スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッキーセブン

2008年06月12日 22:06

けんけんさんが7777アクセス目という何とも縁起の良いキリ番を踏まれた。

おめでとう!!

いやはや、何か企画をしてもいいのだが、僕の力で何か企画をしようなんて誠におこがましい。

このブログで出来ることといえば、さっむいギャグを飛ばすことぐらいである。


なななななんと7777


・・・どうだろうか。

すごい無理やりな感が否めないであろう。

こんなギャグに付き合いきれんって方は僕を切り捨ててくれちゃって構わない。キリ番だけに。



しかし、最近真剣に思うことがあるのだ。

それは本当にこのブログが切り捨てられてしまうのではないかということ。

最近の記事はクオリティが特にひどいと思うのだ。

過去の記事を読んでみても、「これは本当に自分が書いたのか」と疑ってしまいたくなるほどである。

今や僕の書く記事にはキレがない。キリ番なのに。

「書く精密機械」と名乗っておきながら、往年の小宮山悟のような見事なコースへの球をきっちり投げ込んでいるようには思えない。(野球ネタすまん。分からない人はWikiで調べてね)

何が「投げる精密機械」だ。何が「ミスターコントロール」だ。

最近の僕の放る球はすっぽ抜けである。そしてストライクが決まったと思ったら、それは見事なまでに甘い球。これでは読者さんに面目が立たないではないか。


そんなことを考えていたら胃がキリキリしてきた。キリ番だけに。

キリ番のために胃がキリキリ番だ。

そしてキリキリマイだ。


それでもブログを投げ出すことはしないようにしたい。これは真面目にそう思う。

「アリとキリギリス」のキリギリスにはならないようにしたいと思う。キリ番だけに。





キリがいい感じ…でもないけど



今日のところはこれくらいで勘弁してやるぜ。覚えてろよ
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。