スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っかかる

2008年09月29日 22:33

そういえば最近、よく引っかかる。

引っかかると言うのも、物事に釈然としないということではなく、歩いてたら体が色んなものにぶつかるということである。

たとえば、研究室では色々動かなくてはならないのだが、その時に色んな器具に体をぶつける。

特にぶつかる部分といったら足が多い。とにかく派手にぶつけて痛みで蹲るということが少なくない。

一番の失敗は、少し通路に出っ張ってた細いガラス器具に足をぶつけて、そのまま割ってしまったという出来事である。

幸い、誰も見ていなかったので、それを新聞紙にまとめて大学の廃ガラス置き場に持っていった。

何か心の中に引っかかるのを感じたが、華麗にスルー。

後日、どこに行ったか知らないかと聞かれたが「知らないよ」と何事もなかった体を押し通す。

良心が痛んだが仕方ない。滅茶苦茶怒られるのは明白であった。

とにかく一番の問題は、高級な家具や陶器が置いてある店には安易に入れないということ。そんな場所に入ったら間違いなく死亡する。大炎上である。

しかし、僕の人生にも引っかからないものがあった。

それは…

THE 受験!!

こればっかりはどうにも引っかからなかった。

高校も大学も見事に滑り止めの滑り止め。第一希望って何?美味しいの?

これから就活が始まるのだから、この嫌なジンクスだけは克服したい。

しかし、よく言われているのが、自分が入った学校が一番自分に合っているということ。

確かにその通りなのではないかと今では思っている。もしそうでなければ、今の自分は無かったのかもしれない。素敵な皆さんに出会うこともなっ!!

なんてセリフをこんな僕が口走ったとしても、どこかぎこちない。違和感だらけだ。

妙に引っかかるというものだ。





魚の骨がよく喉に引っかかるのは何でだろうね
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。