スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方程式

2008年10月02日 20:12

X+Y=Z

XY=Z

僕は方程式というものが大嫌いだった。いや、今も嫌いである。

しかしながら、方程式は日常生活で役に立つこともある。

いや、無い。

そんなまどろっこしいことしないで、普通に数えればいい。

いや、そもそも方程式とは何ぞや?

勝利の方程式なら説明できるのだが。

阪神のJFK(J.ウィリアムス・藤川・久保田)だったり、かつてのロッテのYFK(薮田[現・ロイヤルズ]・藤田[現・読売]・小林雅[現・インディアンス])などが挙げられる。

今季のヤクルトでいうなら、 押本+松岡=林 であろうか。

しかし我らの横浜ベイスターズにはそれがない。

オールスター前までは 石井裕+吉原=寺原 というのが確立されようとしていたが、早々に吉原が崩れて方程式は脆く崩壊。

それなのに先発陣ときたら、どいつもこいつも長い回投げきる力が無い。だらしない。あぁ、だらしない。だらしない。

野球に興味ない方には申し訳ないが、両リーグ最弱球団・横浜について言うことがある。

ボロクソに貶しているようだが、僕は横浜ベイスターズを愛しているのだ。そこのところを誤解しないでほしい。横浜スタジアムでのファンサービスはどこの球団にも負けていないと胸を張って言える自信がある。地域密着の素晴らしき球団なのだ。今年もそのはずだったのだ。

原因はフロントであると思う。いつまでも実績を残しているベテランばかりに囚われて、ろくに若手補強なんてしてなかったように思う。かつてのクワトロK(特に木塚、川村、加藤の3人。クルーン?誰それ?)に頼ってばかりであった。

確かに彼らは安定した投球でチームを支えてきた。毎年のように。そして酷使。そのツケが今年回ってきた格好である。今年は彼らが総崩れ。そうなったもんだから横浜の投手起用は恐慌状態。出てくる投手は皆、バッティングピッチャーばりに打ち込まれる。

結局、チームは序盤から最後まで巻き返すことなく終了してしまった。(まだ試合残ってるけど)

若手、特に投手整備はどうにかしないと。どうにかしてくれ。

そして監督。仲良し采配はいい加減やめないか?

石井裕が中日からトレード入団して活躍したときは歓喜したものだが、それと同時に中日の投手層の厚さに嫉妬してしまったものだ。

勝利の方程式が存在する球団が羨ましい今日この頃。

いつか来るのだろうか、横浜の黄金時代…



そういえば最近、僕の中に芽生えた奇跡の方程式。

朝起きる+学校行く=ネット→帰宅+晩飯=パソコン

研究しろよ。そう突っ込まれる。しかし僕はやる気がある時しかやらない主義やし。てか、まだ本気出してないだけやし。本気出したらマジすげぇし。

いつか勝ち組になってやんよ。

虚勢+虚勢=虚無

こうして今日も夜が更けていく…






ある意味、勝利の方程式。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。