スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暫定税率

2008年04月22日 19:49

最近、暫定税率について議論が交わされている。

政府・与党は道路整備とかのために暫定税率を維持すべきという姿勢。対する野党は廃止すべきと言う姿勢。

どうなってしまうのか?

僕の意見としては、その税金がしっかりと道路事業に使われるのであれば維持すべきだと考えている。

暫定という名が付いているのにも関わらず、それが何年も続いているのはおかしいという意見もあるのだが。

そしてそれがただの一般財源になっていたんじゃ、どうも納得がいかないという気持ちもある。


暫定税率失効で一時的にガソリン代は安くなっている。僕の周りのドライバーも喜んでいるのだが、暫定税率が維持されるようになれば再びガソリン代は上昇するのだろう。

そうなるくらいだったら最初から値段を下げないでいてほしかった。

まさにぬか喜び。

世の中、そんな出来事に溢れているのだ。


・オリックスがパウエルと契約!→と思ったらソフトバンクに取られた

・女の子に本命チョコをもらった!→と思ったら自分の友達宛だった

・やったぜ!90点!→と思ったら違う人の答案用紙だった

・郵便で届いた書類が合格通知かと思ったら不合格通知だった

・テストなしで単位もらえる!→と思ったら鬼のようなレポートを出された

・右サイドから上がってセンタリング!ゴール!!→と思ったらオフサイドだった

・母親の携帯が最新機種に!→と思ったら「らくらくホン」だった


挙げていけばもっとたくさんありそうだが、僕の人生経験の浅さゆえにその程度しか挙げられなかった。

しかしながらも、皆さんもそういった体験はよくされていることだろう。

持ち上げておいて一気にどん底に落とす。まさにジェットコースター。

僕はそういった現象を「ジェットコースター現象、リバウンド現象」と呼ぶことにする。



思えば正月に実家に帰った時のこと。

母親が体重計に乗って浮かれていた。

どうやら体重が減ったらしい。体脂肪率もいい感じだそう。


そして先月、再び帰った時には軽く落胆している母親。

どうやら俗に言うリバウンドというものらしい。油断してたら再び増えた体重に体脂肪。


暫定税率ならぬ暫定贅肉。

こちらの方はどうやら維持の方向で可決されたらしい。






油断大敵ということなのか。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。