スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かカレンダーに錨付けてこれ以上進まないようにしておけ!

2010年02月19日 23:35

時間が経つのが早いねぇ・・・。

早い!とにかく早い!

大学、大学院生活の6年なんてあっという間だったからね!口淫矢の如し!間違えた、光陰矢のごとし!

どうしてこうなった。

今は絶賛実家暮らし中であるが、気付けば数日が経った。嘘だろ?

どうしてこんなに早いのか?

確か聞いたことがある。

小学生とか中学生の頃って、新たな体験をすることが多く、刺激が多いから時間が経つのが遅く感じる、と。

かのアインシュタインも言っていた。熱いストーブの上に一分間手を載せてみてください。まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。ところが可愛い女の子と一緒に一時間座っていても、一分間ぐらいにしか感じられない。それが相対性というものです、と。

まぁ、俺の場合は緊張しちゃって無限に感じてしまうこともあるけどなっ!そんなことどうでもいいなっ!

とにかくだ。新たな刺激が欲しいのだと思う。

こんなにも休暇中の時間に早く過ぎていかれては困る。

休暇が終わったら学会、そして就職・・・!ふざけんな!

そして「働きたくないでござる!」が口癖の僕だから、間違いなく出社中は時間が無限に感じられること間違いなし。

俺を殺す気か?

あると思うんだ。あると思う。働き死。過労死じゃなくて、働き死。または労働死。

働いただけで死んじゃうみたいな。早いとこ日本の医療界に認定されてほしい。そしたら僕は永遠の生活保護暮らし確定なのだ。

そして一生ゴネて生活したい!必死こいてるサラリーマンより寝てお金貰いたい!暇潰しで病院行ってみたい!

まぁ、そんなことはあり得ないよね。いいよ、一生社会の奴隷として生きていくよ。

それはいいとして、とにかく時間が経つのが早いということである。

早い!アソコの方も早い!早いったら早い!

誰かどうにかして。誰か助けて。

まさに光淫矢のごとし。







日々のクリックとコメントに感謝。

酷いオチでも僕は反省しないよ!だって、かのアインシュタインが「どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか」って言っていたからね!・・・責めないでね☆
スポンサーサイト

カテゴリ名「特にひどい」の時は僕が記事をまとめるのを軽く投げたって思ってくれていいですよ。

2010年02月09日 00:36

新たなソーシャルメディアの人気に押されつつある Blog(2月4日12時31分配信 japan.internet.com)


Blog の役割はそろそろ終わるのだろうか。

かつて最先端のコミュニケーション手段とされていた Blog が、若いインターネット ユーザーのあいだではもう人気を失っていることが、Pew Internet & American Life Project の実施した最新調査で明らかになった。

3年前は、ティーンエイジャー (ここでは12歳から17歳まで) および若年成人 (18歳から29歳まで) の28%が Blog をやっていると答えていた。しかし、2月3日に発表された2009年の調査ではティーンエイジャーの14%、若年成人の15%にとどまっている。

なぜ、これほど急激に落ち込んだのか? Pew のシニアリサーチャーで、今回の調査レポート執筆者の1人でもある Amanda Lenhart 氏によれば、新たな形態のソーシャルメディアが定着したいま、若いインターネット ユーザーの多くは、もはや Blog に意義を感じていないという。

ただし、その上の世代になると話は別だ。今回の調査で Blog をやっていると答えた30歳以上の回答者は11%に達し、2006年の7%から上昇した。

だが、デジタルネイティブとも呼ばれる若い世代の場合、人気のソーシャル Web 形態は、長々と文章をつづる独立した Blog からソーシャル ネットワーク サイトに移ったようだ。ソーシャル ネットワーク サイトにプロフィールを持っていると答えたティーンエイジャーは、2006年の55%から大きく増えて73%にのぼっている。

Pew の調査で、大きな話題となっているマイクロ Blog サービス『Twitter』を利用していると答えたティーンエイジャーは8%にとどまっている。この数字は、仮想世界にキャラクタを持っていると答えた人の割合とほぼ同じだ。

Twitter などのステータス情報更新サービスは、若年成人層でもっとも人気が高かった。Pew の調査では、18歳から29歳までの若年成人層の3分の1が、Twitter のほか、Facebook の機能など同様のステータス情報更新サービスを利用していると回答した。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

いや、まだだ!!

まだブログは終わらんよ!!

しかし、今から3、4年前だっただろうか。

空前のブログブームが訪れていた。

僕が始めたのがその少し前からであり、まさかそんなブームが生まれるとは思わなかったものである。

しかし、月日は流れ、その頃のブロガーさんは社会人になり次々とブログを辞めていった。

このブログもこれで3代目となっているが、僕の1代目ブログからの付き合いという方はごくごく数名ということになってしまっている。

それでもだ。ブログは終わっていない。

まぁ、完全なる個人的な意見であるということと、俗に言うソーシャルネットワークサービスというものに”僕個人としては”意義を見出せていない人間の意見であるから、話半分程度に聞いていただけたらいいのだけれど。

ブログの醍醐味としては、こうやって色々な方に読んでもらえるということ。

だから、そういうのを意識して書いていると、自ずと文章力が付いていっているように感じる。

そして様々な価値観を持った方と交流できるという点でも、ブログの方が面白いと思う。

SNS自体を否定するわけではないが、どうもそういうところで日記を書いていても気合いが入らないというか、「適当でいいか~」というスタンスになってしまう。個人的な日々の記録を付けるという意味では良いのかもしれないけど。

あと、ネタを投下しにくいというところにも問題がある。

完全なるネタブログであるから、そんなネタを知り合いのいるSNSで投下なんかしちゃったら日常生活が大炎上間違いなしである。

投下した爆弾に灯火状態である。←笑い所ね

あまり言い方良くないけど、人を皮肉るような記事って大抵大学の知り合いであることが多い。ごめん!反省はしていない!

とにかく!僕はブログを続けるぞ!Twitterを始めてからというものの、軽く更新頻度下がってるけども。

だからやっぱりブームって起きると物凄いけど、終わったときの反動も物凄いんだよ・・・

ブームなんてそう起こすもんじゃねーな。いや、起こしたのは僕じゃないけど。

今、普通に「ブームの火付け役は俺!」的な雰囲気出しちゃってたけどさ。さっきの灯火じゃないけどさ。←ここも笑い所

まぁ、ブームが去った今、それでも続けていることが大事なのである。

アーティストだって、「ブームが過ぎた後だからこそ応援してる人らが本当のファンなんだ」的なこと言うじゃない?

そういうニュアンスだよ!分かってくれたら嬉しい。分かってくれない奴は缶ジュース買うときに、財布の中に110円しかなくて、しゃーなしで札を漁ってたら1万円札しかなくて、でもその自販機が千円札しか対応してなくて「あぁぁぁ!!」みたいな感じになれ!!


ともかく僕はブログというものを過去の産物としてはいけないと思う。

一発屋が遺したネタみたいにさ。はたまた日本のトップの偽装献金事件とかみたいにさ。


mixiもそろそろね・・・やばいかなと。

だって18歳未満を普通に利用可にするとか言ってるし。

mixiのコンセプト:「mix(交流する)」と「i(人)」を組み合わせた造語で、利用者同士の交流が深まることを願って名づけられたもの

このままだと・・・

大きなお友達とロ○少女との交流が深まって、「mixi(交配する)」と「i(人)」になっちゃうからね。気をつけろ!!







日々のクリックとコメントに感謝。

そろそろワンパターンなオチをどうにかしたいよね。

困ったときのボディーランゲージ。通じなかったらただの怪しい人だからこのご時世だし気をつけろ!

2010年02月03日 23:06

先日、TOEICを受験してきた。

正直、会社に「受けよ!!」と命じられたから受けたまでであり、「英語大好き!受けたくて仕方ない!」なんて気持ちは微塵も無く、「会社で言われたから」というただそれだけの、上から言われたから断ることなど出来やしない的な何ともいえない日本の資本主義の縮図を見せ付けられたわけである。

とは言うものの、英語は嫌いというわけでもない。

中学校、高校の頃は平均以上の点数を常に維持していたし、みんなが長文問題で「うぇ~・・・」となっていても、特に吐き気やアナフィラキシーを起こすこともなくこなしていた。

つまり、英語ちゃんとは友達以上恋人未満といった宙ぶらりんな状態であり、少しでも恋人へと発展させたいのではあるが、英語ちゃんからは「異性としては見れない」的なことを言われてしまうわけ。

”そういう関係”になったというのに、結局心までは結ばれることはなく、何ともいえない憔悴しきった心で試験会場へとやってきた僕に追い討ちをかけるかのように受付の男は言う。

「土足厳禁ですよ。ズカズカと土足で英語ちゃんの心の内部に入り込もうとすんじゃねーぞ」と。

そんなこと聞いてないぞ。ふざけるな。俺はABCマートで買ったコンバースとは今や一蓮托生の関係。

それを真冬に脱げとはどういった仕打ちであろうか。俺から引き離すとは一体どういった了見だろうねぇ、おい。

ぞんざいに靴を脱ぎ捨て、俺は会場へ入る。

俺は愕然とした。英語ちゃんと関わりを持っていたのはどうやら俺だけではなかったらしい。老若男女問わず、こんなにもたくさんの人間と蜜月の関係を結んでいたというのか。とんだ、じゃじゃ馬っ子じゃないか。面白い。受けて立とうじゃないか!!



・・・・。



いやぁ、無理っすわ!!

俺、英語嫌いっすわ!!

ふざけんなよ!!何だよ、あれ!!どうして英国と欧州の訛りを入れやがるんだ、TOEIC事務所はよぉ!!

そしてあんな短時間で長文読めるかってんだ!!

クレームやセールス広告なんてな・・・普通に辞書で単語調べて読むわ!!こんなん試す意味ないわ!!

大体、世界共通語が英語っていうのが気に食わんわ!!

なに?なに勝手に「今どき英語出来ないと・・・(  ゚,_ゝ゚)プッ」的な感じになってんの?

俺から言わせたらな!「今どき日本語出来ないと・・・( ´,_ゝ`)プッ」だわ!コラッ!



まぁ、結局とんでもない出来であったということ。

いい点を取れる自信が全く無いということ。

どうするんだよ。これ、会社に提出だぜ?

俺の化けの皮剥がれるよ~!人事の人も「どうしてこんな奴採用したんだろ・・・」って頭抱えちゃうよ~・・・!そんでもってそれが原因で鬱になっちゃったりして、その空気が会社中に蔓延しちゃってさ・・・

その後のことは想像もしたくないが、これだけは言える。

英語の勉強は必要であるということ。

異国語というイメージがあるから恐怖してしまう。逆に、同じ人類が使う言葉なのだから恐れることはないのだ。

No Borderという言葉をどこぞの慈善事業家の方々が言っておられた。

最終的には言葉は通じなくても、心で通じ合えればそれでいいのかもしれない。

そして異国の方と恐れずに触れ合うことが出来ればいいと思う。

とりあえず笑って「オーイエー!」と言ってりゃ何とかなるのである。

オーイエー!カモン!タッチミー!オーイエス!オーイエス!ってさ。そしたらみんな笑うから。

No Border. エロは万国共通なのである。

でも最後に。

避妊的な意味ではBorderはしっかりとな!







日々のクリックとコメントに感謝。

もう何が何だか・・・。

「とりあえずベスト盤出しとけばいい」という考えを持ってるアーティストを評価するなんてそんなこと僕には出来ない。

2010年01月27日 21:29

今までに書こうと思ってたけど、面白くない or その他諸々の理由で「記事を保存」ボタンを押すのが躊躇われたという理由から断念してたネタ達一挙大放出!

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


・もしも「涼宮ハルヒ」シリーズのキョンが松岡修造だったら。


ハルヒ「キョン!!今から不思議探しに行くわよ!!」

キョン「不思議探しだって!?わくわくするじゃないか、ハルヒ!!!!!今すぐ行くぞ!!!!!モタモタしてたら時間もったいないぞ!!!!!面白いもの見つけるまで帰らないからな!!!!!な!?ハルヒ!!!!!そうだろ!?」

ハルヒ「う・・・うん。何かごめん・・・」


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


・もしもドラえもんが松岡修造だったら


のび太「ドラえも~ん!!今日もジャイアンにいじめられたよぉぉぉ!!」

ドラえもん「こうやってすぐに泣きついて!!男ならやり返せよ!!よし!!今から体を鍛えよう!!特訓だ!!まずはランニングから!!ほら!行くよ!!」

のび太「そういうのいいから早く道具出して」

ドラえもん「う・・・うん。ごめん」


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


・もしも総理大臣が松岡修造だったら


修造「明日から毎日体育の授業を義務付けます」

修造「近年稀に見る不況ですが、リストラに遭った人・・・頑張れ!!」


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


・もしも僕が松岡修造だったら


ブログの文字が全て暖色になる。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


・酒井法子が介護の道に進むことについて


薬物なんかに溺れるほど、精神力が弱い人間に過酷な介護なんて出来るわけないと僕は思う。

いや、待てよ・・・。ここは逆転の発想で、薬物をやるからこそ乗り越えられるという説はどうだろうか。


おじいさんが老人ホームで働いているのりピーに「どうも最近腰が痛くての」と言ってきた。

だからのりピーはおじいさんに対してこう答えたそうな。

「おじいちゃん、そんなに痛いんだったら、その痛みを簡単に忘れさせてくれるいい薬があるよ・・・」とね!

するとのりピーの言う通り、おじいさんは次の日からピンピンしていたそうな。

その次の日も胃の痛みで苦しんでいたおばあさんも元気!

この老人ホームは痛みも苦しみもない元気に暮らしているおじいさん、おばあさんでいっぱいになりましたとさ。

めでたし。めでたし。

しかし、すぐに他のスタッフが異変に気付くのですが、それはまた別のお話・・・


それにしても昔の人はよく言ったものです。

痛みに効く薬はあっても、バカにつける薬はないってね。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.


今までお蔵入りになってた理由をよく分かっていただけたと思う。

でもこうやってまとめてお送りすることで、何とかなるんじゃないかという僕の浅はかさが露呈したのではないかとも思う。

何か僕にいい薬があったら教えて欲しいと思う。







日々のクリックとコメントに感謝。

熱血教師と体罰教師は紙一重

2009年11月25日 23:41

強姦致傷被告に裁判員「むかつくんですよね」(読売新聞 - 11月19日 13:03)

 仙台地裁で19日に行われた強姦(ごうかん)致傷事件の裁判員裁判で、質問に答えない被告に男性裁判員が「むかつくんですよね」と声を荒らげ、裁判長に制止された。

 10歳代の女性に対する強姦致傷罪に問われた宮城県大崎市、運転手結城一彦被告(39)の第2回公判。

 午前中の被告人質問で、男性裁判員が「この裁判は面倒くさいと感じますか」と尋ね、被告は「自分がやったことなので仕方ありません」と答えた。さらに「捕まって運がなかったと思いませんでしたか」「思いません」などのやりとりがあった。

 男性裁判員はさらに「検事の質問に当たり前の答えしか返ってこない」「反省するのが一番じゃないですか」などとたたみかけ、被告が無言のままでいると、「むかつくんですよね。昨日から聞いていて」と、大声を出した。

 川本清巌裁判長は「そのへんで」と制止し、裁判官からの質問に移った。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

結構前のニュースなのだけど。

見事に熱くなってしまった裁判員の言葉がニュースになった。

きっと、その人は正義感の塊みたいな人なんだろうなぁ・・・少し何かを掛け違えた・・・w

確かに強姦致傷は許すまじ行為であるし、そういう人間は最低であり軽蔑をしているが、「むかつく」は法廷の場ではふさわしくない言葉だとは思う。

どうもね、裁判員って必要あるのかがよく分からない制度である。


このニュースを見て思ったことがある。

もしも、松岡修造に裁判員やらせてみたらどうなるだろうか。

少し想像してみた。


修造「なんですか、あなた。悪いことをしておいて反省の欠片もないじゃないですか!被害者の気持ちになってみてさ!もっと熱くなれよぉぉぉぉ!!」

裁判長「静粛に!!」

修造「はい・・・」






日々のクリックとコメントに感謝。

寒い冬は一家に一台、松岡修造!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。