スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nano

2008年09月24日 23:48

誰しもがクソくだらんセリフを無意識に口走ってしまうことがあるだろう。

僕自身、よくやってしまうのだ。

このブログでは意図的にやっていたことが、リアル世界では無意識に出るというのは一体どうしたことか。

今日、iPodを買った友人と話をしていたのだが、

「俺、iPod nanoにしたんだよね。結局」

そうしたら俺はこう言った。

「え!?iPod nano なの!?」って。

「え…何?そのつまらんギャグ…」


こんな感じである。

ボケるつもりがなかったのに、なぜか受け手にはボケであると勝手に判断されて、見事にスベるというおまけ付きと来るんだから始末が悪い。

こういう無意識に出たギャグは完全スルーしていただきたい。

触れないという優しさだってあるのではないだろうか。

そういえば先日、就活サイトを見ていてたまたま目に止まった企業があった。

「普段触れることが出来ないナノテクノロジーの世界へようこそ!!」

というキャッチフレーズの企業であった。

この企業はよく分かってらっしゃる。

だから俺もこいつにこう言ってやりたかった。

「俺のnano テクノロジーに手を出すんじゃねーぞ、ボーイ…」



触れにくい。ってか絡みにくいだけやね、俺。





自然にギャグが出るって歳行った証拠だろうか。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。