スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスます。

2007年11月24日 16:19

どうやらもう11月も終わるようだ。

12月がすぐそこに。

そう、クリスマスがすぐそこに来ているんだ。

街はイルミネーションに照らされ、街を行く人たちも華やぐ街に溶け込m…

ちょっと待て。お前ら、どこの人間だ。

前にも言ったはずだ。日本の心を忘れるなと。

このブログを読んでくれている人にかぎってクリスマスに浮かれてるなんてことはないと思うけど、クリスマスについて検証してみよう。



クリスマス(英語:Christmas, Xmas)とは、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝うキリスト教の記念日・祭日である。「神様が人間として産まれてきてくださったこと」を祝うことが本質である。12月25日がこれに当たるが、昔の暦では日没を一日の境目としているので12月24日夕刻から朝までをクリスマス・イヴとして祝う。イスラム教徒も、主要な預言者イエスの生誕として、クリスマスを祝う。

キリスト教圏では、クリスマスには主に家族と過ごし、クリスマスツリー(常緑樹で一般にモミの木)の下にプレゼントを置く。プレゼントを贈る気持ちである「愛」の日でもある。

クリスマスの習慣は、もともと太陽神崇拝などキリスト教以前の宗教に由来しており、必ずしも聖書に由来するものばかりではないが、サンタクロースは、キリスト教の聖師父である奇蹟者聖ニコライ(ニコラウス)の伝説が起源である。




ほら見たことか。お前らだけだぞ、恋人とニャンニャンだとか浮かれてるのは。

ちなみに強調すべきところは太字にしておいたが、クリスマスとは家族と過ごすのが正しいクリスマスの過ごし方なんだ。

まぁいい。百歩譲って恋人と過ごすのでもこの際何も言うまい。

ただクリスマスだクリスマスだと浮かれてるやつはイエスさんを敬いたまえよ。敬意もなしに楽しもうなんて虫のいいこと言ってると天誅が下ると思っていただきたい。

ここまで読んで「やっぱりクリスマスは大人しくドラえもんでも見ます」と考え直した人は立派であろう。

僕からこの言葉を贈ろう。

「イエスッ!!」




ちなみに去年の僕のクリスマスイヴは酒浸りで、そのお陰で次の日に二日酔いになってしまったわけだが、その日のソルマック胃腸薬の消費量は異常であった。

薬漬けのクリスマス。


いや、クスリマスだな。







日々のクリックに感謝。本当感謝。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。