スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルシー

2008年04月14日 20:23

THE BACK HORNのライブに行ってきた。

やっぱりライブはいいものだ。

生で味わう音楽は最高である。

とにかく爆音であった。

爆音バックホーンであった。





さて、最近早起きが続いている。

(朝8時を早朝と捉えている辺りに普段の堕落振りを窺える)

院生になってからというもの、教授からも院生らしい振る舞いというかそういう自覚を持てというプレッシャー的なものを受けている毎日である。

何気にプレッシャーが苦手であり、それゆえに普段よりも数倍いい働きが出来るというものなのだが、変に気負ってしまっているのではないかという心配が生じている。

そして慣れない習慣からか、妙に疲れやらダルさが溜まっている。

食生活も幾分、悪化している。

先日、健康診断を受けた。別に健康状態に不安があったわけではないが、念のために受けたのである。

身長・体重測定、内科検診、エコー、血圧…

尿検査も受けたのだが、一番の恐怖はここである。

蛋白の溶出である。

最近は昔のような若さゆえの「1日1抜き」ということをやっていないから大丈夫であるとは思う。

しかしだ。ここで蛋白が出ようものなら再検査だ。そして再検査者は名指しで掲示板に貼られるという大学側のドSっぷりを見せられるのである。

それイコール、「前日やっちめぇました☆」と主張しているのと同義であり、ある種の羞恥プレーであることはお察しの通りである。

絶対避けなくてはならない。

ドキドキしていたら本日、結果が出たのだ。



陰性。



安心した。どうやら何も出てなかったらしい。陰性である。



院生だけに。



しかしその掲示板にあった友の名前。

僕はポンッとそいつの肩に手を当てて、「ドンマイ」と言ってやったのだ。

友は満面の笑みで「それじゃ行ってくるぜ…」と保健管理センターに消えていった…。

そのやり取りは妙に淡白であったという…。






糖尿とか血尿の方がよっぽど怖いと思い出した僕は年。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。