい。

例えば、「俺に構わず先に行けギャーーーー!!」とか「俺の代わりに伝えておいてくれないか…世界で誰よりお前を愛していたとな…グフッ…!!」とか。

最近では悪夢のV逸を喫して、引責辞任を表明した岡田監督であろうか。潔い決断であった。

アーティストであれば「納得の行く作品が作れなくなったから、こんなんじゃ意味ないから解散」とか。

いや、まぁ高だか美容院の帰りなんだから、そこまで大袈裟なことではないのだけど。それでも今日少し考えてしまったのである。

誰か良い美容院の去り際を考えて欲しい。

まぁ、僕が本当に気にしなければならないのは去り際ではなく、生え際なのだが。

こればっかりは、どう頑張ってもカッコよく出来なさそうだな~なんて思ってしまった昼下がり。

「俺に構わず先に行け!!」と毛根が言っているかのようである。

とりあえず、くだらないことをうだうだと考えてる俺は美容院でなく、病院に行け。





髪を切ったら頭が軽くなった。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。